ドラマネタバレ・感想

元彼の遺言状|4話 ネタバレ*感想【銭ゲバ主義】

ドラマ「元彼の遺言状」4話が、2022年5月2日(月)に放送されています!

麗子は企業との長期顧問弁護士契約を結ぶため、引退間近の年配弁護士たちが契約している老舗企業を当たります。

このページでは、ドラマ「元彼の遺言状」4話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

関連ドラマ「元彼の遺言状」を動画で全話⇢無料視聴したい方はコチラ »

 

ドラマ「元彼の遺言状」4話 ネタバレ

ドラマ「元彼の遺言状」4話のネタバレです。

長期契約

麗子(綾瀬はるか)は、さまざまな老舗企業と長期契約している高齢の顧問弁護士を調べていた。

顧問弁護士は一回依頼すると、その契約はよほどのことがない限りずっと続く。

そこで麗子は、年老いた顧問弁護士と契約している企業に営業をかけ、引退間近な弁護士に代わり、若い自分が顧問弁護士契約を結べると考えていた。

一方、篠田敬太郎(大泉洋)には、そんな麗子の相手をしていられないほど楽しみなイベントがあった。

敬愛する女性ミステリー作家・秦野廉(宮田早苗)が、大ヒット作『胡桃沢啓二シリーズ』の最新作を13年ぶりに発表することになり、その記者発表会見の模様がオンラインで生配信されるのだ。

ほどなく会場に秦野が姿を見せ、会見がスタート。

秦野はいきなり「私は、人を殺しました」と告白し、会場は一時騒然とするが、それは新作のプロモーションだと篠田をはじめファンたちは理解する。

これまでも秦野は、読者に対して謎解きの挑戦状を出しており、今回もそうに違いないと思っていた。

とことが、秦野が明かした殺人現場の住所に警察が駆けつけると、そこには本当に男性の死体があった。

そして、夫を殺してしまったと警察に出頭した清宮加奈子(中島亜梨沙)が自首してきた。

廉は加奈子に新作の小説を読ませていたといい、そのためにその方法で香奈子が夫を殺したのだという。

出版社は小説が出版できれば損害がないと考え、麗子を廉の弁護士とした。

その後、加奈子は小説を読んでいないと証言したため廉は釈放され、小説も出版に向けて準備が進められていた。

廉のファンである篠田は、加奈子の娘・希(白鳥玉季)が真犯人で、加奈子をかばっているのではないかと推理する。

事務所にきた希は、自分が殺人を犯したといい自首すると告げる。

その際、廉の小説に出てくる「胡桃沢刑事」のような人に調べてほしいという。これには篠田も麗子もおかしいと思った。

胡桃沢は「刑事」ではなく「啓二」という名前だからだ。

希は小説を読んでいないと分かり、母親をかばうため、少年法で罰せられない13歳という年齢を利用して出頭しようとしていた。

その後、麗子と篠田は廉に会う。

廉は加奈子の家には行ったことがないといい、自分の小説の通りにすれば13歳でも実行可能な犯罪だという。しかしその時に

あの家は電車や工事の音がうるさいから、物音なんて気にならないのよ!

と、加奈子の家の実情を知っていることを図らずも告白してしまう。

実は廉は、新作を読ませたのに加奈子も希もなかなか殺人を犯さないことから、イライラして自分の手で殺してしまっていた。

出版社は出版した後に回収にならなくてよかったと、麗子に顧問弁護士の契約をしてくれることに。

ところが、麗子の「小説に対する愛」を感じなかった篠田は勝手にそれを断ってしまう…。

 

つづく…

関連ドラマ「元彼の遺言状」を動画で全話⇢無料視聴したい方はコチラ »

元彼の遺言状|5話 ネタバレ*感想【麗子と篠田の仲直り】ドラマ『元彼の遺言状』5話のネタバレ・感想。2022年5月9日に放送。...

 

ドラマ「元彼の遺言状」4話の感想

ドラマ「元彼の遺言状」4話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【元彼の遺言状】キャスト・ネタバレはコチラ

 

2022 春ドラマ 25作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!