ネタバレ・感想

10の秘密|3話ネタバレ感想【由貴子はグルデシタ】1/28



2020年1月28日(火)に、火9ドラマ「10の秘密」が放送されました。

コチラの記事では、10の秘密「3話」の

・ネタバレ
・感想
・次回の予告とあらすじ

についてご紹介します。

人気記事10の秘密|キャスト・ネタバレはコチラ

 

10の秘密「3話」ネタバレ 1/28

データが入ったUSBを由貴子に渡した圭太。

瞳を連れ戻したら、みんなの前から完全に姿を消すという由貴子。そして、0からやり直してみせると言ってきた。

さらに、瞳が帰ってきても警察には行かないてほしい。それが連中との約束だった。

瞳を無事に

圭太は、由貴子が瞳を連れ戻しに行ったと菜七子に報告した。

その後、帰る菜七子を見送ろうと外に出ると、宇都宮竜二がやってきた。矢吹の家に忘れてきた圭太の靴を目の前に置かれた。

さらに宇都宮は、圭太が工務店から検査を早めるという条件で報酬を受け取ったところを、宇都宮の部下・磐城の見られていた。

圭太が余計なことさえしなければ告げ口はしない。と言われてしまう。

そのころ由貴子は、瞳を誘拐した男・二本松と対面していた。車の中には目隠しされた瞳が乗っていることを確認。

データを先に渡せと言われたが、瞳が隙をついて二本松から逃げることに成功。瞳を無事に取り戻し、USBのデータは二本松に渡した。

瞳を家に送り届けた由貴子は、誰とも会わずその場をあとにした。

無事に瞳と再開でき安堵する圭太を、宇都宮は監視していた。

10年前の秘密(仮)

家に帰った瞳は、

「誘拐されたのは私のせいなんじゃない?」

「10年前、私がしたことのせいで。」

瞳の記憶によりと、

圭太と由貴子とどこかでバーベキューをしてた。お母さんが居たから私はまだ3〜4歳。

去年、友達とバーベキューしたとき急に思い出した。楽しいだけじゃなかった。

怖いことが。。赤い火がどんどん燃えて。

あれ私のせいだよね?

離婚したのも、私が誘拐されたのも全部、10年前のあのせいで!

ところが圭太は、離婚も誘拐もあの火事とは関係ない。そして、10年前に何があったのかちゃんと話すと言い出した。

10年前のできごと

友達の別荘を借りて、家族3人で泊まりに行った。

テラスでバーベキューをした。

由貴子と圭太が仕事について話していると、いつの間にか瞳がいなくなっていてすぐに2人で探した。

すると、燃えている家の前に瞳が立っていて慌てて助けた。

ところが、燃えている家の前に瞳のランタンが落ちていた。空気が乾燥していて風も強く、あっという間に裏の林まで火が燃え移った。

近くの別荘や家が何件か燃えたが、火元は特定されなかった。

由貴子は名乗り出ようとしたが、圭太は瞳のためを思って隠し通すことにした。

しかしそれは、

「建築家を目指していた自分が、火事の件を言えばクビになるんじゃないか?」

「瞳のためにって言い訳して、守りたかったのは自分だ。」

「出世したいとか、もっといい仕事したいとか、そういう欲をとった。」

と、圭太は正直に話してくれた。

火事は自分のせいだと言う瞳だったが、4歳の瞳から一瞬でも目を話した自分たちが悪かったと素直に認めてくれた。

その家事で亡くなった人はいないの?と聞く瞳に、

「隠しきれない秘密が一番罪深い。この秘密、墓場まで持っていける?その覚悟ある?」

由貴子の言葉がよぎった圭太。

火傷した人がいたくらいで、離婚にも誘拐にも関係ないと言われ瞳は安心した。

自分で調べようとしたがよく分からず、由貴子も忙しく会えなかったため、探偵に頼もうと思って貯金を下ろしていた。

翼に圭太が重い・苦しいと言っていたことも、本気じゃない。

本当はお父さんのことが大好きだから。本当はずっといたいよ、お父さんと。

瞳も本心を話してくれた。

圭太は瞳を抱きしめて、おかえりと言った。

圭太、バレる。

データの確認がとれた宇都宮は、長沼の目の前で回収したUSBを粉砕した。

圭太は翼の家を訪ね、瞳が無事に戻ったことを報告した。すると翼からは、

あの子、怯えてたから。昔、自分が恐ろしい罪を犯してたんじゃないかって。相談できる人がいないって。

と聞かされる。

全て話したと言うと「全部?」とつぶやく翼。

隠すべきじゃないことを秘密にしてしまったと話すと、

「それだけ?あなたの罪はそれだけですか?」

翼は圭太をどこか憎んでいるような表情で質問する。ところが、瞳からLINEが入り話はそこで終わってしまった。

いつものJAZZバーで、客入り前に荒れた演奏をする翼。

「自分たちは分かりあってるみたいなそういう親子を見てると、壊したくなる…。」

****

瞳はバイオリンを続けることにした。そして、音大も引き続き目指すことにした。

「もう大丈夫、何もかも。大丈夫…だよな。」

圭太は久々に会社へ復帰した。

すると、工務店の社員が来ていた。検査を早めるため圭太に賄賂を渡したのに、検査に来なかったと言われてしまう。

頼んでいた後輩は納得がいかず、予定通りに別の現場の検査を進めていた。

「10万も渡したのに!」

と文句を言われ圭太が宥めていると、そのやり取りを上司に聞かれてしまい、賄賂を受け取っていたことがバレてしまった。

受け取った金は返すと上司に掛け合ったが、一度でも不正をした社員を処罰しない訳には行かないと言われ、懲戒解雇されてしまう。

母のところへ駆け込んだが、お金の相談はお断り!今さら親に泣きつくなんて情けない。と一喝されてしまった。。

グルデシタ…

お金に困り八方塞がりの圭太は、帝東建設の宇都宮を訪ねた。

宇都宮と面会し、矢吹のデータを持っているので社長に会わせて欲しいと訴える。圭太は由貴子に渡したデータをコピーしていた。

元・建築家の圭太は、矢吹のデータを見ればどこに欠陥があるかすぐに分かると話す。

そして長沼にUSBを見せ「これ、いくらで買って貰えますか」と聞いた。

 

一方、由貴子は二本松と会っていた。

由貴子が持っていたスーツケースを二本松に渡すと、中には大金が入っていた。

「上手くいきましたね」言う二本松。。

2人はグルだった。。

「まだまだ気が抜けないけど、お疲れ様。」

そう言うと、由貴子はその場を去った。

 

つづく…

10の秘密「3話」感想

10の秘密「3話」の感想です。

10年前の秘密を瞳に打ち明けた圭太でしたが、以下の方も仰るとおり、全てを打ち明けた訳ではなさそうです。

火事で亡くなった人はいないの?と瞳に聞かれ、墓場まで持っていく覚悟ある?と言っていた由貴子の言葉が圭太を過りました。

第4話の予告で「私の罪は消えないよね?」と訴える瞳のシーンがありました。。

 

そして翼も、圭太に対して特別な何かがあるような表情をしていました。

分かりあってるみたいな家族は壊したくなる。と言っていたので、火事の被害者家族かとも思いましたが、違うようですね。。

それでは、次回のあらすじです。

10の秘密「4話」予告・あらすじ

会社を解雇され、後がなくなった圭太(向井理)は、帝東建設の不正の事実をつかみ、社長の長沼(佐野史郎)に取引を持ち掛ける。

脅迫されたことに憤慨した長沼は、圭太が去った後、ある人物に電話をかけて……。

その頃、父親が無職になったことなど知るよしもない瞳(山田杏奈)は、翼(松村北斗)を訪ね、圭太から10年前の火事について話を聞くことができたとうれしそうに報告する。

しかし翼は、そんな瞳に、再び不安をあおるような言葉を投げかける。

一方、圭太は、それまで瞳を誘拐したのは由貴子(仲間由紀恵)とトラブルを起こした帝東建設の人間だと思っていたが、竜二(渡部篤郎)のある言葉がきっかけで、犯人は別にいるのではないかと考え始める…。

そんななか、圭太の家を訪ねた純子(名取裕子)は、意外な人物と出くわす。

純子からの電話を受け、圭太が急いで家に帰ると、そこで待っていたのは由貴子だった…。

由貴子が圭太の家に忍び込んだ目的とは!?

引用:公式サイト

10の秘密|4話ネタバレ感想【翼(松村北斗)は火事被害の息子?】2/410の秘密「4話」ネタバレと感想。2020年2月4日放送。...

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

人気記事10の秘密|キャスト・ネタバレはコチラ

 

関連記事
error: Content is protected !!