ネタバレ・感想

麒麟がくる|8話 ネタバレと感想【十兵衛・駒・帰蝶の恋物語】3/8



NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が、2020年3月8日(日)に第8話が放送されました。

今回は、麒麟がくる「第8話」の

・あらすじ
・ネタバレ
・感想
・次回のあらすじ

をまとめさせて頂きました。

麒麟がくる|織田信長役の俳優は誰?染谷将太【大河4本目】麒麟がくる「第8話」で、織田信長(おだ・のぶなが)役の俳優は誰?染谷将太(そめたに・しょうた)のプロフィールと出演作品を紹介。カッコいい画像も!...

麒麟がくる「第8話」あらすじ

麒麟がくる「第8話」のあらすじです。

第8話:同盟のゆくえ

尾張の海辺で、漁師たちから慕われている奇妙な出で立ちの織田信長(染谷将太)を目の当たりにした光秀(長谷川博己)。

この男に帰蝶(川口春奈)を嫁がせていいものかと葛藤する光秀だが、母・牧(石川さゆり)は美濃国の行く末のことを一番に考えることが大事だと告げる。

光秀が自分の気持ちにこたえることがないと分かった帰蝶は、光秀の口から

「尾張に行って美濃にない海を見るべきだと、背中を押してほしい」

と条件をつける。

麒麟がくる「第8話」ネタバレ

利政から織田との縁談話を帰蝶に説得するよう頼まれた十兵衛だったが、帰蝶は織田信長との結婚を受け入れようとしない。

それに高政や稲葉たちも、利政が勝手に決めた和議に対し反対していた。

織田信長(染谷将太)、現る!

十兵衛は「結婚相手の信長がどんな男なのか確かめて欲しい。」と帰蝶から頼まれ、尾張の港に菊丸とともに向かった。

すると船首に立ち、ボロボロの服をまとった男が見えた。

「あれが織田信長様です。」

と菊丸から聞かされた光秀。信長は大きな魚を肩に担ぎ、魚を切り身にして売りさばき始めた。その姿を見た光秀は「奇妙な男だ。」と感じた。

その頃、明智荘では小さい頃の十兵衛との思い出話を帰蝶が駒に話していた。

楽しそうに話す帰蝶を見て、帰蝶は十兵衛の事が好きなんだと駒は気づく。そして、駒も十兵衛のこと好きだという察した帰蝶は、

十兵衛は、尾張の信長がどんな男か確めに行っている。

私の結婚相手の様子を見にいく事が出来るというのは、私に対して気持ちがないという事。なので、気にする必要はない。

と駒に伝えた。

明智荘に戻れず、帰蝶に何と言おうか悩んでいた十兵衛の前に母・牧がやって来た。

「人が死んでも山や畑は、変わらずそこにある。それを残された人間が守っていく。十兵衛、大事なのはこの国ぞ。」

と話した。

館に戻った十兵衛に「帰蝶は嫁いだ方がいいのか?尾張はどんなところだったのか?」と尋ねた帰蝶。

十兵衛からは「尾張の海は美しかった。」と豊かで美しい尾張へ行く事を勧められた帰蝶は「十兵衛がそう言うのなら・・」と、尾張へ行く決心を固めた。

しかし十兵衛は、反面申し訳ない気持ちになっていた。

駒との別れ

帰蝶が輿入れを承諾したと聞き、喜ぶ利政。

「信長はうつけだったか?」と尋ねると光秀は、

うつけかは解らなかったが、風変わりな方だった。

と返答する。

利政の部屋を後にした光秀は、帰蝶の輿入れに反対する高政の家臣たちに突然連れて行かれてしまう。

林の中から高政や稲葉たちも現れ「なぜ、帰蝶を引き止めなかった!」と問い詰められ、光秀は土岐頼芸の館へ連れていかれた。

十兵衛は土岐頼芸から「尾張と手を組めば、美濃も今川義元と戦わなけばならなくなる」と責められてしまう。

さらに、帰蝶の輿入れを無くし信秀との和議を潰すよう高政から迫られるも、光秀は尾張に行って感じた事を話し始めた。

尾張の熱田の港は豊かで物流も栄えている。

そんな尾張と美濃が手を組めば、戦をせずに尾張を手に入れる事が出来る。そう考えれば悪くない話だ。

と、光秀は頼芸に訴えた。

しかし頼芸はしらけた表情になり、その場を去っていった。

頼芸は稲葉良通たちに「あの帰蝶の気質から言えば、うつけの信長とはもって1年だろう」と話していた。

高政は頼芸がその場を去ったことに対し、皆を集めた自分の立場がなかった。と、母の深芳野に打ち明けていた。

さらに高政は、

「利政は本当の父とは思っていない。頼芸が父だと思っている」

と言い、深芳野に真実を話して欲しいと頼みこむ。しかし深芳野は否定し、利政に立ち向かう事だけは止める様にと高政を諭した。

〜その夜🌙〜

明智家では、明日京へ戻る駒のために宴が行われていた。

宴が終わった後、牧から桔梗の紋入り扇子をもらったと十兵衛に話した駒。それは父のだと聞かされた駒は「大切にします」と誓った。

〜翌朝☀〜

駒を近くまで見送っていた光秀は、駒から

帰蝶を見送らなかったのは、本当に辛かったからではないか?

本当は帰蝶が大好きで、遠い場所に行かせたくなかったのではないか?

誰も聞いていないので、胸の内を教えて欲しいと光秀に尋ねた。

「そうかもしれぬ」と言う光秀に、駒は吹っ切れた様子で京に帰って行った。

天文18年(1549)

和睦が話し合われ、わずか2ヶ月で帰蝶は尾張の織田信長へ嫁いだ。

その頃、今川義元は尾張と美濃の和睦について、太原雪斎そして松平広忠(竹千代の父)とミーティングを開いていた。

三河は長年、織田家からひどい切り崩しに遭い、竹千代まで人質に取られてしまった。ワシが手を貸す。松平家の汚辱を晴らす時は今ぞ。織田と戦じゃ!

と、義元は松平広忠を戦に掻き立てた。

////

帰蝶が、織田家へ嫁いだ夜。

「信長がどこへ行ったか解らず行方を探している。」と、平手政秀が報告され、深く謝罪された帰蝶。

信長は、祝言の日に現れなかった。

 

つづく

麒麟がくる「第8話」感想・次回のあらすじ

麒麟がくる「第8話」の感想です。

まずは演者の皆さんです。

つづいて、視聴者の皆さんです。

帰蝶と十兵衛の間で揺れる駒の想いに「切ない!」という声が多く見られました。第8話は、切ない三角関係でしたね(涙)

麒麟がくる:次回のあらすじ

第9話:信長の失敗

輿(こし)入れしたものの祝言をすっぽかされた帰蝶(川口春奈)は、ようやく翌朝帰ってきた信長(染谷将太)と顔を合わせる。

奇妙な出で立ちだが、領民のことを思いやる姿、そして素直に前日の不在をわびる信長に興味をもつ。婚儀に上機嫌な信秀(高橋克典)と土田御前(檀れい)だが、信長が持参した祝いの品を見て、激しく叱責する。

父にも母にも愛されない孤独な信長の姿を見た帰蝶は、鉄砲の手ほどきを受けながら自分も父がときどき大嫌いになる以外は好きだと言い、信長に寄り添う。

一方、美濃の光秀(長谷川博己)はのちの正妻となる熙子(木村文乃)と懐かしい再会を果たしていた。

引用:公式サイト

麒麟がくる|9話 ネタバレと感想【菊丸は忍者で初代服部半蔵保長か?】3/15大河ドラマ「麒麟がくる」9話のネタバレと感想。2020年3月15日放送。菊丸は忍者で初代服部半蔵保長か?...

それでは、最後までご覧いただき有難うございました!

人気記事麒麟がくる|ゲストキャスト・ネタバレ感想はコチラ 

関連記事
error: Content is protected !!