ネタバレ・感想

DIVER 特殊潜入班|4話 ネタバレ感想【遠藤の策略】



ドラマ『DIVER -特殊潜入班-』第4話が、2020年10月13日(火)から放送されました!

このページでは、ドラマ『DIVER -特殊潜入班-』4話の

  • あらすじ
  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

DIVER 特殊潜入班「4話」ネタバレ

DIVER 特殊潜入班「4話」あらすじです。

遠藤の不穏な動き

不審な荷物を置いた男が立ち去ると、遠隔操作で荷物が爆破された。

この爆発には化学薬品が使われていたことから、テロの可能性が浮上。

県警本部長・阿久津洋子(りょう)は警視庁の遠藤洋三(小市慢太郎)に呼び出され、日米安全保障会議が控えているため、この爆破事件を不発弾が原因だったと発表する指示。

不発弾で収めることに納得のいかない伊達(安藤政信)だったが、あくまでも犯人逮捕のためこの案に乗ることにしたという。

阿久津は犯人捜査のため、兵悟(福士蒼汰)と佐根村(野村周平)たちを、犯人と思われる元外交官の渡辺和之(戸田昌宏)が経営する会社「リトレイド貿易」へ潜入。

そこで、猛毒のVXガスの原料を不正に入手した形跡が見つかる。

渡辺は過去に外務大臣を辞任に追い込まれた過去があり、動機は十分だった。




兵悟、逮捕される

兵悟たちが盗聴器や盗撮の準備を行うなか、ホワイトハッカーの宮永壮一(浜野謙太)が爆破の実行犯の映像を発見した。

実行犯は、さまざまなテロ活動に参加している真下一郎だった。

その後、皆本(片瀬那奈)の協力で渡辺をホテルに誘い出し監禁。

遠藤は田島から頼まれ、違法化学物質を3千万で密輸する計画を請け負っていたことが判明する。

阿久津は警察ではなく、特殊潜入捜査チームD班で押収品を確保するよう指示した。

取引の現場を押さえるため、体制を整えるD班のメンバーたち。

しかしその動きは警視庁へ筒抜けになっており、兵悟は逮捕されてしまう。さらに、テロ等準備罪で渡辺も逮捕。

ワザとテロの情報を流し、手柄を独り占めしようとする遠藤の仕業だった。

 

つづく…

https://dramarcs.com/diver20c/

DIVER 特殊潜入班「4話」感想

DIVER 特殊潜入班「4話」の感想です。

『DIVER 特殊潜入班』次回のあらすじ

「DIVER 特殊潜入班」最終回(5話)のあらすじです。

ついに最終回!兵悟(福士蒼汰)が逮捕され、D班に最大の危機!

すべての謎が明らかになる衝撃のクライマックス!

リトレイド貿易の渡辺(戸田昌宏)の密輸取引現場にて、警察に身柄を拘束された兵悟(福士蒼汰)。警察の取り調べで阿久津(りょう)と面会した兵悟は、今回の一件が、かねてから阿久津を快く思っていなかった遠藤(小市慢太郎)の仕業だと知る。

遠藤はD班の存在をあぶり出し、数々の功績を上げる阿久津をつぶそうと考えたのだ。

その翌日、兵悟は警視庁への移送中に護送車から脱走。身を隠しながら反撃のチャンスをうかがっていると、テロ騒動の発端となった爆発事件の犯人について、あることに気付く—。

兵悟からメッセージを受け取った伊達(安藤政信)は、兵悟が遠藤に反撃するつもりだと直感。しかし、兵悟が遠藤を狙う理由はほかにもあって…!?

警察組織の一新をもくろむ阿久津を突き動かす過去の惨劇、兵悟と阿久津をつなぐ謎の男の正体、さらに、将(野村周平)の知られざる過去とは!?

D班発足の裏に隠された真実—、ついにその全貌が明らかに!

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事DIVER 特殊潜入班|キャスト・各話のネタバレはコチラ

https://dramarcs.com/diver20c/

関連記事
error: Content is protected !!