ドラマネタバレ・感想

となりのチカラ|6話 ネタバレ*感想【実家に帰らせて頂きます】

ドラマ「となりのチカラ」6話が、2022年3月10日(木)に放送されました!

日頃から暴力の耐えない木次家問題に、進展が…。

このページでは、ドラマ「となりのチカラ」6話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「となりのチカラ」6話 ネタバレ

ドラマ「となりのチカラ」6話のネタバレです。

タイムマシンに乗って

チカラ(松本潤)がいつものように向かいのカフェからマンションを見ていると、木次家の好美(古川凛)が、父親の学(小澤征悦)から手旗信号の旗を取り上げられる様子を見かけた。

また虐待を受けるのでは?と、チカラは慌てて木次家に駆けつける!

すると逆に、学から声を荒らげられてしまい、おびえる達代(映美くらら)と好美の様子に、このままでは2人に被害が及んでしまうとひとまず引き上げる。

そしてその日から、木次家のカーテンは固く閉ざされたままに。

一方、妻の灯(上戸彩)は仕事も急がしい上に、家に帰ればチカラが隣人問題でブツブツ悩んでいて、さらには子供たちもわがままばかり…。

ストレスMAXだったが、チカラが達代や好美のことを心配していると、つい相談に乗ってしまう。

学に暴力を振るわせないためにと、唐揚げを持っていくこともあった。

//

そんなある日、いつものカフェに学がやってくる!

本音で話そうとするが、逆に学に言いくるめられてしまい、2度と関わるなと言われてしまう。

困ったチカラは頼子(松嶋菜々子)、清江(風吹ジュン)、マリア(ソニン)らマンションの女性陣に協力を依頼するが、達代に

「好美を犯罪者の子にしたくない」

と言われ、拒絶されてしまった。

達代は、兄弟と比べ容姿や頭脳で劣ると親に言われ育ったため自己肯定感が低く、学に依存して生きていくしかないと思い込み、学の暴力にも自分が耐えればいいと考えていた。

すると学が突然!昼間に帰ってきた。

好美が、

タイムマシンに乗って、将来の自分にママと自分を助けてくれるように頼む。

と、言う会話を聞かれてしまう…。

実家に帰らせていただきます

学は達代に暴力を振るおうとしたが、好美が立ちはだかる!

しかし学は、好美に暴力を振るってしまう。

学はコンプレックスの固まりで、自分よりも弱い立場の達代や好美をストレスのはけ口にしていた。。

すべてに悲観した達代は、好美と一緒にマンションの窓から身投げしようとする。その様子を向かいのカフェから目撃したチカラは、帰ってきた灯に止めるよう連絡。

最初は頑なに姿勢を崩さない達代だったが、駆け付けた管理人の星(浅野和之)の

私は子供を殺された側の人間なので、それは許しませんよ!

という一言に打たれ、好美を手放した。

達代と好美が中越家に避難していると、そこへ学がやってきた。

力づくで連れ帰そうとする学に、チカラは何度も殴られてしまう。それをみていた達代は、家に戻るからと中越家を後にした。

学が部屋に戻ると、家の中では荷造りをする達代と好美がいた。

達代は実家に帰ると言い出し、学は力づくで阻止しようとしたが、達代は振り払い出ていった。

マンションの住民たちも、総出で達代たちを見送る。

家にチカラが戻ると、灯がスーツケースに荷物を詰め込んでいた。そして

「実家に帰らせていただきます」

のセリフを残して出て行ってしまった。

 

つづく…

となりのチカラ|7話 ネタバレ*感想【灯が出ていったワケ】ドラマ『となりのチカラ』7話のネタバレ・感想。2022年3月17日に放送。...

 

ドラマ「となりのチカラ」6話の感想

ドラマ「となりのチカラ」6話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【となりのチカラ】キャスト・各話のネタバレ

 

2022 春ドラマ 25作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!