ドラマネタバレ・感想

日本沈没 -希望のひと-|6話 ネタバレ*感想【田所逮捕】



ドラマ「日本沈没 -希望のひと-」6話が、2021年11月21日(日)に放送されました!

いろんな思惑がうごめく未来推進会議、そしてまさかの田所が…。

このページでは、ドラマ「日本沈没 -希望のひと-」6話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「日本沈没 -希望のひと-」6話 ネタバレ

ドラマ「日本沈没 -希望のひと-」6話のネタバレです。

沈没しなかった時のこと

関東の一部が沈没した災害から数週間が絶ち、国民も日常を取り戻しつつあり、政府でも復興に向けた議論が進められていた。

しかし、その復興計画をめぐって、東山総理(仲村トオル)と里城副総理(石橋蓮司)は再び対立。

関東沈没を経て、東山も里城に立ち向かう覚悟を決めていた。

しかし、未来推進会議が進めていた復興計画に突如ストップがかかる。里城が裏から手をまわしていたのだ。

東山総理が進めてきた「COMS」が、関東沈没のきっかけになったというでっち上げの記事を雑誌記者に書かせていた。

そんな記事が一度でも世に出てしまえば、たとえ嘘だったとしても政治生命が絶たれると恐れた東山は、里城の意見を聞き復興計画をストップさせた。

そんな中、天海は田所博士(香川照之)に呼ばれる。

田所は天海に残酷な事実、日本沈没の危機を伝える。それが事実ならば、復興どころではなく、1億2千万人を海外へ避難させなければならない。

天海はなんとか国民の命を救うため、出来ることをやろうとするが高い壁に阻まれる。

東山は極秘裏に、未来推進会議で国民の移住を受け入れてくれる国を探すよう命じた。

石塚(ウエンツ瑛士)は、オーストラリアの元大統領と家族ぐるみの付き合いがあり、元大統領に感触を確かめに天海と向かう。

しかし、元大統領は現政権に対して何もできないという。

天海は、日本の有望な会社ごと、海外に移転するということで交渉をしたらどうかと提案するが里城に

「沈没しなかった時のことも考えるのが政治だ」

と、一蹴されてしまう。

田所、逮捕

一方、田所は日本沈没について口止めされていたにも関わらず、雑誌のインタビューで第二派を連想させる話しをしていた。

さらに、田所が以前支援を受けていたDプランズ社が、海外で土地を買い漁っているということも判明。

里城たちは、田所の身辺捜査を始める。

天海の娘からの手紙を預かっていた椎名が、天海を訪ねてきた。

「海外で活躍できる人になる。パパも仕事頑張ってね」

と書いてくれた娘の命も守らなくてはいけない天海だったが、支援を申し出る椎名にも日本沈没のことは話せない。

その後、酔って寝てしまった椎名に合い鍵を渡し、マンションを自由に使っていいと告げ、天海は官庁に泊まり込むことにした。

そんな天海のもとに、驚くべきニュースが入ってきた。

Dプランズ社に機密情報を流し、金品を受け取った疑いで田所が東京地検に連行されてしまった。

日本の危機を研究する学者がいなくなってしまうことに、大きな危機感を感じた天海だった…。

 

つづく…

日本沈没 -希望のひと-|7話 ネタバレ*感想【移民するならアメリカ】ドラマ『日本沈没 -希望のひと-』7話のネタバレ・感想。2021年11月28日に放送。...

 

ドラマ「日本沈没 -希望のひと-」6話の感想

ドラマ「日本沈没 -希望のひと-」6話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【日本沈没 -希望のひと-】キャスト・ネタバレはコチラ

 

2022 春ドラマ 25作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!