ドラマネタバレ・感想

DCU|4話 ネタバレ*感想【成合生存説と俊足瀬能】

ドラマ「DCU」4話が、2022年2月13日(日)に放送されています!

押収したスマホから、あの男の写真が見つかります…。

このページでは、ドラマ「DCU」4話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「DCU」4話 ネタバレ

ドラマ「DCU」4話のネタバレです。

コインロッカー

新名(阿部寛)から止められていたにもかかわらず、逃亡犯を追って外洋にでた隆子(中村アン)の殉職に、DCUのメンバーは言葉を失ってしまう。

されに、責任を取らされた新名は隊長から外され、その間は副隊長の西野(高橋光臣)が隊長代理を務めることになった。

さらに事件捜査からDCUは外されたが、納得できない瀬能(横浜流星)のもとに、公安の清水(山崎育三郎)がやってくる。

清水は、死んだ隆子のパソコン内にあった、プライベートデータを持参していた。

そのデータに違和感を覚えた瀬能は、瑠璃(趣里)に解析を依頼すると、今回の事件は2年前に起きたある溺死事故に起因している可能性が浮上する。

瀬能は、隆子の司法解剖を行なった医師・真鍋(角田晃広/東京03)と、事故が起きた際の機材会社・月島(六角精児)の元を訪れる。

しかし、すでに自宅待機中の新名が訪れた後だった。

独自に捜査をしていた新名は、漁師たちから月島とロペスのつながりを調べていた。

新名と瀬能は手を組み、拘留中のマリア・シルバ(エレナ・アレジ・後藤)に月島の写真を見せる。

最初は知らないと突っぱねたマリアだったが、強制送還をちらつかせると、ロペスの命令で隆子にGPSをつけたと打ち明けた。

その連絡方法は、コインロッカーを使ったものだった。

成合は生きていた!?

情報を更に収集するため、新名は週刊誌に隆子のことを売った。週刊誌には隆子のことがセンセーショナルに書かれる。

瀬能は怒るものの、新名は情報を入れるためと聞き入れない。

そしてロペスと隆子が殺害された船を再度調べると、琴ヶ浜の砂を発見する。

琴ヶ浜に関係のある人物と睨んだ新名たちは、月島をおびき出すと、月島がロッカーで見つけたメッセージは「スマホを渡せ」だった。

月島がその内容を誰かに連絡する。そのデータを瑠璃が追跡したところ、港を走ってゆく真鍋を捕まえた。

真鍋は寸前にスマホを海に投げていたが、西野と瀬能たちが潜り見つけ出す。

実は学べ、賭け事が好きで多額の借金があり、ニセの検案書を書くことでロペスたちの仲間になっていた。

そしてさらに脅され、自分も殺されると思った真鍋は、船でロペスの背中に突き刺さっていた凶器を使い隆子を殺していた。

その指示は、メールとコインロッカーによるもので、脅してきた相手のことは知らないという。

瀬能は、隆子の手錠を使って真鍋を逮捕した。

スマホからは、15年前に殉職したはずの隆子の兄で、海上保安庁のダイバー・成合淳(吉川晃司)の写真が見つかった…。

 

つづく…

DCU|5話 ネタバレ*感想【W流星:中林先輩との友情】ドラマ『DCU』5話のネタバレ・感想。2022年2月20日に放送。...
DCU|ドラマ 動画1話〜無料視聴【見逃し配信】ドラマ『DCU』見逃し動画を1話〜最新話まで無料視聴する方法。2022年の放送で、主演は阿部寛。...

 

ドラマ「DCU」4話の感想

ドラマ「DCU」4話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【DCU】キャスト・ネタバレはコチラ

 

2022 春ドラマ 25作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!