ネタバレ・感想

麒麟がくる|13話 ネタバレ感想【あのマムシが圧倒される】4/12



NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第13話が、2020年4月12日(日)に放送されました。

今回は、麒麟がくる「第13話」

  • あらすじ
  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

をまとめさせて頂きました。

麒麟がくる|14話 ネタバレ・感想【帰蝶に転がされる信長】4/19大河ドラマ「麒麟がくる」14話のネタバレと感想。2020年4月19日放送。...

 

麒麟がくる「第13話」あらすじ

麒麟がくる「第13話」のあらすじです。

第13話:帰蝶のはかりごと

暗殺を企てた頼芸(尾美としのり)を攻めると息巻く道三(本木雅弘)。

高政(伊藤英明)は、戦になったときには実の父と慕う頼芸側につくと明言し、光秀(長谷川博己)にも決断を迫る。道三を訪ね、この戦は身内同士が殺し合う、国をほろぼす戦になると訴える光秀。

すると道三は、本当は戦をするつもりはなく、頼芸は追い出すが、あくまでもこれは国衆にカツを入れるための芝居だったと白状する。

その一方、頼芸を総大将に担ぎ出すべく鷺山城に集まる高政らの目前で、頼芸は恐れをなして早々に逃げ出してしまう。

麒麟がくる「13話」ネタバレ 4/12

斎藤利政は鷹の件をきっかけに、土岐頼芸に対して戦の構えをとった。

それにより、高政は頼芸を守るため、利政の敵となる事を決める。そして十兵衛に、仲間として一緒に利政を倒そうと迫った。

しかし、十兵衛は利政の家臣。

とはいえ以前、高政に何でも言う事を聞くと言った建て前、十兵衛は高政への返答に困っていた。

十兵衛、利政を説得。がしかし…

そこで十兵衛は、頼芸との戦いを止めるよう利政を説得すべく、稲葉山城へ向かった。

十兵衛が「頼芸との戦はしないで欲しい」旨を伝え、さらに国衆が2つに分かれ、自分は利政の敵になるかもしれない。とも伝えた。

自分は殿に弓を引く事など出来ない!と、必死に懇願する十兵衛に、

「初めから戦などするつもりはない。しかし、美濃からは出て行ってもらう。」

と、利政から告げられる。

さらに利政は、十兵衛に鉄砲を三十挺揃える様に命じ、鉄砲組を作れと言う。頼芸を追放する為かと驚く十兵衛に、

「すでに頼芸には、穏やかに美濃を出ていってもらう様、手を打ってある」

と、不敵な笑みを浮かべる利政…。

そのころ土岐家では、頼芸の飼っていた鷹二十羽が全て惨殺されていた。その光景を見た頼芸は、恐ろしさのあまり近江の六角定頼の元へ逃げ出す。

それを知った高政は、急いで利政の元へ向かった。

怒りに震える高政に対し、頼芸が高政を置いて六角家へ逃げ込んだと伝える利政。高政は「私は本当の父を失った!」と、高政が声を荒げる。

それを聞いた利政は、

「マムシと呼ばれ、陰口をたたかれる自分こそが高政の父であるのだ。」

と言うものの、高政は「自分には土岐家の血が流れている」と訴え、その姿を見た利政は「まだ家督は譲れない」と言い残し部屋を出た。

帰蝶の頼みで尾張へ向かった東庵は、信秀が亡くなった事で、その後すぐに駿河へ向かっていた。

共に駿河へ向かう駒は、十兵衛が結婚したと聞き、美濃へ向かう気が薄れていた…。

その道中、汚い身なりの男が書物を読んでいた。その男は、

「字が読めないと出世できないと聞いて、一生懸命「字」を覚えている。」

と言う。その男の名は藤吉郎。

織田信長が亡くなった尾張を、今川義元が攻め入る。自分はそんな駿河の今川義元の城下で一旗揚げるのだ。

と、藤吉郎は意気込んでいた。

帰蝶の戦略

天文二十二年、織田家の家老・平手政秀が切腹した。

信秀が亡くなってから、織田家内での紛争は更に大きくなり、織田信安や彦五郎が信長を敵対していた。

今川だけではなく、織田内部にも目を光らせる必要のあった信長に、今度は利政から面会したいとの文が届いた。

信秀が亡くなり、家督を継いだ信長とも一度会っておきたいという文面。

ところが信長は、自分を狙う者たちが多いと危惧しており、利政も自分の命を狙っていて、尾張を手に入れるつもりではないか?と心配していた。

しかし、利政との面会を断れば和睦関係にもヒビが入ってしまう…。帰蝶が心配するなか、信長も思案していた。

〜その夜🌙〜

帰蝶は、信秀が懇意にしていた旅芸人の女座長「伊呂波太夫」について、信長に尋ねた。

伊呂波太夫は、戦の時の傭兵を集める事が出来ると父上から聞いた。

と言う信長に、何かを閃いた帰蝶。

〜翌日〜

帰蝶は早速、伊呂波太夫を城へ呼び寄せた。

「戦の時の兵を速やかに呼ぶ事が出来るのだな?」

と帰蝶が尋ねると、伊呂波太夫は「時と場合によります。しかし優れた兵を呼び寄せるのは、急ぎでは難しいでしょう。」と答えた。

すると帰蝶は、何か考えがあるかの様な表情を浮かべた。

あの蝮が圧倒される

その頃、稲葉山へ呼ばれた十兵衛と光安は、信長との面会について利政から話を聞かされていた。

利政は、万が一別の者が来るかもしれない。という懸念もあるようで、信長の顔を知っている十兵衛に付き添えと命じる。

そして利政は、織田彦五郎の家臣から「信長を一緒に討とう」と打診されたと話す。その言葉に驚いた十兵衛💦

「殿はどうなさるおつもりですか?」

と尋ねると、利政は

「まずは、婿殿に会ってみてからだ。」

と、返答した。

信長との面会は、尾張の聖徳寺で行われる事になった。帰蝶に言われるがまま、身支度をしていた信長、

父上は古きものより、新しき物、美しきものを好む。

これは父上と私の戦じゃ。

帰蝶は利政と戦う様な眼差しで、信長にそう伝えた。

利政は信長との面会の前に「信長がどんな男なのか?」を見極めるため、十兵衛と近侍たちと共に廃屋へ身を潜めていた。

信長という男がどんな人物なのか?を先に自分の目で見て、面会前にその後の対応を考えようとしていた。

すると、面会に向かう信長一行が近づいてきた。鉄砲を担いだ者が多数おり、十兵衛が鉄砲隊の数を数えたところ

「百、二百…三百以上!?」

その行列を見つめた利政は圧倒され、釘付けになってしまった…。

そんな行列の鉄砲隊に囲まれる様に、みすぼらしい着物を着た男が馬に乗っていた。その男が信長だった。

 

つづく…

麒麟がくる「13話」感想・次回のあらすじ

麒麟がくる「第13話」の感想です。

まずは、尾野真千子さんと佐々木蔵之助さんです。

Twitter

Twitter

Twitter

つづいて、視聴者の皆さんの感想です。

ピンチヒッターとして帰蝶役を演じている、川口春奈さんの評価が回を追うごとに増しています。本当に有り難いです。

手厚い待遇をお願いします!

Twitter

麒麟がくる:次回のあらすじ

第14話:聖徳寺の会見

道三(本木雅弘)との会見の場に、おびただしい数の鉄砲隊を引き連れて現れる信長(染谷将太)。

正直者で先見の明があり、自分の若き日に似ている信長を道三は大いに気に入る。その姿に安堵(あんど)する光秀(長谷川博己)。

そんな折、太原雪斎(伊吹吾郎)に率いられた今川軍が、再び尾張に攻め入ってくる。

援軍を申し出てきた信長に道三は即座に応えるが、高政(伊藤英明)は、相談もなしに、美濃を危険な立場にさらすこの大事な判断を下した道三に憤りを隠せない。

引用:公式サイト

 

それでは、最後までご覧いただき有難うございました!

人気記事麒麟がくる|ゲストキャスト・ネタバレ感想はコチラ

 

関連記事
error: Content is protected !!