ネタバレ・感想

病室で念仏を唱えないでください|1話 ネタバレ感想【煩悩な松本照円】



2020年1月17日(金)に、TBS金曜ドラマ・病室で念仏を唱えないでください「第1話」が放送されました。

コチラの記事では、ねんとな「1話」の

・ネタバレ
・感想
・次回の予告とあらすじ

についてご紹介します。

人気記事病室で念仏を唱えないでください|キャスト・ネタバレはコチラ

 

病室で念仏を唱えないでください「1話」ネタバレ 1/17

あおば台病院救命救急センターへ、交通事故の救急患者が運び込まれた。乗用車が歩行者4名はねた事故。

乗用車に乗っていた男女2名、巻き添えを食らった4名の計6名が運びこまれ、そのなかの1名には妊婦もいた。

松本照円、登場!

救命救急センターの医師・三宅涼子(中谷美紀)、研修医・田中玲一(片寄涼太)、整形外科医・藍田一平(ホリケン)たちが慌ただしく処置に追われるなか、僧侶の格好にスニーカーの男性が走ってやってきた。

その男性は、救命救急センターに勤務している僧侶で、救命救急医の松本照円(伊調英明)

何かにつけ、念仏を唱え説法を噺す照円に、患者や同僚たちからも煙たがられる存在だが、本人は医師としても僧侶としても真面目に取り組んでいた。

患者の一人「土浦まさし(永山竜弥)」は、僧侶の格好をした照円を見て

「え、俺死んじゃったの?」

と慌てるも、照円からは

「安心しろ。もしもの時は極楽浄土に運んでやる。」

と微笑みながら話す。

松本は次々に患者の処置にあたる。

乗用車事故の急患・谷村容子(hitomi)の処置に当たっていると、容子の息子・将太が駆け付ける。さらに遅れて、容子と同じ車に乗っていた男性の妻も現れた。

男性の妻は到着するなり、救命救急センター長・玉井潤一郎(萩原聖人)や病棟クラーク・小山内みゆき(唐田えりか)

「浮気してたってことですよね!?」

と、気が動転していた。

一命を取り留めた容子だったが、意識は戻らずICUへ入ることに。

容子の息子・将太くんは、

「母ちゃん浮気したんだ。男ができたから俺と弟のことどうでもよくなったんだ。俺たちを捨てたバチが当たったんだ!死ねばいい!」

と抑えきれない感情を爆発させた。そんな翔太くんに照円は

「冗談でもそんなこと言うな!」

と叱り、理解を求めたものの将太くんには届かず、その場を走り去ってしまった。

その後、容子と同乗していたもう1人の男性はお亡くなりに。

濱田達哉、着任!

一方、あおば台病院救命救急センター・心臓血管外科へ、海外でも活躍した心臓血管外科医・濱田達哉(ムロツヨシ)が大学病院から出向してきた。

濱田を病院に迎え入れることができ、喜ぶ理事長・澁沢和歌子(余貴美子)。

その後、心臓血管外科のスタッフたちに自己紹介をする濱田。編みぐるみが趣味だという浜田に、

「エリートなのに気さくで素敵✨」

「お硬い人じゃなくてよかった。。」

とみんなからの評判は良い。

交通事故の原因は、土浦まさし

松本は袈裟を身にまとい緩和ケア病棟で、患者たちに説法を始める。

ところが、交通事故の患者・土浦まさしからは

「どうせ治せないんだろ!くそ坊主!」

と、置時計を投げつけられてしまうが、照円は「また来ます。」と告げその場を去った。

その後、同じく交通事故患者で妊婦・及川結衣が、腹腔内出血を併発し緊急オペに。

また、今回の乗用車事故の原因は、

歩行者の一人・土浦が赤信号を渡っていたため、容子が乗っていた乗用車が土浦を避けようとしたところ、歩行者4人を跳ねてしまった。

土浦は延命措置として右足を切断したが、まだ土浦には伝えれずにいた。

13歳の子供に判断を迫る、照円

翌朝、容子の容体が急変し脳死状態になってしまう。

不倫中の事故で母親が脳死状態なんて、と悩みながらも涼子(中谷美紀)は

「医学的には救命不能です。」

「このまま穏やかな死を迎えられるか、臓器提供なさるか、どちらかの選択になります。」

と、将太くんと容子の義理の妹に説明した。

照円は続けて、

「どう選択するかは家族です。」

「将太くん、君の母ちゃんだろ?」

「君が決めろ。」

「君が決めたことなら、母ちゃんはきっと納得するハズだ。」

と、中学生の将太くんに決断を求める照円。

 

その後、容子の義理の妹から、容子↔将太・弟は血が繋がっていないと知らされる。

将太と弟は、容子が離婚した「元旦那の兄」の子供だった。その兄が10年前に亡くなったとき、もう育てられないと将太たちを置いて出ていった。それで、容子が2人を養子として受け入れた。

その話を扉の隙間からコッソリ聞いていた、将太。

「じゃあ俺達捨てられても仕方ないね!ずっと俺達のこと迷惑だったんじゃん、母ちゃん!」

と叫び、その場を去ってしまった。

母との別れ

容子の心臓が動き始める。

松本は懸命に心臓マッサージを行う。容態の急変に義理の妹も駆けつけ、将太くんに電話を掛けてもらう。

スピーカーにしてもらい、電話越しに

「早く来い!お母さんの心臓はまだ動いてる!急げ!」

と将太くんに訴える。

照円の言葉は将太くんの心に響いたのか、急いで病院へと向かう!

将太くんと弟も無事に到着、照円は諦めずに心臓マッサージを続けていた。

玉井は翔太たちに、容子の心臓を動かすことはもう難しいことを伝える。

将太くんは容子に、

「ごめんね。ありがとうって言えなくて。」

「ごめん、母ちゃん、母ちゃん…。ありがとう。」

と泣きながら伝え、心臓マッサージを続けていた照円の手にそっと自分の手を置いた。それは、もう止めていいよという、将太くんの意思表示だった。

そして葉子は静かに息を引き取った。

照円の過去、そして、将太くんのこれから

その夜、松本は清掃員のおばちゃん(宮崎美子)に、なぜ医者になったのか?と聞かれる。

幼少期の照円はカナヅチで、目の前で溺れる友達を助けることが出来なかった。そして友達は、そのまま亡くなってしまった。

それから水泳を始め、医者になり、坊主になったという照円。

その後、照円と涼子のもとに、容子と同乗していて、先に亡くなった男性の妻が訪ねてきた。その男性は児童相談所で児童福祉士をやっていて、容子の担当だった。

男性の元へ、将太たちの本当の母親だと名乗る女性が「子供たちを引き取りたい。」と連絡が入ったとのこと。

事故発生の日、男性と容子で「将太の実の母親」に会いに行くため、車で向かっていた矢先の事故だった。

容子と男性は、不倫でも何でもなかった。

一方、片足を切断されたと知った土浦は

「ふざけんな!返せよ俺の足!何勝手に切ってんだ、このヤブ!」

「こんな身体なら死んだ方がマシだ!死んだほうがマシなんだよ!」

「殺せ!今すぐ殺せ!」

と、叫んでいた。

そこへ照円がやってきて念仏を唱えだす。土浦は、照円の念仏を聞き泣きはじめた。

そのころ、濱田は病院のカフェでテレビの取材を受けていた。

そこに、お目当てのブラジルバーガーを食べに来ていた照円。ところが連絡が入り「頚髄損傷!?もたもたしてたら死ぬぞ!」と話す。

その言葉を聞いた濱田は13年前の出来事を思い出した。濱田は以前、道端で倒れた男性を介護中に照円と出会っていた。

「何の因果かな…」

そうつぶやく、濱田だった。

将太くんと弟は児童養護施設に行くことを決めた。将太くんは

実の母親に会った多分責めるので、合わない。

もっと、ずっと母ちゃんの子供でいたかった。

俺、母ちゃんが脳死って言われたとき、すごく考えた。どうするか、当たり前だけど。

母ちゃんのことばっか考えた。優しかったり、寝てる顔だったり、色んな母ちゃんを思い出した。

それでどんだけ俺たちのこと大事に思ってくれてたかって。

別に俺らのこと捨ててもいいから、ただ生きてて欲しかった。だけど、もう生きられないなら、俺がちゃんと死なせてやろうって決めたんだけど。

だから、あのとき、脳死だって言われて、いっぱい考えられて良かった。ちゃんと思い出せてよかった。

俺が好きだった母ちゃんのこと。

と、泣きじゃくりながら将太くんは話してくれた。そして松本に「ありがとう」とお礼を言ってくれた。

照円も泣きながら手を合わせ「ありがたい」と言う。しかし将太くんからは「やめてよ、オレ死んじゃったみたいじゃん。」と突っ込まれた。

そのタイミングで、照円に急患が入ったと連絡。

将太くんと照円はお互いに「ありがとう」と言い合い、急いで病院に戻っていった。

 

つづく

病室で念仏を唱えないでください「1話」感想

ねんとな「1話」の感想です。

はじこいG線上のあなたと私で脚本を担当した、吉澤智子さんが本作・病院で念仏を唱えないでくださいでも脚本を担当。

原作マンガを忠実に再現しつつも、医療と煩悩な照円のバランスがいいと高評価でし😊

2020年の冬ドラマは医療をテーマにした作品が6作もあり、熾烈を極めています。

ねんとなは豪華キャスト陣の出演もあり、今後も見たい!という声が続出していました。

ねんとな「2話」予告・あらすじ

この日も、朝からあおば台病院の救命救急センターには、次々に急患が運び込まれていた。

交通事故による大怪我で運ばれてきた患者・宮島隆弘(ナオト・インティライミ)は、意識が朦朧とした状態で、医師の三宅(中谷美紀)はじめ、研修医の田中(片寄涼太)や看護師の堀口(土路生優里)が処置にあたっていた。

さらに処置室の奥では、自宅で倒れ運び込まれた女性患者の処置に、松本(伊藤英明)、吉田(谷恭輔)と看護師・長見(うらじぬの)たちが担当。その女性患者は、大動脈瘤が破裂していたため危険な状態で心外に応援を頼んだが、手術中ということで心臓血管外科医・濱田(ムロツヨシ)に無下に断られてしまう。

松本は三宅の応援もあり、緊急手術を決め、腹部大動脈瘤破裂の重症ながら一命を取り留めることが出来た。しかし、センター長の玉井(萩原聖人)からは、そういう場合は他に回すようにと言われ、救命救急センターのスタッフは、オペの応援要請に答えてくれない濱田に不満を募らせていた。

ある日、出勤した松本の元に、川で中学生男子が溺水という ドクターカーの要請が入った。松本の過去を知る三宅は「私が行こうか?」と気に掛けるが、松本は「僕が行きます」と名乗り出る。

現場でレスキュー隊員が少年・岡崎勉(渡邉蒼)を発見し、真冬でも構わず川の中に駆け込んでいく松本。 低体温・心肺停止で危険な状態の勉の心臓マッサージをしていると、勉と同じ制服を着た少年・丸山(田中奏生)が目が合ったとたん逃げていくのに気付く。

病院内に運び込まれた勉は、ICUで母親の真理子(島袋寛子)が付き添う中、低体温療法を受けていた。松本は、真理子に勉が握っていたペンケースを渡す。それを確認した真理子は、亡き父親からプレゼントされたボールペンがなくなっていることに気づく。その後、病院内で逃げる丸山を見つけた松本は、彼を追いかけるが…。

一方、救命救急センターに、指定病院を17件も断られたという患者の受け入れ要請が入った。今にも破裂しそうな腹部大動脈瘤のその患者は、ホームレスだという。

救命救急のスタッフは、手術中の濱田に応援を求めるが、患者がホームレスだと知ってまたもあっさりと断りを入れられてしまう。しかし、濱田の下で働く医師・児島(松本穂香)は、松本を手伝うか迷っていた・・・。

30年前に自らに降りかかった出来事と勉たちを重ね合わせる松本。

止まった時間を動かすことができるのか…?

引用:公式サイト

病室で念仏を唱えないでください|2話 ネタバレ感想【照円vs濱田】病室で念仏を唱えないでください(ねんとな)「2話」ネタバレと感想。2020年1月24日放送。...

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

人気記事病室で念仏を唱えないでください|キャスト・ネタバレはコチラ

 

関連記事
error: Content is protected !!