ドラマネタバレ・感想

ドクターホワイト|6話 ネタバレ*感想【次の誕生日まで生きられない】

ドラマ「ドクターホワイト」6話が、2022年2月21日(月)に放送されました。

最後の最後で、白夜から衝撃発言が…。

このページでは、ドラマ「ドクターホワイト」6話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「ドクターホワイト」6話 ネタバレ

ドラマ「ドクターホワイト」6話のネタバレです。

息子が階段から転落

ライバルであるAI診断チーム・JMAとの診断対決に勝利したものの、依然として解散の危機に立たされていたCDT。

そんな中、JMA代表の藤島(安井順平)は、CDTを内部分裂させる策を真壁(小手伸也)に伝え、仙道(高橋努)に外科部長として圧力をかけるよう持ちかける。

万がイチ解散となれば、院内にメンバーの居場所はなくチーム内には不穏な空気が漂う。

そんななか、夏樹(勝地涼)はJMAで心臓外科医として働く元同僚から、外科医としてまた一緒に働かないかと誘われる。

そして、時を同じくして、白夜(浜辺美波)も藤島の自宅に招かれ、JMAへの移籍を持ちかけられていた。

藤島の自宅には、将貴(柄本佑)と晴汝(岡崎紗絵)も食事に招待されていた。

将貴は移籍の真意を聞き出そうとするが、次の瞬間、廊下に晴汝の悲鳴が響き渡る⚡

白夜たちが駆けつけると、階段上でテントウムシを探していた藤島の息子・誠(青木凰)が転落し意識を失っていた。

頭部を強打していた誠はすぐに搬送されたが、目を覚ますと、頭部ではなく腹部の激しい痛みを訴える。

到着したJMAの医師が診断を急ぐなか、CDTも診断協議を始めようとするが、なぜか仙道は姿を見せない。

夏樹がJMAから誘われていると、佐久間(高橋文哉)から聞いていた西島(片桐仁)も、新たな就職先を探し始めていた。

誠が転落直前に探していた“テントウムシ”に注目した白夜は、西島にテントウムシについて尋ねる。

すると、ある仮説を話し始める…。

次の誕生日までは…

一方、誠の症状は命に危険が及ぶまでに悪化。

JMAは診断を確定する前に抗生剤投与を強行しようとするが、まだ治療を始めるのは早いと夏樹が制止する。

すると、藤島宅で病の原因を探していた将貴と佐久間が、証拠を見つけ駆けつける。

誠はアンティーク家具に棲みついていた、外来種の毒蜘蛛「ジュウサンボシゴケグモ」に噛まれていたと判明。

一方、麻里亜(瀧本美織)は都内の病院に血清があるか問い合わせていた。

唯一、解毒剤を持っていた病院にたまたま西島が面接に訪れており、西島は面接を断って血清を届け、なんとか誠の命は救われた。

夏樹は西島にJMAに移籍するつもりがないことを告げ、仙道も真壁の圧力を払いのけ、CDTチームは無事に復活を遂げた。

//

そして、この日は将貴の誕生日。

白夜は将貴に、果物柄のネクタイをプレゼントした。

将貴は夜空を見上げる白夜に、誕生日には何が欲しいかと尋ねると、

次の誕生日までは生きられない。

決まっていることだから…。

と、告げた…。

 

つづく…

ドクターホワイト|7話 ネタバレ*感想【恋の病とRh null】ドラマ『ドクターホワイト』7話のネタバレ・感想。2022年2月28日に放送。...
ドクターホワイト|ドラマ 動画の無料視聴《pandora*dailymotion の配信は?》ドラマ『ドクターホワイト』見逃し動画を1話〜最新話まで無料視聴する方法。pandora(パンドラ) や dailymotion(デイリーモーション)の配信は?2022年の放送で、主演は浜辺美波。...

 

ドラマ「ドクターホワイト」6話の感想

ドラマ「ドクターホワイト」6話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました!

関連記事【ドクターホワイト】キャスト・各話のネタバレ

 

2022 春ドラマ 25作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!