ネタバレ・感想

半沢直樹 2020|1話 ネタバレ感想【小ネタ満載!!令和一発目の倍返しも】



半沢直樹 2020「第1話」が、2020年7月19日(日)に放送されました!

長い放送延期を終え、ようやく初回放送を迎えました✨

このページでは、半沢直樹 2020「1話」の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

半沢直樹 2020「1話」ネタバレ

半沢直樹 2020「1話」ネタバレです。

企業買収の大型案件

中野渡から、東京セントラル証券へ出向させられた半沢直樹。

森山が担当する大手IT企業・電脳雑技集団から、東京スパイラルを買収したいとの話を受けアドバイザーを依頼された半沢。

1,500億円以上の株式取得費用がかかることもあり、大型案件となった。

早速買収に向け策が練られたが、勢いのある「東京スパイラル」が相手となれば、敵対的買収になる可能性も考えた半沢。

森山によると、東京スパイラルは社長の瀬名と、共に会社を立ち上げた「清田・加納」との間に意見の違いがあるとういう。

そんな中、伊佐山から面倒な案件を押し付けられる半沢たち。

伊佐山は大和田を目標としていたため、その大和田を失脚させた半沢を敵対視していた。

一方、電脳雑技集団の買収案件に対する報酬を、成功報酬にすると社長の岡から指示が出た。

成功できなかった場合は1円にもならないため、半沢は慎重に考えようとしていたが、諸田が手を回していた…。

さらに、電脳の担当だった森山が案件のメンバーから外される。

諸田は銀行からの出向組でプロパー社員を見下していたため、案件のメンバーは出向組だけで編成された。

大型案件は打ち切りに

〜2週間後〜

買収案をプレゼンするため電脳雑技集団を訪れると、これまで全く連絡がなかったという理由で、急遽アドバイザー契約を打ち切られてしまう。

半沢は諸田に連絡をするよう指示していたが、諸田は連絡をしていなかった。

電脳雑技集団との大型案件を断られ、伊佐山は半沢に責任を取らせようと動いていた。

一方、半沢は森山がまとめた「東京スパイラル」の資料を見たところ、何かに気づきた半沢は森山の元へ向かった。

森山と瀬名は中学時代、同じ剣道部に所属していた親友だったが、瀬名の父親の工房が潰れてからは音信不通になったと言う。

森山は、瀬名の経営方針を理解して貰えれば、両者のためになると買収案も考えていた。

ところがその買収案を見た半沢は、ひどいが面白いと言い一緒に詰めていくに。

その後、電脳雑技集団を訪れた半沢は、アドバイザー契約を他社に乗り換えたことを指摘するも提案すら見て貰えなかった。




時間外取引

不審に思った半沢は渡真利に連絡したところ、東京中央銀行の証券部が1,500億円の融資を行う案件があると聞かされた。

半沢は、電脳雑技集団の情報を得た銀行が横取りしたと察した。

その頃、伊佐山は電脳雑技集団の元を訪れ、提案書を社長の平山と副社長の美幸に見せていた。

提案書を見た平山と美幸は驚きながらも喜び、その場で即決した。

〜翌日〜

銀行の役員会議の中で電脳雑技集団の案件が議題にあげられ、驚く大和田💦三笠の後押しもあり、中野渡も同意したことで稟議通過。

電脳雑技集団が東京スパイラルの株式を30%取得したと記者会見が開かれ、時間外取引で買い付けられたことに気づいた半沢。

その直後、瀬名が緊急会見を開き、対抗処置を取ると表明。

森山は、加納と清田の所持していた株を電脳に売ったのだろうと読んだ。

加納と清田は副頭取から「10%上乗せ」で株を買い取ると条件を出され、話に乗ってしまっていた。

サーバーごと証拠隠滅

森山は半沢からの助言もあり、迷いながらも瀬名に連絡を取った。

昔よく行ったお好み焼き屋で待っていると、嬉しそうな顔でやって来て一緒に食事をした。

そんな中、新たな異動の打診を見せられた半沢。そこへ森山が帰ってくるなり、瀬名と会わなければよかったと言いだした。

食事後、東京スパイラルに立ち寄った森山に、セントラル証券が電脳のアドバイザーである東京中央銀行の子会社であることを指摘した瀬名。

時間外取引のことをなぜ教えてくれなかったのか?と責められ、知らなかったという森山の言葉も信じて貰えなかった。

そんな中、三木が諸田のメールを削除しようとしていたところを半沢と森山が抑え、諸田が伊佐山に情報をリークする代わりに、銀行に栄転を取り付けたことを聞き出す。

その後、諸田と伊佐山のもとへ半沢が現れ、情報をリークした証拠を突きつける。

諸田を問い詰め、伊佐山の責任も追及しようとした半沢だったが、既に手を回されており、メールの受信記録をサーバーごと削除させていた💦💦

Twitter

Twitter

その場を立ち去ろうとする伊佐山に向かい、このままにするつもりはないと令和一発目の

Twitter

と、言う半沢は決意を固めた!

 

つづく…

半沢直樹 2020|2話 ネタバレ感想【お・し・ま・い・デス!】ドラマ・半沢直樹2(2020)「2話」ネタバレと感想・次回のあらすじ。2020年7月28日放送。...

https://dramarcs.com/hanzawa20p/

半沢直樹 2020「1話」感想

半沢直樹 2020「1話」の感想です。

1話の終盤に、大和田取締役が巨大ミーティングテーブルにスマホを転がした場面がネット上では話題に💦

確かに取りに行くのは大変だったでしょうね💦💦

Twitter

Twitter

Twitter

そして、これまでTBSで放送された過去ドラマから、株価の小ネタが登場しています!

コチラは下町ロケットの帝国重工…。

Twitter

コチラも同じく「下町ロケット」の佃製作所さま。

Twitter

コチラは、ノーサイドゲームの「トキワ自動車」に、ルーズベルトゲームの「青島製作所」さまの株価が…。

株価かいい感じです😌

Twitter

半沢直樹 2020 次回のあらすじ

「半沢直樹 2020」次回のあらすじです。

東京中央銀行に大型買収案件を横取りされた半沢(堺雅人)は、部下の森山(賀来賢人)とともに銀行に逆襲を誓うが、依頼主である電脳雑伎集団・副社長の美幸(南野陽子)たちからは全く相手にされず追い返されてしまう。

そこで、電脳の買収相手であるスパイラル社長の瀬名(尾上松也)に再度アプローチを試みるが…「銀行の子会社なんか信用できない」と拒絶され、八方塞がりに。

一方、半沢たちを裏切り銀行に戻った三木(角田晃広)だったが、希望していた営業ではなく、伊佐山(市川猿之助)や諸田(池田成志)から雑用ばかり言いつけられる不遇な毎日を過ごしていた。

瀬名は太洋証券の広重(山崎銀之丞)のアドバイスにより、新株発行でこの難局を乗り越えようとしていた。

その新株の買取先・ホワイトナイト役に名乗りを上げたのは、なんと瀬名の憧れとも言うべきIT業界のカリスマ・フォックス社長の郷田(戸次重幸)であった。

しかし、そこには巨大銀行の新たな罠がしかけられていて…。

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

人気記事半沢直樹2|各話のネタバレはコチラ

全話配信【9/20配信開始】半沢直樹2|動画配信はコチラ【2週間→無料】

関連記事
error: Content is protected !!