ネタバレ・感想

半沢直樹2(2020)|2話 ネタバレ感想【お・し・ま・い・デス!】



半沢直樹2(2020)「第2話」が、2020年7月26日(日)に放送されました!

このページでは、半沢直樹2(2020)「2話」の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

半沢直樹2(2020)「2話」ネタバレ

半沢直樹2(2020)「2話」ネタバレです。

瀬名と森山の和解

半沢は再び電脳に出向きスパイラル買収の提案をしたが、必要ないと言われてしまう…。

情報を伊佐山に流した諸田は、証拠がないと言い全く動じない。

一方、社内からも電脳の買収に乗るという意見もあり、イラ立つ瀬名。そこで森山は、瀬名のために買収防衛案をまとめていたが、会ってはもらえなかった。

スパイラルにアドバイザーを名乗りでていた広重は、株を新しく発行することを提案するが、その資本や買主に不安を覚える瀬名。

そんな中、森山が瀬名に買収防衛案を渡すことに成功し、それを見た瀬名から連絡が来て会うことになった。

銀行のスパイだと誤解してたことを詫びた瀬名は、後日半沢にも同席してもらった上で、新株発行に関して相談したいと言われる。

三木の後悔

森山とともに瀬名に会いにいくと、新株発行した場合のホワイトナイトとして、パソコンや周辺機器の販売会社「フォックス」が名乗り出ていると聞かされる。

半沢たちは、フォックスの社長・郷田と面会。

再びスパイラルに株を買われる前に、明日にでも新株を発行するよう乗り気の広重。その後、半沢たちはフォックスについて調査を開始。

株価の低迷や、取引銀行が東京中央銀行であると知った半沢は、新株発行の資金について不安を抱く。

そこに、伊佐山から呼び出しの電話が入った。

半沢たちがスパイラルに関わっていることを嗅ぎつけた伊佐山は、銀行に対しての背反行為だと言いだした。

渡真利と苅田を呼び出した半沢は、銀行の買収計画を探って欲しいと依頼。その後、森山と飲みに行った半沢は、三木も呼び出す。

三木は半沢を裏切ったことで異動になっていたが、コピーやお茶くみなど雑用の毎日だと言う。

三木は裏切ったことを後悔しており、半沢や森山に謝罪した。




半沢の反論

スパイラルでは緊急の役員会議が行われており、フォックスとの資本提携が決議された。

半沢は、スパイラルと関わっていることを伊佐山に漏らした人物について森山と推理。

その翌朝、渡真利から連絡が入った。

郷田は投資の失敗で巨額な損失を出しており、身売りする話もあったらしいと聞かされる。さらに、東京中央銀行から1,000億円の融資が承認されたとのこと。

至急、瀬名に報告し郷田へ電話。資金の融資先を聞くと、別の銀行の名前を出し嘘をつくのだった。

////

森山とともにスパイラルに向かっていた半沢の元に、三木から電話が入った。

伊佐山がデスクの引き出しに電脳の買収案をしまったのを見ていた三木は、伊佐山が留守の隙にその内容を入手するつもりだと言う。

途中、諸田に危うく見つかりそうになりながらも、なんとか買収案の写真を撮り半沢に送った三木。

広重が契約を急がせる中、スパイラルに到着した半沢は、三木から受け取った買収案を瀬名に見せる。

広重が提案した新株発行分をフォックスが買取った後、フォックスは電脳に買収されることが決まっていた。

そうすることで、電脳はスパイラル株の過半数を取得することに。実は、広重もこの案に加担していた…。

平山社長とは一度も会ったことがないと否定する広重だったが、森山は電脳の平山や美幸と抱き合う姿の写真を見せた。

証拠を突きつけられた広重は、この計画を持ち掛けたのは伊佐山だと答える。

三笠と伊佐山に呼び出された岡と半沢は、親会社の仕事の邪魔をしたことを詫びろと言ってきた。

しかし半沢は、スパイラルとのアドバイザー契約書を見せ、アドバイザーとして顧客の利益を守っただけだと反論した。

 

つづく…

半沢直樹2(2020)|3話 ネタバレ感想【高坂(吉沢亮)の目が】ドラマ・半沢直樹2(2020)「3話」ネタバレと感想・次回のあらすじ。2020年8月2日放送。...

半沢直樹2(2020)「2話」感想

半沢直樹2(2020)「2話」の感想です。

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

全話配信半沢直樹シリーズ1|動画配信はコチラ【2週間→無料】

半沢直樹2(2020) 次回のあらすじ

「半沢直樹2(2020)」次回のあらすじです。

電脳の買収相手であるスパイラルとのアドバイザー契約を正式に結び、親会社・東京中央銀行と全面戦争へと突入した半沢(堺雅人)。

銀行の卑劣な買収計画からスパイラルを守ることには成功したが、依然ピンチであることに変わりはなかった。

そこで半沢が次の手として瀬名(尾上松也)に提案したのは、なんと「逆買収」だった。

だが、そんなある日、突然、セントラル証券に証券取引等監視委員会が立ち入り検査にやってくる。半沢の目の前に現れたのは、黒崎駿一(片岡愛之助)だった。

黒崎が一体なぜ? 黒崎のターゲットはいったい何なのか?

さらに、タイミング良く検査のことがニュースで報じられ、半沢は裏で伊佐山(市川猿之助)だけでなく、三笠副頭取(古田新太)が糸を引いているのではないかと推測する。

一方、パソコンからゴミ箱の中まで徹底的に検査を進める黒崎は、ついにクラウド上の隠しファイルに迫ろうとしていた。

もし、半沢たちが水面下で進めている逆買収の計画が見つかってしまうと、すべてが水の泡と化す。

半沢から連絡を受けた瀬名は、すぐさま高坂(吉沢亮)に指示し、データを消去しようと試みるが…。

果たして半沢はこの危機を乗り切ることが出来るのか?

引用:公式サイト

以上、最後までご視聴いただき有難うございました。

人気記事半沢直樹2|各話のネタバレはコチラ

全話配信半沢直樹シリーズ1|動画配信はコチラ【2週間→無料】

2020春ドラマ 視聴率まとめ

2020年春ドラマの

  • 各話ごとの視聴率
  • 平均視聴率ランキング

についてまとめています。

※視聴率は発表され次第、随時最新情報に更新中です。

2020年春ドラマ|視聴率・平均ランキング【4~6月期】2020年春ドラマ、各話の視聴率と全話平均視聴率ランキングです。...
error: Content is protected !!