ドラマネタバレ・感想

彼女はキレイだった(日本)|2話 ネタバレ*感想【あなたの知っている佐藤愛なの!】



ドラマ「彼女はキレイだった(日本)」2話が、2021年7月13日(火)に放送されました!

ついに愛が、酔った勢いでいっちゃいました。

このページでは、ドラマ「彼女はキレイだった(日本)」2話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「彼女はキレイだった(日本)」2話 ネタバレ

ドラマ「彼女はキレイだった(日本)」2話のネタバレです。

ブッた斬る宗介

レストランで仕事中の梨沙(佐久間由衣)は、たまたま外を歩いていた宗介と遭遇してしまう。

イギリスへ留学しているハズの愛が目の前に現れ驚く宗介に、梨沙は「叔父が倒れレストランを手伝うことになった」と誤魔化す。

帰宅後、梨沙は愛に宗介の事を報告しようとするも、愛は変わってしまった宗介を見返そうと仕事に没頭。

とても言い出せる雰囲気ではないため…、梨沙は自分で解決することに。。

翌日「ザ・モスト」編集部では、張り切って仕事をする愛。

その後、宗介を中心に次号の企画会議が行われ、宗介は編集部員たちに2分以内のプレゼンをさせるも、容赦なく斬りまくる。

さらに、議事録作成で参加した愛にも企画案を求めるも当然用意しておらず、岡島がフォローしたが厳しい言葉を浴びせる宗介。

あまりに横暴な宗介の態度に、職場の空気は重〜くなってしまう↓

そんな中、拓也は「副編集長の言い分は間違っていない」と告げる。

実際にライバル誌「ルナ」は常に売上をキープしていたが、「ザ・モスト」の売り上げは右肩下がりが続いていた。

宗介は編集長の蘭子(LiLiCo)に、三ヶ月以内に売り上げ1位になれなければ廃刊という本社の決定を伝える。

宗介は

この危機を救うには、編集部員たちのポテンシャルを引き出す必要がある

と考えており、動揺させないよう、廃刊の危機は編集部員たちに伏せてほしいと依頼した。

ファッションの猛勉強!

その後、宗介はファッション用語が分からないまま提出された愛の議事録にダメ出し。

さらに

編集部にいるのなら、もっとマシな仕事をしろ!

とド叱る。

夜、梨沙が帰宅すると、愛は宗介との出来ごとに対しグチをこぼす。

しかし梨沙は、ファッションの仕事をしているのに「ファッション用語」を知っておくことは、当たり前だと愛を突き放す。

梨沙からも宗介と同じことを言われ、愛はふてくされて寝してしまう。

しばらくすると愛は自分の態度を反省し、梨沙が買っていた「ザ・モスト」を開くと、

絶対見ると思ってたよ!
ファッションと美容の事なら何でも聞いて!

という、ポストイットが挟まっていた。

その後、街を歩く女性たちが着ている服を言い当てたり、実際にブランド店へ行って服を手に取るなど、梨沙の指導による猛勉強を開始!

徐々に仕事にも慣れ、成果も上げられるようなってきた愛の急成長に、樋口も「ジャクソン、やるじゃん!」と舌を巻く。

しかし宗介は「そのぐらい当然だ」と認めない…。

あなた一人だけが頑張ってるんじゃない!

その後、宗介は次号の目玉企画として、海外の一流デザイナーとのアポに成功。

さらにデザイナーの過去コレクションを大量に購入し、交渉の事前準備を万全にしていた。

そして、デザイナーが帰国するまでの僅かな時間を使って、空港で交渉することになり、宗介は愛にタクシーの手配と荷物持ちを命じ、2人で空港へ向かう。

出発時、愛は宗介にどこの空港へ行くか尋ねるも、タブレットに集中していて返答がない。

愛は成田だと認識し、タクシードライバーに成田空港へ行くよう依頼したが、到着直前に宗介が慌てだし羽田空港だと判明💦

今からUターンしようにも羽田方向は大渋滞!

そこで愛はスマホで調べ、電車に乗ればギリギリ間に合うことを確認。宗介を駅で下ろし、自分はタクシーで空港へ向かった。

宗介は何とか時間に間に合い、交渉は成功したが、宗介は全ての服を見せることができず、満足な交渉が出来なかったと不満げ。

なぜ、こんな簡単なことも出来ない!

せめて足を引っ張ることはするな!!

と、愛に怒りをブツける宗介。

すると愛は、

自分の落ち度は棚に上げて、人の事ばかり責め立てて!

あなた一人だけが頑張ってるんじゃない!

タブレットばかり見ていないで、もっと周りを、人を見てください!

と訴えたが、宗介は何も答えずに行ってしまった。

愛が帰社した後も、宗介は目を合わせようとせず、重い空気になってしまう…。




憎い父

退社時、突然に大雨が降ってきた。

愛は会社の入口で折りたたみ傘を開くと、傘を目撃した宗介は梨沙にプレゼントしたものと同じ柄だったことに驚く。

宗介が不思議そうに見ていると、そこへ樋口がやって来て愛を飲みに誘い一緒に消えていった。

一方、梨沙はレストランのオーナーである父・満雄(中田敦夫)と会食。

会食では有力な議員の息子と見合いの話が来ていると言われたが、自分を仕事の道具のように扱い、苦労を掛け母を死に追いやった父を憎む梨沙は見合いを断る。

父からは「浮ついた男遊びは止めろ。見た目をいくら着飾っても中身は変わらない」と厳しい言葉を浴びせられるも、愛はすぐにその場を去っていった。

傷心の梨沙は愛に電話を掛けたが、樋口と居酒屋にいた愛は、宗介のことをグチりながら呑んでいて電話に気付いていなかった。

そんな中、宗介から電話が掛かってきた。

宗介は愛(梨沙)に元気が無いことを見抜き、食事に誘った。

フリスビー

洋食屋で合流した宗介と愛(梨沙)は、オムライスを食べることに。

梨沙が「何も聞かないんだね」と聞くと、宗介は「話したくなったら話せばいい」と気遣ってくれた。

そして食事後が終わり、2人は気分転換に外でフリスビー勝負をすることに。

宗介は「ミニスカートだと動きにくくて不利だから」と、梨沙の腰に自分のジャケットを巻いてあげる。

勝負が終わると梨沙の気分は不思議と晴れていた。そして、愛にガツンと言われ内心凹んでいた宗介も同じ気持ちに。

宗介は「愛といると仕事を忘れて、本当の自分に戻れる」と優しく語り掛ける。

そんな宗介に、梨沙はたまらず「あのね、私…」と自分の正体を明かそうとする。しかし、宗介の優しさに触れ、梨沙は言い出せなかった。。

あなたの知っている佐藤愛なの!

一方、居酒屋で呑んでいた愛は「私だって…」と、気落ちしていた。

飲みに付き合っていた樋口は、「知ってるよ。ジャクソンは頑張っている」と励ます。

そして店員がやってくると、うっかり躓き運んでいた水を零しそうになってしまう。樋口はとっさに愛に覆いかぶさり、濡れないように守ってくれた。

「親切ですね…」と、拓也の優しさに触れる愛。

飲み会はお開きになり、フラフラ状態の愛は酔った勢いで宗介に電話を掛ける!

おいコラ!このタブレット男。

ねぇ?何でそんなに失礼なの!?

お前の名前が気に入らない、って何様なのよぉ!

宗介は「どちら様ですか?」と冷静な対応。。

樋口は慌てて愛から携帯電話を取り上げようとするも、

はぁぁああ!?

おいタブレット!あたしの番号、登録しときなさいよ!佐藤愛って!

宗介「あぁ、総務部か」

違う!私は佐藤愛!

言っとくけど、同姓同名じゃないからね!

私はね、春ケ丘小学校5年2組の佐藤愛!

あなたの知っている佐藤愛なの!

愛は酔った勢いで幼馴染であることを暴露してしまい、宗介は固まってしまう。。

 

つづく…

彼女はキレイだった(日本)|3話 ネタバレ*感想【隣が似合う人間になりたい】ドラマ『彼女はキレイだった(日本)』3話のネタバレ・感想。2021年7月20日に放送。...
【彼女はキレイだった(日本)】ドラマ 動画の無料視聴|pandora*dailymotion の配信は?ドラマ『彼女はキレイだった(日本)』見逃し動画を1話〜最新話まで無料視聴する方法。pandora(パンドラ) や dailymotion(デイリーモーション)の配信は?2021年の放送で、主演は小芝風花・中島健人(Sexy Zone)。...

 

ドラマ「彼女はキレイだった(日本)」2話の感想

ドラマ「彼女はキレイだった(日本)」2話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました!

関連記事【彼女はキレイだった】各話のネタバレはコチラ

 

2021 夏ドラマ 39作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!