ネタバレ・感想

BG 身辺警護人 2020|3話 ネタバレ感想【野心を護る】



BG 身辺警護人 2020「第3話」が、2020年7月2日(木)に放送されました!

このページでは、BG 身辺警護人 2020「3話」の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

人気記事BG2|キャスト・各話のネタバレはコチラ

BG 身辺警護人 2020「3話」ネタバレ

BG 身辺警護人 2020「3話」ネタバレです。

投資詐欺の実業家を警護

多佳子(市川実日子)から、投資詐欺疑惑のある道岡三郎(豊原功補)の警備を頼まれた島崎。

道岡は足に怪我をして極秘入院したものの、病院のイメージが悪くなると言われる。そこで、退院まで警護をつけることを条件に入院。

だが、道岡は襲われた際に相手を挑発したため、大手の警備会社は手を引いていた。

早速、病室に挨拶に行った島崎と高梨だったが、道岡から憎まれ口を叩かれてしまう。しかし、病院には「道岡を助ける医者は許さない」と書かれた脅迫状が届いた。

その後、病室に「鈴木」と名乗る男が現れ、道岡は席をはずすよう指示。

ところが、お見舞いの花を置いたかと思うと、急に治療中の道岡の足を攻撃。高梨は咄嗟に男と揉み合いになり、島崎も止めに入った。

襲われる多佳子

道岡を警護することに疑問を持つ高梨に、クライアントは選びたくないと言う島崎。

手術当日になり、オペ室に向かっていた多佳子は、覆面をかぶった何者かに襲われてしまう…。

病室で警護をしていた島崎は、看護師から多佳子の姿が見当たらないと聞き、不審に思い探しに向かったところ、男に追われていた多佳子を発見!

島崎の姿を見た犯人は、その場から逃走。手術を開始することになった。

防犯カメラを確認していた島崎は、犯人の姿が映っていないことを怪しんでいた。そして、防犯カメラの位置を分かっている人物だと睨んだ。

リハビリを始める道岡

手術は無事に終わったものの、医学療法士の湯川(木村了)とともにリハビリを開始することになった道岡は文句タラタラ。

最初が大切だからと説得する秘書の小暮だったが、聞く耳持たず叱り飛ばされてしまう。

リハビリをしながら気遣う小暮に、道岡は「辞めろ」と告げたが「辞めません」と返答すると、今一番欲しい物を持ってこいと命令する。

小暮から「道岡の存在が人生を変えてくれた」と聞かされ、島崎は「自分にとっての高梨」だと思った。

そこへ、沢口が道岡についての情報を持って現れた。それを見た島崎は慌てて高梨に連絡し、道岡の居場所を尋ねる。

湯川とリハビリ中と聞いた島崎は「危ないのはそいつだ!」と、高梨に警鐘を鳴らす。

実は湯川の姉、道岡の投資詐欺の被害者で過去に自殺していた。

襲われる道岡

島崎からの電話で、高梨は悟られないように湯川と道岡を引き離そうとするが、戻ろうとしない道岡。

そこへ島崎も合流するが、湯川は豹変し道岡を確保しメスを向けた。

すると道岡は、湯川が自分を殺すために医学療法士になったのだと言い「殺せ!」と叫ぶ。道岡は、被害者の会で見かけた湯川の顔を覚えていた。

さらに、病院の女性清掃員・吉岡もやってきた。吉岡の息子も道岡の被害に遭い自殺しており、湯川と一緒に復讐を考えていた。

そこへ小暮もやってきた。

道岡は「誰かに止めて欲しいんだ」と漏らした。小暮は「あなたが一番欲しい物を持ってきました」と、投資詐欺の証拠を道岡に手渡した。

その後、道岡は警察へ出頭するので警護を頼みたいと依頼。

署へ到着した道岡から、自分の財産は被害者への支払いに充てられるため

警護料は刑を終えてからの出世払いにして欲しい。

必ずまた返り咲く!

と頼み込み、島崎は「分かりました」と了承してくれた。

 

おわり…

BG 身辺警護人 2020「3話」感想

BG 身辺警護人 2020「3話」の感想です。

第3話では、極悪投資家の「野心」を守りました。

どのくらいの刑期かは分かりませんが、道岡氏には「BG3」あたりできちんと支払ってほしいです!

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

BG 身辺警護人 2020 次回のあらすじ

「BG 身辺警護人 2020」次回のあらすじです。

「至急! 警護乞う!」と、ただごとではない様子で訴えるメールが、「島崎警備」のホームページに届いた。

島崎章(木村拓哉)と高梨雅也(斎藤工)は直ちに送信者・生田大輔(岡田義徳)に電話。なんと大輔は監禁され、今も見張られているという!

ところが…。教えられた住所へ急行すると、そこは大輔と両親が暮らす自宅。実は監禁というのは、すぐ来てもらうためについたウソで、本当の依頼は別にあったのだ――。

20年もの間、ニート生活を続けるアラフォーの大輔。

そんな折、出身小学校のクラス会開催の知らせが届き、“将来の夢”を書いた色紙を保管していたタイムカプセルを開ける行事も予定されていることが分かったという。だが、この行事に拒絶反応を示した大輔は、自分の色紙だけ先に回収してもらうよう、教師に頼みに行こうと決意。

外出には不安があるため、身辺警護を依頼したのだという。というのも大輔は、自分が常日頃より誰かに狙われている、と信じて疑っていなかったからだ!

にわかに信じがたい大輔の話…。

一向に働こうとしない大輔に常々苛立っていた父・生田洋次(平泉成)も「バカバカしい」と一蹴するが、章は「クライアントを信じる」と決め、高梨と共に大輔を警護。いざ小学校へと向かう。

ところが道中、大輔は“ある場所”まで来ると、なぜか遠回りになる道を選択。さらに、偶然出くわした同級生・谷口守治(丸山智己)の優しい言葉にも、完全に背を向けて…!?

そんな中、怪しい人影が後をつけてくるという、不穏な事態も発生!

大輔は急に小学校へ行くのを断念し、警護依頼も取り下げると言い出す。そんな息子にあきれ果て、見限ろうとする洋次。

だが、自らも“息子を持つ父”である章は、すれ違う大輔と洋次を放っておけず…。

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

人気記事BG2|キャスト・各話のネタバレはコチラ

関連記事
error: Content is protected !!