ネタバレ・感想

麒麟がくる|9話 ネタバレと感想【菊丸は忍者で初代服部半蔵保長か?】3/15



NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が、2020年3月15日(日)に第9話が放送されました。

今回は、麒麟がくる「第9話」

・あらすじ
・ネタバレ
・感想
・次回のあらすじ

をまとめさせて頂きました。

 

麒麟がくる「第9話」あらすじ

麒麟がくる「第9話」のあらすじです。

第9話:信長の失敗

輿(こし)入れしたものの祝言をすっぽかされた帰蝶(川口春奈)は、ようやく翌朝帰ってきた信長(染谷将太)と顔を合わせる。

奇妙な出で立ちだが、領民のことを思いやる姿、そして素直に前日の不在をわびる信長に興味をもつ。婚儀に上機嫌な信秀(高橋克典)と土田御前(檀れい)だが、信長が持参した祝いの品を見て、激しく叱責する。

父にも母にも愛されない孤独な信長の姿を見た帰蝶は、鉄砲の手ほどきを受けながら自分も父がときどき大嫌いになる以外は好きだと言い、信長に寄り添う。

一方、美濃の光秀(長谷川博己)はのちの正妻となる熙子(木村文乃)と懐かしい再会を果たしていた。

麒麟がくる「第9話」ネタバレ

駿府では、今川義元と太原雪斎、そして松平広忠が織田との戦について話し合っていた。

そして義元は広忠に、織田との戦いに備えておくよう命じた。

広忠、襲撃される

ところがその後、広忠は刺客に襲われ斬殺されてしまう。斬殺された広忠の遺体の元へ現れたのは、菊丸だった。

菊丸は、広忠が亡くなっているか確認しその場を立ち去った。

三河の刈屋城では、城主の水野信元と松平広忠の妹・於大の方が、広忠の脇差を手にし悲しんでいた。

於大の方は、兄の水野信元が今川から織田側へついた事で、広忠から離縁されていたものの、広忠の死に涙した。

そこへ菊丸が現れ、

「広忠亡き後、家督を継ぐのは竹千代。広忠を殺したのは、その竹千代を抱える織田の者ではないか?」

と訴える菊丸に、信元は竹千代を守る様にと命じた。

菊丸の正体は、のちに徳川家康を名乗る松平竹千代の実母・於大(松本若菜)とその実兄・水野信元(横田栄司)に仕える忍び。

水野兄妹の命を受け、情勢に翻ろうされた悲運の少年・竹千代に害が及ばぬよう、影で竹千代を守り続ける。

帰蝶と信長、初対面。

一方、尾張の那古野城で朝を迎えた帰蝶のもとへ、信長が戻ってきた。

泥だらけの信長に驚く帰蝶だったが、信長は昨夜来なかった理由について話し始めた。

信長によると

城下では、池に化け物が出るので田畑を耕せないと、村人たちの間で騒ぎになっていた。

そこで信長は、村人と一緒に池の水を汲み上げる作業を行い、その化け物を見つけようとしていた。

村人たちを安心させる為には、自分も一緒になって化け物の話を信じ、作業する事が大切だ。

と説明した。

ところが信長は、帰蝶を一人にし祝言をすっぽかした事に対して謝罪し、何か欲しい物はないかと尋ねてきた。

すると帰蝶は「お腹が空いた」と答える。

父の信秀が料理を用意しているため、それまでの間はこれで凌いで欲しいと「干しダコ」を帰蝶に手渡した。

「噛めば噛むほど味が出てくるぞ😊」

と言う信長。帰蝶は初めて口にする硬くて塩辛い干しダコを噛みしめた。

信長からの引き出物

信長と帰蝶は「婚儀の挨拶」をする為、末盛城を訪れていた。帰蝶から信秀に、父の利政から贈り物として運んできた盆栽を献上した。

すると信長も引き出物があると言い、信秀は引き出物の箱を開けた。

ところが箱の中には、松平広忠の首が入っていた。信秀は、帰蝶と土田御前をその場から退席させ、信長を叱責する。

今川義元と手を組み、尾張を攻めると思われた松平広忠の首を取った事で、父に褒められると思っていた。

と胸中を話す信長。

体調が優れない信秀は、義元に勝てる気がしないと告げたが、信長は美濃の利政が協力してくれるはずだと訴える。

和議を結んでからまだ日が経たない。利政はあてには出来ない。

と、信秀は改めて信長を叱った。

広忠の首が入った箱を抱え、信長はその場を後にした。

竹千代のIQは高すぎるのか

土田御前と帰蝶は、将棋を指していた信長の弟・信勝と竹千代の元へ。

竹千代に圧勝していた信勝に「次は手加減するように」と微笑んだ。縁側で水鉢の金魚を眺めていた竹千代は

「この金魚と自分は狭いところに閉じ込められ、同じ境遇だ。」

と帰蝶に話す。

人質の身で、全てがつまらない様子の竹千代。さらに、信勝との将棋も「わざと気を使って負けている」と呟く天才児・竹千代💦

竹千代は「信長との将棋は面白い。」と帰蝶に話していると、信長がやってきた。

信秀から叱られ機嫌の悪い信長は、近寄ってきた竹千代に目もくれずその場を去る。そして、那古野城に戻った信長は庭で鉄砲を撃ち始めた。

帰蝶にも「撃ってみるか?」と聞くと、帰蝶は怖気づく事なく喜んで返事をした。

信長に教わりながら引き金を引いた帰蝶に「筋が良い」と褒める信長。

鉄砲を見た帰蝶は十兵衛を思い出し、美濃に鉄砲好きな明智十兵衛という男がいる。と信長に話した。

その後、お互いの父親の話になり「時々、父の事が大嫌いになる」と意見が一致し、二人は微笑んでいた。

恋の病

一方、十兵衛は光安の使いで、妻木城に米を運んできていた。

妻木家の煕子とは幼なじみの十兵衛。久しく十兵衛と再開した煕子は、懐かしそうに昔の思い出を話しはじめる。

ある祭りの日、十兵衛が父に連れられ初めてこの屋敷にきた。

そして十兵衛が「大きくなったらお嫁においで」と言ってくれたと、煕子は話す。十兵衛は覚えていない素振りを見せたが、本当は記憶に残っていた。

その頃、牧と碁を指していた光安は、

「早く十兵衛に身を固めてもらいたい。」

と、妻木家に米を運ばせた狙いを話していた。そして妻木家の娘・煕子との縁が繋がる事を期待していた。

(狙い通りです。)

そこへ、妻木城から十兵衛が戻ってきた。

光安はさりげなーく、妻木家はどうだったかと聞いたが、煕子について何も言わない十兵衛に光安はがっかりする💦

そんな十兵衛への思いを未だ断ち切れず、恋の病を患ってしまった駒。

そんな駒を東庵は心配していた・・・

 

つづく

麒麟がくる「第9話」感想・次回のあらすじ

麒麟がくる「第9話」の感想です。

まずは演者の皆さんです。

ついに!菊丸の正体が明らかになり、様々なご意見が挙がっています。

その他、視聴者の皆さんの感想です。

麒麟がくる:次回のあらすじ

第10話:ひとりぼっちの若君

京を訪れていた旅芸人の一座の元で、駒(門脇 麦)は戦災孤児だった自分を拾い、育ててくれた女座長・伊呂波太夫(尾野真千子)と再会する。

その年の末、今川義元(片岡愛之助)が尾張の国境に侵攻してくる。

信秀(高橋克典)の元に人質として置かれていた三河松平家の嫡男・竹千代(のちの家康)の引き渡し要求に、道三(本木雅弘)は広い三河を今川に押さえられることに危機感を覚える。

光秀(長谷川博己)は帰蝶(川口春奈)を通して動向を探るべく那古野城へ遣わされたところ、信長(染谷将太)と出会う。

引用:公式サイト

 

それでは、最後までご覧いただき有難うございました!

人気記事麒麟がくる|ゲストキャスト・ネタバレ感想はコチラ 

関連記事
error: Content is protected !!