ドラマネタバレ・感想

TOKYO MER|7話 ネタバレ*感想【エリオットの約束】



ドラマ「TOKYO MER」7話が、2021年8月15日(日)に放送されました。

喜多見の過去を知る、公安の刑事とテロ組織の一員・エリオット椿が登場します!

このページでは、ドラマ「TOKYO MER」7話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「TOKYO MER」7話 ネタバレ

ドラマ「TOKYO MER」7話のネタバレです。

喜多見 vs 公安

先週の第6話で、麻酔科医・冬木(小手伸也)の息子・壮太(潤浩)くんの命を助けたことで、冬木の家庭は上手くいくようになっていた。

そして、メンバー間の結束も固くなったTOKYO MERに、一本の電話が入った。

それは、外国人労働者が原因不明の症状を訴えている現場で、さほど大惨事ではないため、喜多見(鈴木亮平)、冬木、看護師のホアン(フォンチー)で出動した。

現場では集団食中毒と思われたが、なぜか現場には多くの警察官が配備され辺りを占拠していた。

また、患者の一人が何かを伝えようとするも、清掃会社の社長が出てきて何も話させない状態。

事態の真相が見えないまま、傷病者を搬送しようとする喜多見だったが、そこに公安刑事・月島しずか(稲森いずみ)が現れ、患者の身柄を拘束してしまう!

しずかは喜多見のことを知る人物で、実は世界的なテロ組織・LP9が政府に無謀な要求を突きつけてきていた。

その犯人として疑われていたのが、この外国人労働者たちだった。

天沼幹事長(桂文珍)はLP9の要求を嘘だと言い張っていたが、実際に爆発が発生!

厚生労働大臣・白金眞理子(渡辺真紀子)は、事態を「TOKYO MER」に責任転嫁するため都知事の赤塚(石田ゆり子)を呼び出した。

喜多見に迫るエリオット椿

一方、外国人労働者の患者がなんとか訴えたことで、ビザが切れている16人の不法労働者が地下に取り残されていると判明!

社長はそんなことはないと隠そうとしたが、喜多見たちはレスキュー隊とともに突入。

すると目の前に倒れている大勢の患者を発見するも、しずかの指示待ちにより警官たちは手伝うことが出来ない。

しかしミンちゃんの懸命な訴えにより、警官たちの心が動き搬送を手伝ってくれた。そして死者を出すことなく、TOKYO MERは任務を終えた。

そんな中、患者の一人で、日本理科大学の清掃担当・マルジの指先が切られていた…。

大学の研究室には爆弾の材料があり、マルジの弟であるカルナはテロ組織「LP9」から大学の薬剤を持ち出すよう持ち掛けられたが断っていた。

そこで研究室の鍵を解錠するため、マルジの指先を持ち去っていた。

公安が喜多見を追っていたのは、喜多見がテロリストであるエリオット椿(城田優)との接触を警戒していたからだ。

そして、エリオットは救急隊員に紛れ、喜多見のすぐ近くまで来ていた。

その後「約束は果たしますよ、喜多見先生」というメールを送信した…。

 

つづく…

TOKYO MER|8話 ネタバレ*感想【空白の1年】ドラマ『TOKYO MER』8話のネタバレ・感想。2021年8月22日に放送。...
TOKYO MER|ドラマ 動画の無料視聴*ディレクターズカットありドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』見逃し動画を1話〜最新話まで無料視聴する方法。2021年の放送で、主演は鈴木亮平。...

 

ドラマ「TOKYO MER」7話の感想

ドラマ「TOKYO MER」7話の感想です。

音羽フラグ一級建築士について

==

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【TOKYO MER】各話のネタバレはコチラ

2021 秋ドラマ 15作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!