ネタバレ・感想

麒麟がくる|2話 ネタバレと感想【光安の黙れ小童ぁ!希望】



NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が、2020年1月26日(日)に第2話が放送されました。

今回は、麒麟がくる「第2話」

・あらすじ
・ネタバレ
・感想

をまとめさせて頂きました。

麒麟がくる「第2話」あらすじ

「道三の罠(わな)」

光秀(長谷川博己)に心を開いた望月東庵(堺 正章)と駒(門脇 麦)は、ともに美濃に向かうことになる。

しかしその行く手には、美濃の侵略をもくろむ尾張の織田信秀(高橋克典)の大軍が迫っていた。

多勢に無勢の中、籠城を決め込む斎藤道三(本木雅弘)。

光秀と道三の嫡男・高政(伊藤英明)は反対する。

攻め込む織田軍は井ノ口に突入するが、それは敵を欺く道三の作戦だった。

つづいて、麒麟がくる「第2話」のネタバレです。

麒麟がくる「第2話」ネタバレ

光秀・東庵・駒は、城まであと少しのところに居た。

高台から織田信秀の大軍に気付いた光秀は、急いで城へ向かう。

織田軍2万 vs 美濃4千

城へ着いた光秀は、明智のものは井ノ口の守りに着くことになったと、明智光安(西村雅彦)から聞かされる。

相手の大軍は2万、それに対し美濃は4千ほど。兵が足りないと道三は機嫌を損ねていた。

道三のもとへ行き、鉄砲を差し出す光秀。

すると道三は、旅の費用は渡したわけではなく貸したと言い出し、半分返せと言い出した。

返すアテがなければ、

「侍大将の首を2つ取れば帳消しにしてやる。」

と、言われ驚く光秀💦

その頃、信秀たちの大軍は木曽川を越え、村々を放火しながら稲葉山城下に進行。数で劣る光秀たちは、城下町の守りを堅め迎え撃つしかなかった。

道三に侍大将の首を獲るよう命じられていた光秀は、

「侍大将いずこー!」

と敵陣に向かっていく。

ところが、敵にどんどん攻め入られ、落城の報告を受けていた道三。

「兵を城に戻せ、そして、すべての門を閉め籠城する。」

と言い出す。

その頃、信秀のもとへ美濃の兵たちが引き始めていると知らせが入り、高揚する信秀。

美濃の兵たちは徐々に後退し、最後には門を閉めた。

敵の侍大将の首を2つ獲れと言っておきながら、籠城の判断を下した道三に光秀は納得がいかなかった。

 

信秀の乱波(スパイ)によると、半数の兵たちに酒が振る舞われていると信秀に報告が入った。一気に総攻めにかかれば落とせると判断。

しかし、高さがある山城は守りも堅く、攻める度に手傷を追うものが増える。

陣形を立て直し総攻めするために、兵たちを一旦引き戻すことにした。

道三、動く

道三が籠城の沈黙を破り、動き出した。

芝居はここまでじゃ。

織田軍は我らに背を向け、ノコノコ歩いておる。この機を逃していつ勝てる?

籠城はここまでじゃ!

全軍を集めよ!門を開け!織田軍を追い打ちにするのじゃ!

音も無く、風のように追うのじゃ!!

兵たちは、一気に攻めはじめた。

戦が一時中断し、ゆったりと寛いでいた織田軍は突如動き出した美濃の兵たちに驚く。

戦闘態勢が整わず、織田軍は美濃の兵たちに次々と斬られていってしまった。

一方、信秀のもとに美濃の軍政がコチラに向かっていると知らせを受ける。すると、美濃の軍政たちはもう目の前まで来ていた。

信秀「しまったぁぁ!」

 

その頃、光秀も侍大将の首を獲るべく、休戦モードの織田軍たちを追い打ちしていた。

光秀「名を名乗れー!」

光秀は次々と織田軍の兵たちを斬っていく。ところが、最後に追い込んだ兵は光秀の叔父・光安(西村まさ彦)にそっくりの兵だった。。

どんどん追い詰められていく織田軍。信秀も兵たちと戦っていたが、最後は退散。

勝利を確信した道三は、「エイ!エイ!オー!」と叫び、美濃の軍政たちと勝利を祝った。

一方、間一髪にげきった信秀だったが、弟の信康は矢で射抜かれていた。

信秀「城へ帰って、寝るかぁ…」

武士の誉れ

勝利を喜ぶ城下の町民たち、しかし、2万の兵と戦った美濃の軍政たち。東庵と駒は、負傷した兵たちの手当に追われていた。

そして、光安も負傷し手当てを受けていた。

すると、侍大将を討ち取ったと聞いた東庵が祝福してくれたが、光秀はおめでたい気分ではないという。

織田軍の兵が光安に似ていた。急にためらいが。

それで首を落とすのが遅れてしまい。。

その時、妙なことを思うていたのです。

これが武士の本懐かと。誉れかと。

しかし戦は戦だ。勝たなければ自分が討たれる。

戦がある限り、勝つしかない!

首を落とすのをためろうた自分を愚かだと。武士の誉れ…。

東庵は、

「良いではありませんか、それでお勝ちになった。」

駒からも、

「おめでとうございます!」

祝福してくれたが、光秀は浮かない表情だった。

蝮の毒

一方、道三は土岐頼純の元を訪れていた。

(頼純は、道三の娘・帰蝶の婿。)

帰蝶は、織田軍2万の兵に対し4千ほどの兵で戦う状況と知っていたにも関わらず、万が一に備え、なぜ鎧兜を身に纏わなかったのか?と異を唱えた。

道三「もうよい。そなたは下がっておれ。」

と伝える。

道三は続けて、今回の戦がなぜ起きたのか?その事情に頼純が関わっている。

「織田信秀と取引なさいましたな?」

美濃を討ち取れば、それ相応の領地を与えると頼純が言ったという。

さらに道三は、織田と繋がっている証拠があると話す。

三ヶ月前、頼純が織田信秀の舎弟・信康に出した手紙を証拠として見せた。

もともと、土岐家と尾張の織田家には深い絆があり、何かあれば共に戦う中であることをよく知っている。

美濃や土岐家のためにどれだけ尽くしてきたか分かるだろう?と、道三は問うた。

すると取り乱しはじめた、頼純。

・油売りだった道三の父に温情を掛け、夜に出してやったのは土岐家。

・その恩を忘れ、土岐家を2つに裂き、美濃を我が物のごとく振る舞っている。

頼純は道三の振る舞いが気に入らず、織田家と取引し、美濃ごと潰そうとしていた。

しかし道三は、恩は忘れたのはどちらだ?という。

・言うことを聞かない頼純を守護の座につけた。

・娘まで差し出した。

道三「頼純ぃーー!!」

その場を去ろうとする頼純に、座れと促す道三。

再び席に着いた頼純に、色々と不満があるようなのでじっくり聞きたいと提案する。

道三は茶を淹れ、頼純に差し出すと詩を詠みだした。

すると茶をガブ飲みした頼純は、急に咳き込み苦しみもがき始めた。

道三が淹れた茶には毒が盛られていた…。

 

つづく

麒麟がくる「第2話」感想・次回のあらすじ

麒麟がくる「第2話」の感想です。

第2話では、光秀が織田軍の侍大将を討ち取ろうとした際、顔が明智光安(西村まさ彦)に似ていて討つのを躊躇うシーンがありました。

視聴者の皆さんからは、光安が登場する度にこんな期待が↓…。

父親でしたら、あんな婿には嫁がせたくないです。。

道三を演じる本木雅弘さんの演技に、反響の声が多かったです。

威圧感とオーラがひしひしと伝わってくる演技で、見入ってしまいます💦

麒麟がくる「第3話」あらすじ

夫を亡くした帰蝶(川口春奈)は明智荘を訪ね、光秀(長谷川博己)や駒(門脇 麦)らとつかの間の気の置けないひとときを過ごし、笑顔を取り戻す。

一方、道三(本木雅弘)は、より操りやすい土岐頼芸(尾美としのり)を美濃の新しい守護として擁立しようとする。

内心、道三のことを嫌う頼芸は、高政(伊藤英明)に自分が実の父親であるかのようにほのめかす。

引用:公式サイト

麒麟がくる|3話 ネタバレと感想【今川ラブリンが登場!!】大河ドラマ「麒麟がくる」3話のネタバレと感想。2020年2月2日放送。...

それでは、最後までご覧いただき有難うございました!

人気記事麒麟がくる|ゲストキャスト・ネタバレ感想はコチラ 

関連記事
error: Content is protected !!