ネタバレ・感想

スーツ2『11話』ネタバレ・感想【痛みを背負って生きろ!】



2020年9月21日(月)に、SUITS/スーツ2「第11話」が放送されました。

このページでは、SUITS/スーツ2「11話」の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回の予告とあらすじ

についてご紹介します。

SUITS/スーツ2「11話」ネタバレ・あらすじ

SUITS/スーツ2「11話」のネタバレです。

ひさびさ藤嶋

甲斐と大輔は、クライアントの社長夫人・美喜子の家を訪れていた。

依頼内容は、息子の信吾がひき逃げ事故。被害者の容態は安定しているという。

飲酒はしていなかったが、大輔は両親を交通事故で亡くしているため、冷静さを欠き態度に出てしまう。

甲斐は本件から手を引くように指示するも黙っていられない大輔は、勝手に被害者の調査をはじめる。

信吾によると、いきなり人が飛び出してきて避けられなかったという。その後に通報し、逃走。信吾に出頭するよう助言し、大輔が付き添い警察へ出頭させた。

その後、検察庁に行った甲斐と大輔は、信吾の担当検事・藤嶋(上白石萌音)と面会。藤嶋はシーズン1で甲斐が争ったことがある検事だ。

示談を主張しようとする甲斐たちに、被害者が急変して亡くなったと知らされた。

////

その後に、

  • 被害者が事故当時黒い服装だったこと。
  • 指に塗料が付いていたこと。

突き止めた大輔。

事故現場の付近には壁にスプレーでペイントされる事件が相次いでおり、被害者は逃走中に事故に巻き込まれたのでは?と大輔は考えた。

早速、大輔は藤嶋を尋ねたが、信吾が佐竹コンサルティング社長の息子だと知り、取引を持ち掛ける藤嶋。

幸村・上杉法律事務所に転職したい。と言い出した💦

甲斐に藤嶋の意向を報告したが、甲斐はその気はないと返答された。。

かけがえのない息子

甲斐は大輔に、被害者の遺族に示談交渉するよう指示する。

しかし、大輔は自分の両親が事故に遭った際、示談に訪れた弁護士のことを今でも覚えていて、気乗りしなかった。

被害者の両親が営むラーメン店に出向いた鈴木は、示談交渉を提案。応対した母親は、息子のスプレーの件で迷惑をかけたと、申し訳なさそうに謝罪される。

大輔が金額を提示して欲しいと告げると、息子の借金と葬儀費用として200万円あればいいと言われる。

それを聞き、1000万円を提示してサインを求める大輔に、そばで聞いていた父親から「息子にそんな価値はない」と言われる。

しかし大輔は、

非行に走っていたとしても、二人にとってかけがえのない息子であることは変わらない

と両親を説得し、サインを貰った。

その後、怜が大輔の家に来て仕事の話をしていたが、もう会うのは止めようと切り出した大輔。

すると、怜は聖澤さんのことを引き合いに出したが、大輔は「聖澤さんと付き合うことはない」と返答。

怜は「さようなら」と告げ、その場を立ち去った。




信吾のもう1つの真実

その直後、呼び出され信吾の自宅へに向かった大輔。

示談書を見せ信吾からサインをもらった。書き終えた後、信吾は大輔に言っておきたいことがあると言い、

飲酒はしてないが、前にパーティですすめられたドラッグをやっていた。

と話してきた。

何のドラッグかは分からないと言う信吾に、大輔は「痛みを背負って、生きろ!」と厳しく伝えた。

しかし、ドラッグの件があり動揺を隠せなかった。

〜翌日〜

大輔は甲斐にドラッグの件を報告したが、自分たちは知らなかったことにして、そのまま示談で済ませようと判断する甲斐。

それに対し、知ってしまったからにはこのままにはできないと反論する大輔。

一方、怜は聖澤を呼び出して大輔と別れたことを打ち明けた。自分には関係ないと言う聖澤に、大輔が聖澤を好きな気持ちは本当だと伝えた。

藤嶋との契約がコッソリ成立

蟹江は、ハーバード卒の鮎川をアソシエイトとして雇用することになった。

そこで、大輔の名前を出すと、書記官をしていた鮎川は日本人の卒業生は全て把握していると言う。

大輔のことがバレると悟った甲斐は、チカに報告し鮎川の採用を取り消させる。そんなチカに、蟹江は自分が裏切ったことをまだ怒っていると不満タラタラだった。。

////

一方、大輔は両親を轢いた相手の弁護士事務所を訪ね、自分が人を轢いてしまったと嘘をつき弁護をして欲しいと依頼。

すると、そういった依頼は受けていないと返答された。

キレた大輔は、自分の両親の話をして依頼を受けたはずだと非難するが、弁護士に開き直られてブチ切れる大輔。

その後、大輔は藤嶋のところへ行き、信吾が事故当時ドラッグをやっていたと告げると、藤嶋から、

20歳の若者を検察に売るのは、弁護士として間違っている。

と言われる。

実は甲斐が先に手を回し藤嶋と取引をしていたようで、示談を進める代わりにアソシエイトとして雇用することになっていた…。

 

つづく…

SUITS/スーツ2「11話」感想

SUITS/スーツ2「11話」の感想です。

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

全話配信スーツ2|1話〜最新話まで全話見る【2週間→無料】

SUITS/スーツ2 次回のあらすじ

「SUITS/スーツ2」次回のあらすじです。

甲斐(織田裕二)や大輔(中島裕翔)の活躍もあって、『幸村・上杉法律事務所』の内紛はチカ(鈴木保奈美)の勝利に終わったが、お家騒動があったことは他ファームだけでなく、クライアントの間にも広く知れ渡っていた。

れを不安視するクライアントの中には、『幸村・上杉法律事務所』との顧問契約を見直そうとする動きが起き始める。

動画配信サービスを手がける『ネットフィルム』の社長・五十嵐数馬(粗品)もそのひとり。甲斐に会った五十嵐は、進めていた株式公開と顧問契約の両方を再考したいと言い出す。

苛立つ甲斐は、遅刻してきた大輔に怒りをぶつけ、やる気がないなら突き落とす、と言い放つ。

一方、蟹江(小手伸也)も、チカから『ステラ証券』が契約を打ち切るという情報を教えられる。アソシエイトの八木田(坂口涼太郎)がミスをしたせいだと考えた蟹江は、明日までに契約書を作り直せ、と命じた。

その夜、大輔は、元同僚の松井圭介(間宮祥太朗)から、彼が所属している『ブラットン法律事務所』に来ないか、と持ちかけられる。その際、大輔は、『ブラットン』が他のアソシエイトも引き抜こうとしていることを知る。

『ブラットン』は、『コースタル・モーターズ』の一件で、甲斐に和解を勧めた弁護士・副島(清水ミチコ)がいるファームだった。

甲斐やチカは、副島の背後で暗躍する人物、上杉(吉田鋼太郎)の存在を感じ……。

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【スーツ2】キャスト・各話のネタバレはコチラ

全話配信スーツ2|1話〜最新話まで全話見る【2週間→無料】

関連記事
error: Content is protected !!