ドラマネタバレ・感想

ドクターX シーズン7|最終回 ネタバレ*感想【タコパ】



ドラマ「ドクターX シーズン7」最終回(10話)が、2021年12月16日(水)に放送されました!

蜂須賀はどーなってしまうのか、注目の最終回です…。

このページでは、ドラマ「ドクターX シーズン7」最終回(10話)の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「ドクターX シーズン7」最終回 ネタバレ

ドラマ「ドクターX シーズン7」最終回(10話)のネタバレです。

感染症から“未来の命”を救いたい。

純粋かつ崇高な理念を貫き通し、ついに念願の「感染研究センター」設立の夢が叶う直前の蜂須賀(野村萬斎)を重度のがんが襲う!

しかもその病状は、天才外科医である未知子(米倉涼子)ですら“厳しい手術”になると予感するほどだった。

ところが、「感染研究センター」を見学した海外の感染症研究所所長が、帰国直後に前代未聞の猛威を振るう新型ウィルスへの感染が判明。

蜂須賀自らが案内し博士と握手も交わしてたため、蜂須賀も感染の疑いが懸念され、センターを緊急封鎖する。

蜂須賀はすぐさま院内の人間に避難を促すと共に、自分「感染研究センター」の中に残留し対策にあたる。

ニュース番組のリモート取材にも応じ、国民の不安を煽らないよう落ち着いた態度で患者の容態を報告。

「感染拡大は必ず食い止める!」

と、呼びかけていた。

蜂須賀はガンの進行も待ったなし。未知子はあらゆる覚悟を決め、蜂須賀のオペを翌日に実施すると宣言する。

しかし、蜂須賀は頑として「感染研究センター」から一歩も出ようとしない。

蜂須賀の緊急オペ

そんな中、第二のパンデミックも危惧され、東京都知事・南勝子(萬田久子)は緊急対策会議を開き、「東帝大学病院」の院長代理・蛭間(西田敏行)を追及する。

のらりくらりと回答していた蛭間の元に、鍬形(小藪千豊)から

「患者は蜂須賀自身で、大門が手術を始めた」

と、衝撃的な内容を耳打ちする。

その頃、東帝大病院では、窓を突き破って蜂須賀を引っ張り出した未知子が、蜂須賀の作った抗体を投与し手術を始めようとしていた。

一人で対応しようとしていたが、城之内(内田有紀)がフォローに入る。

手術が始まり、海老名(遠藤憲一)、原守(鈴木浩介)、加地(勝村政信)、大間(今田美桜)たちも加わった。

難しい手術に加え、感染症のため心筋が弱っていた蜂須賀。

途中、興梠(要潤)も手術に加わり、オペスピードが早くなったその時、蜂須賀の心臓が止まる。

蛭間は手術を辞めるよう指示するも、未知子たちが聞くはずもない。

退院予定の妻・華(藤真利子)が、金と権力のことばかり考えている蛭間を一喝。

分院の契約を勧められそうになっていたが、蛭間は蜂須賀の手術を見守ることに。

モーリタニアのタコ

未知子は心膜を切り、心臓を直接手のひらにのせてマッサージをする。そして、心臓を戻すと動き出した!

手術は無事に成功。

手術に参加したメンバーは2週間の隔離を終え、誰も陽性にならずに済んだ。

昌(岸部一徳)の請求額は驚くほどだったが、蛭間も華も別荘を売ってでも払うという。

//

感染症研究のため、サフィリスタン王国へ向かうことになった蜂須賀は、ぎこちない言い方で未知子を誘う。

サフィリスタン王国の近くに、タコがとれる「モーリタニア」があったことから

「タコを一緒に食べませんか?」

という誘いだった。

恋に疎い未知子は、蜂須賀に連れていってもらった高級すし屋で蜂須賀を待っていた。

その頃、蜂須賀は空港に来なかった未知子のチケットを眺めながら、飛行機に乗り込んでいった…。

 

つづく…

ドラマ「ドクターX シーズン7」最終回の感想

ドラマ「ドクターX シーズン7」最終回(10話)の感想です。

==

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【ドクターX シーズン7】キャスト・ネタバレはコチラ

 

2022 春ドラマ 25作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!