ネタバレ・感想

10の秘密「最終回」ネタバレ・結末と感想【結果オーライ】3/17



ドラマ・10の秘密「最終回(第10話)」が、2020年3月17日(火)に放送されました。

今回は、10の秘密「最終回」の

  • あらすじ
  • ネタバレ
  • 感想

についてまとめてみました。

10の秘密「最終回」あらすじ

はじめに、10の秘密「最終回」のあらすじです。

死んだと思われていた由貴子(仲間由紀恵)の生存が確認された。

由貴子が生きていることを知った圭太(向井理)は、瞳(山田杏奈)のためにも今度こそ元妻と決着をつけようと決意する。

と同時に、“10年前の火事の夜”の出来事について、どうしても由貴子本人に確かめたいことが。奪われたパスポートを取り戻すために、必ずもう一度接触してくる―そう確信した圭太は、由貴子からの連絡を待つことにする。

一方、翼(松村北斗)は新聞記者の只見(長谷川朝晴)の手を借り、10年前に母親を死に追いやった長沼(佐野史郎)を糾弾しようとするが、決定打に欠け、あと一歩のところで攻めあぐねていた。

その状況を聞いた竜二(渡部篤郎)は、最後の切り札を手に、社長室のドアをたたき…。

しばらくして、圭太の元には予想通り、警察の手が迫り八方ふさがりになった由貴子から連絡が入る。逮捕のチャンスだと考えた圭太は、由貴子の逃亡に必要なパスポートを持って、指定された場所へ向かうが…。

家族、お金、権力のために、それぞれが守り抜いてきた“秘密”が暴かれたとき、最後に待っている衝撃の展開とは―!?

引用:公式サイト

10の秘密「最終回」結末・ネタバレ

10の秘密「最終回(10話)」のネタバレ・結末です。

ついに長沼が

刑事たちが、圭太の自宅が訪れた。

すると、由貴子を空港で見かけたという証言があり、空港の防犯カメラにも映っていた。そして「圭太も共犯では?」と疑われてしまう。

その後、由貴子を重要参考人として捜索すると言われた。

圭太はもう一度「由貴子」と話をして警察に自首させ、全てを終わらせたいと考えていたが、

「瞳はまた元に戻りたい。圭太の節約レシピを食べたい。」

と心境を告白した。その後、瞳は念のため圭太の母へ預けられた。

只見と会っていた圭太と翼。

録音だけで訴えるなら、長沼は逆に名誉毀損で訴えると言っており、もっと確実な証拠は必要だった。

////

その頃、宇都宮は長沼の社長室にいた。

宇都宮は長沼に矢吹のメモ帳を差し出した。以前、宇都宮が長沼に渡し燃やしたはずのメモ帳は、宇都宮が書いたダミーだった。

そこまでして私を追い込みたいのか?と聞く長沼に、宇都宮は帝東建設を守りたいと話す。品川だけでなく、過去の偽装までバレたらおしまい。

「帝東建設を守りたいキモチは、誰よりもあなたが強いのでは?」と長沼に訴えた。

その後、只見と圭太は宇都宮から「数日中に、品川の偽装建築は社長の指示で行われた。」という内容で、マスコミ各社に流すと伝えられた。

ただし、ホンモノの矢吹のメモ帳とUSBを手渡すので、過去の偽装は触れないことで一致した。

由紀子と消えた3億円

圭太の母・純子は、由貴子と会っていた。

そして由紀子は、瞳には幸せになってほしいと告げ出ていった。2人の話を聞いていた瞳は、由貴子を追いかけ「さようなら!お母さん。」と叫んだ。

帝東建設からのコメント発表に合わせ、只見は第1弾の記事を出すことにした。さらに、長沼は「矢吹が自殺した理由」も掲載した。

一方、社用車に乗ろうとした長沼は、マスコミに囲まれてしまう。そして、その場にいた翼を見つけると、

知られるのが怖かったんだ、あの夜から。

大切な人を奪ってしまって、本当にすまなかった。

長沼は深々と頭を下げ、翼に謝罪した。

////

その頃、由貴子と二本松は地下駐車場に。

車に3億円のスーツケースを乗せ、後日、金は送金しますと話していたが、そこへ警察と刑事たちが現れる。

二本松が警察を食い止めている間に、何とか逃げる由貴子。しかし、二本松は逮捕され3億円も押収された。

////

菜七子と話していた圭太のもとへ、非通知で電話が入った。

電話の主は由貴子で「パスポートまだ持ってる?会える?」と連絡があり、翌朝7時に待ち合わせすることになった。

圭太はすぐに警察へ連絡し、翌日会うと伝えた。

10の秘密「最終回」結末

〜翌朝〜

約束どおり、圭太は由貴子と対面した。

パスポートを渡す前に、10年前の火事のことを聞きたいと言う圭太。

あの火事の日、二手に分かれて瞳を探していたが、由貴子は1時間くらい帰ってこなかった。さらに長沼が言っていた

「だって彼女は、あの火事のとき…」

という発言は思い出し、圭太は「由貴子も知ってたんじゃないか?長沼がやったことを。」と問い詰める。

圭太の予測は珍しく当たり、由貴子は事実だと認めた。

瞳を探していたとき、頬に血がついた長沼が目の前を走り去っていくのを見た。どこかで見たと思ったら、当時、帝東建設の次期社長と言われていた長沼だった。

圭太は

「あの日、自分が秘密にしよう」

と言わなかったら、由貴子は長沼のことも全て警察に話したんじゃないないか?

と尋ねると、由貴子は、

あのとき、自分にも問いかけてた。

この秘密、墓場まで持っていける?その覚悟ある?

そして覚悟を決めた由貴子は、正しいことよりも上を目指すことを選んだ。

由貴子は長沼に「私は隠し通せます。秘密は絶対に守ります。」と伝えると、君の望みはなんだ?と聞かれ、長沼の「顧問弁護士」に就任していた。

由貴子と圭太がこれまで抱えてきた秘密は、それぞれ違っていた。

由貴子から真実を聞いた圭太は、パスポートを地面に置いた。

実は圭太、由貴子とは夜19時に会うと警察に嘘をつき、周りには誰もいない状態で会っていた。

由貴子は、パスポートを受け取りその場を去った。

////

その後、圭太は警察にすべてを話した。ただ1つ、パスポートのことは除いて。

瞳は自宅に戻り、笑ってくれた。

長沼がすべてを被ってくれたおかげで、宇都宮は元の役職に戻っていた。そして、圭太も再就職することができた。

 

おわり

10の秘密「最終回」感想

10の秘密「最終回」の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました!

人気記事10の秘密|キャスト・ネタバレはコチラ

関連記事
error: Content is protected !!