ネタバレ・感想

麒麟がくる|4話 ネタバレと感想【竹千代がカワイイ!】2/9



NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が、2020年2月9日(日)に第4話が放送されました。

今回は、麒麟がくる「第4話」

・あらすじ
・ネタバレ
・感想

をまとめさせて頂きました。

竹千代役の子役はコチラ

https://dramarcs.com/kirin-takechiyo/

 

麒麟がくる「第4話」あらすじ

麒麟がくる「第4話」のあらすじです。

◉第4話:尾張潜入指令

医師望月東庵(堺正章)が京へ帰る日がきた。

が、道三(本木雅弘)は望月が織田信秀(高橋克典)と内通しているとの情報を得ていて、東庵に、織田方の情報を美濃に流すよう指図する。

しぶる東庵に道三は駒の命を人質にすることでようやく納得させ、情報を流す相手として光秀(長谷川博己)を指名する。

つづいて、麒麟がくる「第4話」のネタバレです。

麒麟がくる「第4話」ネタバレ

1548(天文十七年)春。

小豆坂の戦いは両軍譲らず痛み分けに終わったが、織田軍の消耗はひどかった。

東庵の首を斬れ!

鉄砲の練習をしていた光秀。

なかなか的(鎧)に当てることが出来ず、明智家・家臣の藤田伝吾に「弓を引けば、美濃で12を争うお方が…」と失笑されてしまう。

光秀は、コツは掴めた!とムキになる。。

一方、医者の東庵が京へ戻ることになり、光安と光秀は稲葉山城へ呼ばれる。

帰蝶の母「お見の方」も病から回復し、帰蝶からは笑顔が溢れる。駒との別れを名残惜しむ帰蝶は、東庵だけ帰しそのただけ残ったらどうじゃ?と提案する。

しかし、頂いたお代をすべて賭け事につぎ込んでしまうので、東庵に付き添っておかなければ心配という駒であった。

そのころ東庵は利政のもとへ呼び出され、お代とお礼を言われていた。

明日、美濃を出発するという東庵へ、京へ戻るのではなく尾張の織田信秀のところへ行くのでは?と、東庵へ指摘された利政。

さらに、双六(すごろく)で大敗し未だに十貫ほどの借金があることも見抜かれていた。

東庵は笑い、尾張へ向い双六の借金を返そうと思っていたと伝える。

利政は、小豆坂の戦いで負傷した織田信秀からどんな病なのかを教えてほしいと提案。しかし、それは出来ないと断る東庵。

織田は美濃の敵。信秀が重病なのか?軽症なのか?知っていれば、攻め込まれたときに策略の立てようがあると利政は訴える。

すると利政は、

「では、首を跳ねるまで!」

「十兵衛!東庵を連れてきたのはそなたじゃ。」

「今スグ斬れ!」

と、光秀に命じる。

怖気づいた東庵は、信秀の病を報告すると利政に伝えた。その代わり、双六の借金十貫を薬代に上乗せしてくれれば、織田の病状を伝えると言った。

「嫌なら、どうぞワシの首をお跳ねください。」

と言う東庵。

光秀は「もし帰ってこなかったら…」と不安になったものの、利政は駒を人質に取り戻って来なければ殺せばいいと言います。

結果、取引は成立し東庵は尾張へ向かった。

信秀の症状は?

光秀は農民に紛し、菊丸(岡村隆史)と共に兄弟と偽り無事に尾張へ潜入。西三河から来て、あちこちで薬草を売り歩いているという設定。

一方、東庵は織田信秀のもとへ。2人で双六をやりつつ、

・信秀の様子をしっかり見て、それを伝えろと言われたこと。

・道三から双六の借金を肩代わりしてもらったこと。

東庵は包み隠さず信秀に伝えた。

そして、今川軍との戦いで流れ矢が当たったという信秀を東庵が診断。まだ少し痛みがあり、怪我をしてから3日ほど経っているという。

東庵は、なぜ自分を呼んだのか?と信秀に尋ねると、

この傷のことではない。

夜寝ておると、びっしょりと汗を書き嫌な夢を見る。昼間はこのとおり、ケロリとしておるのじゃ。どの医者に診せても訳が分からんと言う。

本当は双六をやるために呼んだのでは?と言う東庵に、近からずも遠からずと信秀は話す。東庵は何か思う処あるような面持ちだった。

逆に、美濃のようすについて教えろと話す信秀。

そこへ遅れて、光秀と菊丸が薬草を届けに来たと報告が入る。すぐに向かおうとしたが、双六の決戦が終わってからにしろ!と信秀に言われてしまう。

竹千代が登場

東庵を待っていた、光秀と菊丸。

するとそこへ、竹千代が現れ

「三河の刈谷まで連れってほしい。礼は望みのままに遣わす。刈谷の城へ!」

と言ってきた。

どうやら竹千代は、母上がいる刈谷の城へ行きたいようで、間もなく移される熱田へは行きたくないと訴えてきた。

その頃、家臣たちが慌てて竹千代を探し回っていたが、光秀は急いで竹千代を隠す。

家臣たちがいなくなった隙を見計らい、竹千代に、

私たちに出来るのはココまでです。この城は守りが堅い、内も外も大勢のものが目を光らせています。三河の母上もそれ相応の覚悟でこの尾張へ送り出されたハズ。抜け出して戻ったとしても、母は辛い想いをされるだけかもしれぬぞ。

と伝える。

竹千代はもう3年も母上に会っていなかった。そして父上は、別の城にいて母を刈谷の城に追い払い、今川義元の家来に成り下がったとのこと。

竹千代「父上は大嫌いじゃ!」

逃げられぬと思うか?という竹千代に、光秀は静かにうなずいた。そして、美濃から持ってきた「干し柿」をあげた。

光秀は「いずれ母上に会える日が来ます。待つことです。」

竹千代は淋しそうな表情でその場から去っていった。

菊丸は三河出身のため竹千代のキモチがよく分かると言う。

尾張と駿河に挟まれ両国から荒らされており、どちらかの力を借りなければやっていけない、そんな国。今は我慢して尾張に頭を下げて、若君を人質に差し出して。悔しいけど。

そう話していると、ようやく東庵がやってきた。

無事に薬草を渡し、代金を受け取り光秀と菊丸はその場を去る。

一方、東庵を待っている間、1人で双六をしていた信秀は、

「東庵殿に薬草を届けたものを捕らえよ。」

「怪しいものなら斬れ!」

その頃、菊丸と光秀は山道を歩いていた。すると、6名の武士たちに囲まれてしまう。そして、身元を確認したいので一緒に来いと言われてしまう。

光秀はすぐに敵の刀を奪い、菊丸には走って逃げろと指示。

すると、木陰から武士たちに石を投げてくれ、誰かが光秀を救ってくれた。その隙に光秀は菊丸と合流し、何とか逃げることができた。

信秀の診断結果は

光秀と菊丸は無事に美濃へ帰ってきた。

すぐに東庵からの内容を利政へ報告。

・信秀が負った流れ矢の傷は重い。

・矢の根が取り切れておらず、そこから体内に毒が回り、わずかに発熱がある。

・あれでは、いつ倒れてもおかしくない。

・もろもろ勘案して「重篤」と診断。

との一報によくやったと喜ぶ、利政。そして、駒と東庵の開放を許可してくれた。

〜翌朝〜

常在寺住職「日蓮」が稲葉山城へやってきた。

近頃、京の本能寺が種子島と繋がり、密かに鉄砲を作らせている。将軍・足利義輝は、いずれ弓矢に変わる恐るべき戦道具になると言っていた。

との報告が入った。

光秀は、ようやく鉄砲の弾を的に当てることが出来た…。

 

つづく

麒麟がくる「第4話」感想・次回のあらすじ

麒麟がくる「第4話」の感想です。

今回は、演者さんたちからの感想です。堺正章さんと岡村隆史さんです😊

麒麟がくる|竹千代(たけちよ)役の子役は誰?岩田瑠聖くんがカワイイ!麒麟がくる「第4話」で、竹千代役(たけちよ)の子役は誰?岩田瑠聖(いわた・りゅうせい)のプロフィールと出演作品を紹介。カワイイ画像や動画も!...

麒麟がくる「第5話」あらすじ

道三(本木雅弘)の命を受けた光秀(長谷川博己)は、鉄砲の作り方に加え、なぜ将軍家が鉄砲を大量に必要としているのか探るべく、再び京へ向かう。

腕利きの鉄砲鍛冶・伊平次を探しやってきた本能寺で、将軍・足利義輝(向井 理)の護衛でやってきた三淵(谷原章介)と再会をする。

将軍家も伊平次を探しているが忽然(こつぜん)と姿を消したという。

三淵に連れられて松永(吉田鋼太郎)の元へ向かった光秀は、松永から、鉄砲の真の力とはお互いをけん制させ、戦を減らす抑止力になることであると聞く。

引用:公式サイト

麒麟がくる|5話 ネタバレと感想【十兵衛は命の恩人?】2/16大河ドラマ「麒麟がくる」5話のネタバレと感想。2020年2月16日放送。...

それでは、最後までご覧いただき有難うございました!

人気記事麒麟がくる|ゲストキャスト・ネタバレ感想はコチラ 

関連記事
error: Content is protected !!