ドラマネタバレ・感想

推しの王子様|8話 ネタバレ*感想《好きな気持ちにフタをする》



ドラマ「推しの王子様」8話が、2021年9月2日(木)に放送されました。

8話も切なかったです、行動とホントの気持ちは真逆だから…。

このページでは、ドラマ「推しの王子様」8話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「推しの王子様」8話 ネタバレ

ドラマ「推しの王子様」8話のネタバレです。

なぜか決められない泉美

航(渡邊圭祐)は、泉美(比嘉愛未)に好きだと告白した。

しかし泉美の答えは、尊敬の気持ちを誤解しているだけだと返し、航の人生は航自身が作るものだから別々の道を歩こう、と突き放した。

「今まで、ありがとう。」

そう言い残し、泉美は寝室に入ってしまう。

翌朝、航は泉美と顔を合わせることもなく、静かに彼女の家を出て行った。

それから、8ヵ月。

「ペガサス・インク」が発表した新作乙女ゲーム「恋する森の中へ」は、史上最速で300万ダウンロードを記録する大ヒットとなり、航はそのプランナー兼デザイナーとしてテレビの取材を受けるなど、乙女ゲーム界のプリンスとして注目を集めていた。

「ペガサス・インク」から内定をもらった杏奈(白石聖)との交際も順調だった航は、多忙な業務の間を縫って、新作ゲームの企画書も準備。

有栖川(瀬戸利樹)にそのことをバラされてしまった航は、泉美に企画書を手渡す。

一方、光井(ディーン・フジオカ)は、ゲーム会社を立ち上げた大学時代の友人・安藤(平原テツ)から、一緒にやろうとヘッドハンティングを受ける。

「何のためにペガサス・インクにいるのか?」

と安藤から問われた光井は言葉に詰まってしまい…。

ある日の会議で、泉美は芽衣(徳永えり)から「恋する森の中へ」の登場人物・月<ルナ>の表情について2枚のイラストを見せられ、どちらがいいと思うかと問われる。

いつもなら即断即決するが、なぜか決められない泉美。光井は、そんな泉美の姿に何かを感じていた。

本当に力になれているのか?

夕方、泉美の部屋へ光井がやってくる。

近日中にランタンへの収支報告が予定されていたが、大きな利益を上げている「恋する森の中へ」とは対照的に、ペガサス・インク最初のヒット作「ラブ・マイ・ペガサス」はついに初めての赤字となっていた。

テコ入れをしてみると、泉美に申し出る光井。そこで泉美は、事業拡大の必要性に言及する。

航の企画書は素晴らしい内容だったが、今のペガサス・インクにはそれを実現させるだけの予算を組むことができないかった。

光井はそんな泉美に、悩んでいることがあればいつでも相談してほしい、と声をかけた。

泉美のもとに、月役の声優に決まった駿河幸宏(武内駿輔)の所属事務所から、収録を週明けに変更してほしいとの連絡が入った。

2週間以上の前倒しになるため、急すぎると主張する有栖川(瀬戸利樹)。泉美たちは、陸役の声録りを先に延ばすなどの対応に追われるハメに…。

その夜、杏奈のマンションを訪れた航は、声録りのスケジュール変更の件を話し、泉美の様子が変だと打ち明ける。

そこで航は、今の自分があるのはすべて泉美のおかげだと、感謝の思いを口にする。しかし杏奈は、そんな航を複雑な思いで見つめていた。

同じころ、光井は有栖川を誘って行きつけのバーを訪れた。

有栖川はライターを説得する際に大変な思いをしたらしい。その際ふいに

光井さんって絶対、泉美さんのこと好きですよね。

と言い出す有栖川。

いつも光井がそばにいてくれる泉美は幸せだと言う有栖川に対して、光井は「本当に力になれているのか悩んでいる」と返し…。

行動と真逆の恋心

週明け、駿河の声録りが行われる日になった。

有栖川は急いで準備した台本を泉美にチェックしてもらうと、それを航にも渡す。ところが、台本を読み怪訝な表情を浮かべる航。

しかし、航が何かを言う前に、スタジオへ向かう時間になってしまう。

泉美は光井とともにランタンを訪れ、十蔵に収支報告をすると、確認した十蔵は満足そうな表情を浮かべる。

するとそこに有栖川から連絡が入る。駿河が台本に不満を抱き、声録りがストップしているという。

泉美たちが急いでスタジオへ向かうと、有栖川と航は喫茶店にいた。

航が間違った台本を渡してしまったと駿河に謝り、自ら台本の手直しを始めたという。

航が直した台本を読み、何かに気づいた泉美は、それをコピーしてすぐに駿河に渡すよう航たちに指示する。

新しい台本を読んだ駿河はその出来に納得し、声録りが再会した。そして、完璧に収録をこなした駿河は、泉美たちに非礼を詫びる。

自分の仕事に自信を持てなくなっていた駿河は、作品に情熱を持ち本気でオファーしてくれるスタッフと仕事がしたいと思っていたという。

そんなとき、乙女ゲームに並々ならぬ情熱を持つと評判の泉美からのオファーが入り、喜んでいた矢先に渡された台本の内容を見て「こんなはずはない」と困惑していた。

駿河は「最後にもらった台本は素晴らしかった」と、礼を言い帰っていった。

仕事が残っていた光井と有栖川が会社に戻った後、泉美は航とともにスタジオの後片付けをする。そこで航は、陸役の声録りにも来てほしいと泉美に依頼する。

すると泉美は、有栖川と航だけで十分だと返答。そして、航の企画書を読んだが今のペガサスでは難しいと告げ、

「台本を直してくれてありがとう」

と、言い残し去っていった。

光井、泉美への想いを伝える

泉美が会社に戻ると、ちょうど有栖川が帰るところだった。泉美はまだ作業を続けている光井に、今回の台本のことを話す。

実は駿河が拒否した台本は、陸役のために書かれたものをベースにしていた。

ライターが作業を間に合わせるために、陸役のセリフを月役に変えて台本を作っていた。それに気づいたのは、役作りを深く研究していた駿河と航だけだった。

今までの自分なら、それに気づけたはずだと落ち込む泉美。

そんな彼女に光井は「今、乙女ゲーム作りを心から楽しめているのか?」と問いかけた。

泉美は、乙女ゲームの何が好きだったのかを考えるようになり、どうしたらいのか分からなくて苦しい、と答える。

光井は

「今までは自分の気持ちに正直だった泉美が、嘘をついて心に蓋をしてしまっているからではないか?」

と指摘する。

そこで泉美は、航から告白されたことを打ち明け「彼のことが好きなんだと思う。」と光井に告げた。

しかし泉美は、

航の思いを拒否したことは後悔していない。

光井のおかげでやっと自分の気持ちと向き合えた。

と礼を言った。

そんな泉美の姿に、自分自身も正直になろうと思った光井は、ずっと胸に秘めていた泉美への想いを告白し、一緒に生きていきたいと伝える。

だが泉美たちは、航がドアの外でふたりの会話を聞いていたことに気づいていなかった…。

そんな折、十蔵(船越英一郎)から呼び出された泉美は、ランタンの傘下に入らないかと持ちかけられる。

ただし、その条件として十蔵が提示したのは、売り上げが落ち込んでいる「ラブ・マイ・ペガサス」をサ終するというものだった…。

 

つづく…

推しの王子様|9話 ネタバレ*感想《これからも側にいてくれる?》ドラマ『推しの王子様』9話のネタバレ・感想。2021年9月9日に放送。...
【推しの王子様】ドラマ 動画1話〜無料視聴|pandora*dailymotion の配信は?ドラマ『推しの王子様』見逃し動画を1話〜最新話まで無料視聴する方法。pandora(パンドラ) や dailymotion(デイリーモーション)の配信は?2021年の放送で、主演は比嘉愛未。...

 

ドラマ「推しの王子様」8話の感想

ドラマ「推しの王子様」8話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【推しの王子様】キャスト・ネタバレはコチラ

2021 秋ドラマ 15作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!