ドラマネタバレ・感想

逃亡医F|5話 ネタバレ*感想【チャンス or 目の前の命】

ドラマ「逃亡医F」5話が、2022年2月12日(土)に放送されました!

ようやく都波教授に接近できるチャンスを得た藤木でしたが、医手一律の精神を胸に、目の前の命に尽力します!

このページでは、ドラマ「逃亡医F」5話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「逃亡医F」5話 ネタバレ

ドラマ「逃亡医F」5話のネタバレです。

不法滞在者の不安

警察の追跡を逃れた藤木(成田凌)は、八王子にいた。

妙子(桜庭ななみ)のことを伝えるため、藤木は都波教授(酒向芳)が出席するシンポジウムへ行く決意を固める。

その日まで、廃墟となった団地に身を隠そうとする。そして、団地の敷地内にある公園のベンチで眠ってしまった藤木。

そんな中、食料品店から後をつけてきた女性・チュンヤンは、公園で寝ていた藤木のカバンを盗もうとする。

すると藤木は目を覚まし、驚いたチュンヤンは逃げ出す。そのとき、藤木はチュンヤンの足にチアノーゼが出ていると気付いた。

藤木は診察しようとするも、チュンヤンは逃亡してしまう。

チュンヤンを追いかけた藤木は、彼女の仲間の外国人たちに囲まれる。そんな中、チュンヤンが倒れてしまった。

藤木から病院に行くことを勧められても、一同は拒否する。

理由は、リーダー格のモー(中村蒼)を含め、ここにいる全員が不法滞在者だったからだ。

病院に行けば治療してもらえるが、本国への強制送還が待っている。そんなみんなに、藤木は無実の罪で警察に追われていると告げる。

モーたちは、藤木と一緒にいれば自分たちも捕まってしまうと恐れはじめる…。

筋川&都波教授の救出作戦

藤木は、彼らの過酷な身の上を知る。

モーが藤木を受け入れ連絡用のタブレットを貸してくれた上に、シンポジウム開催まで団地への滞在を許可してくれた。

潰れた薬局の中から薬を探し、チュンヤンに必要な薬を見つけモーに渡す。

藤木は後輩の長谷川(桐山照史/ジャニーズWEST)に連絡を取り、外国人たちに足りない薬を届けてもらうことにする。

一方、拓郎(松岡昌宏)は美香子(森七菜)とともに、筋川(和田聰宏)と都波教授の行方を追っていた。

筋川と都波教授は、拓郎を襲った雀荘の店員・吉見(寺井義貴)と前田(趙珉和)に拉致されていた。

拓郎は後輩の自衛官・今野(山根和馬)を呼び出し、筋川と都波教授の救出を手伝わせることに。

拓郎は美香子と今野を連れ、筋川と都波教授が監禁されている場所へ突入し、苦戦するフリをして筋川と都波を助け筋川の信頼を得る。

烏丸(前田敦子)と佐々木(安田顕)が怪しいと思い当たった拓郎は、再び妙子の部屋に出向く。

しかし、なんらかの痕跡を見つけることは出来なかった。

藤木からのSOS

その頃、藤木はモーたちに尽力していた。

長谷川が薬を届けてくれたが、藤木はその前には姿を見せなかった。しかし、長谷川の様子を佐々木の部下である幹こずえが見ていた…。

そんな中、烏丸(前田敦子)が藤木の前に現れる。

そして、妙子の部屋で見つけた「F」と書かれたカセットテープを聞かせるも、藤木もよく分からない。

妙子だけは、藤木のことを信じていた。

シンポジウムの日、チュンヤンのことが気になりながらも、都波教授に会うため帝都医大へ向かう藤木。

その道中、藤木はチュンヤンが再び倒れたと連絡が入る。

チュンヤンの治療に向かえば、シンポジウムで都波に会うことはできなくなるものの、人命を優先させた。

そんな中、美香子の携帯に知らない番号から電話が入り、出ると藤木からのSOS連絡だった…。

 

つづく…

逃亡医F|6話 ネタバレ*感想【「F」のカセットテープ】ドラマ『逃亡医F』6話のネタバレ・感想。2022年2月19日に放送。...
逃亡医F|ドラマ 動画1話〜無料視聴 + pandora*dailymotion は?ドラマ『逃亡医F』見逃し動画を1話〜最新話まで無料視聴する方法。pandora(パンドラ) や dailymotion(デイリーモーション)の配信は?2022年の放送で、主演は成田凌。...

 

ドラマ「逃亡医F」5話の感想

ドラマ「逃亡医F」5話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【逃亡医F】キャスト・ネタバレはコチラ

 

2022 春ドラマ 25作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!