ドラマネタバレ・感想

金田一少年の事件簿 2022|8話 ネタバレ*感想【首狩り武者殺人事件】

ドラマ「金田一少年の事件簿 2022」8話が、2022年6月19日(日)に放送されています!

自分の子供に良い人生を送ってほしいと思った母親の、切ない切ない事件簿です。

このページでは、ドラマ「金田一少年の事件簿 2022」8話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「金田一少年の事件簿 2022」8話 ネタバレ

ドラマ「金田一少年の事件簿 2022」8話のネタバレです。

剣持の幼なじみ

くちなし村の巽家に嫁いだ紫乃(仙道敦子)の元に、1通の脅迫状が届いた。

紫乃は剣持警部(沢村一樹)の幼なじみで、ハジメと美雪を連れ巽家へ向かう。

向かう途中、バスの中に真っ黒な服装の男がいた。外には首を斬られた落ち武者の霊を鎮める、生首祭の仮装をした男たちがいた。

紫乃に届いた脅迫状は“首狩り武者”と名乗る人物からで、巽家に恨みを持つ者からと思われた。

紫乃の亡き夫は、財産と家督を先妻との子である長男の龍之介(吉村界人)ではなく、連れ子の二男・征丸(福山翔大)に継ぐと遺していた。

そのため、征丸は脅迫状が龍之介の仕業だと疑う…。

//

ハジメは、からくり部屋に泊まっている赤沼に呼び出された。

赤沼は紫乃の亡き夫の友人と名乗る男で、ハジメたちがバスの車内で見かけた黒装束の男だった。

そして呼び出された「からくり部屋」へ向かうと、回転扉の先に首のない赤沼の姿を発見した。

密室の部屋を、ハジメと深雪・剣持が調べると、窓枠が1本だけ簡単にはずれるようになっていた。しかし、窓枠を外しても人間が出入りできるスペースはない。

さらに、生首祭を訪れたハジメと美雪の前に“首狩り武者”が姿を現し、深雪とハジメは連れ去られてしまう!

そこには、征丸の首と布に包まれた首があり、布に包まれた首は赤沼のものと思われた。

そのことをハジメが紫乃に告げると、紫乃はショックで倒れてしまう。

猿彦は高所恐怖症

小学生の頃に優しくしてもらった紫乃を慕っていた剣持は「じっちゃんの名に懸けて!」と言い出し、謎を解くため全員を集めた。

剣持は、犯人は使用人の仙田猿彦(田鍋謙一郎)だと告げ、トリックを解いてみせた。

猿彦は以前サーカスで働いており、普通の人には出来ないロープを渡って逃げたと推理。ハジメはその推理に納得しなかった。。

その後、猿彦の遺体が見つかり、銃の暴発により死亡していた。

猟銃に鉛が詰められていたが、そのことは亡くなった先代と使用人のウメ、紫乃しか知らないという。

猿彦の遺留品から、その昔に巽家の子孫にだまし討ちされた武将の家紋が入った刀が発見され、復讐での殺しと思われた。

剣持・ハジメ・深雪は、帰りに立ち寄ったレストランで、偶然にも佐木(岩﨑大昇)と遭遇する。

その時、回転扉が開くようすを見たハジメはトリックを解明。もう一度、くちなし村に戻る。

征丸が亡くなった今、次期当主は龍之介と決まりかけた時、ハジメたちが戻ってきてトリックの解明をもう一度始める。

剣持が推理したトリックには盲点があった。

猿彦はサーカスを辞めていたが、それは高いところから落ちて怪我をしたためで、現在は高所恐怖症になっていた。

つまり、猿彦はロープを伝って密室から出ることは不可能。そのことを知っている人物が、猿彦に罪を着せるための犯行に及んでいた。

したがって、銃が暴発すると知っていた人物が犯人となる。

そして赤沼は、真犯人と猿彦が一緒に作り上げた架空の人物だった。赤沼と思われていたからくり部屋の首なし死体は征丸のものだった…。

母の心、子知らず

銃で龍之介が征丸を脅したこともあったが、紫乃はものすごい剣幕で龍之介を叱った。もし銃を撃てば、暴発して龍之介が死ぬ。

実は、龍之介の母親が紫乃で、征丸は実の子ではなかった。

犯人の目的は征丸を殺し、龍之介を巽家のあとを継がせるためだった。ハジメは

紫乃さん、あんたこそこの事件の真犯人・首狩り武者だ!

と言い放った。

赤沼に扮した猿彦が、ハジメたちが部屋に入るタイミングで回転扉を使って外に脱出していた。

紫乃は貧しい家庭の育ちで、高校時代から先代の綾子にいじめられており、そのせいで高校を中退し生きる希望を失っていた。

そして、自分に近寄ってきた男と関係を持ってしまい子供を身ごもった。

紫乃は出産のために入院していた病院で、偶然に綾子と出くわしてしまう。実は綾子も、同じ時期に子供を産んでいた。

紫乃は生まれたばかりの2人の子を交換した。

そうすれば、綾子の子は自分と貧しく生き、自分の子は綾子の元で贅沢な暮らしができると思ったからだ。

龍之介は「じゃあ、なぜ今さらやってきた」と責め、紫乃が来なければスムーズに家督を告ぐことができたと訴える。

すると紫乃は、どうしても龍之介の顔が見たかったと話す。

龍之介の本当の父親は猿彦だった。そして猿彦は、紫乃が財産家と再婚したことを知ると金をせびるためにやってきた。

そして、紫乃はそんな猿彦に犯罪を加担させ、最後に銃を使って自分を撃つよう仕向け、結果的に猿彦は死んだ。

その後、毒入り茶を飲んだ紫乃は、自らの命を絶った。

母親の愛の深さにおどろく深雪たちは、剣持のおごりで肉を楽しむため佐木のいるレストランに戻っていった。

 

つづく…

ドラマ「金田一少年の事件簿 2022」8話の感想

ドラマ「金田一少年の事件簿 2022」8話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【金田一少年の事件簿 2022】キャスト・ネタバレはコチラ

 

2022 春ドラマ 25作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!