ドラマネタバレ・感想

ミステリというなかれ|11話 ネタバレ*感想【ジュート現る!】

ドラマ ミステリと言うなかれ ネタバレ

ドラマ「ミステリというなかれ」11話が、2022年3月21日(月)に放送されました!

愛珠の行方とジュートという人物を探していた我路の前に、ジュートが現れます…。

このページでは、ドラマ「ミステリというなかれ」11話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「ミステリというなかれ」11話 ネタバレ

ドラマ「ミステリというなかれ」11話のネタバレです。

タレコミ電話

整(菅田将暉)がライカ(門脇麦)を見送った、桜の季節の4ヶ月前。

整は、犬堂我路(永山瑛太)から教わった、大阪で開催される美術展に行こうと考えていた。

その頃、大隣警察署には新たに発生した連続殺人事件の応援要請が来ていた。

青砥(筒井道隆)に指名された風呂光(伊藤沙莉)は、捜査本部が設置された芝浜警察署へと向かう。

すでに3人の犠牲者を出していたこの事件は、遺体を交差点の真ん中に磔のように遺棄する猟奇的もの。さらに、3人目の遺体の傷口から、被害者本人のものではない血液が検出された。

DNA鑑定により、血液は22年前に殺害された被害者と一致。

羽喰玄斗(千原ジュニア)による連続婦女暴行殺人事件の17人目の被害者、辻十岐子だった。

18件目の殺人を犯して以来、姿を消していた羽喰がまた殺害を始めたのか?と、捜査本部はいろめき立つ。

だが、備前島操警部(船越英一郎)は、羽喰の犯行ではない線もあると言う。

部下の猫田十朱(松本若菜)も羽喰の事件とは様相が違うと賛同。会話を聞いていた風呂光は、猫田とバディを組むよう備前島に指示された。

一方、我路は妹・愛珠(白石麻衣)の死の真相を求め、“ジュート”という人物を追っていた。すると愛珠が生前、タクシーで頻繁に倉庫街に通っていたことを知る。

そこでは、不定期で闇カジノが開かれていた。

カジノに潜入した我路は、横田留美(夏子)と知り合い、愛珠がカジノで働いていたことを知らされる。

捜査本部では、遺体が一時的に折り畳まれて運ばれた可能性が浮上。

風呂光と聞き込みをしていた猫田は、遺棄現場付近でスーツケースを押しながら歩く少女の目撃情報があったと報告。

そんな中、風呂光に匿名の人物から事件のタレ込み電話が入った。

声の主は、風呂光に闇カジノが開催されている倉庫を教え、連続殺人事件とも関係がありそうだと告げ電話を切る。

風呂光は気づかなかったが、電話の人物は我路だった。

お客様体質

風呂光は1人で闇カジノに向かう。だがその時、警察の一斉捜査が入り、風呂光まで捕まってしまう💦

備前島に大目玉を食らった風呂光は、タレコミ電話の件を打ち明ける。

そんな中、連続殺人事件の新たな報告が入る。さらに、被害者女性全員が、摘発された闇カジノでアルバイトをしていたことも判明。

周辺の防犯カメラを洗うため、飛び出す猫田について行こうとする風呂光は、備前島から「お客様体質に気をつけろ!」と注意された。

その日の捜査を終えた風呂光が警察署の道場にいると、猫田がやって来た。

風呂光は、殺人犯が現実に存在すると気づいてしまい、恐怖を感じていると猫田に告白。強くなろうとしたところ、備前島に「お客様体質」と言われ悩んでいた。

すると、猫田は備前島の言葉の真意を風呂光に教える。

その翌日、我路はハヤ(久保田悠来)と寄木細工ミュージアムへ向かう。

愛珠が集めていた寄木細工の箱で、どうしても開かないものがあったからだ。2人を応対した学芸員の辻浩増(北村匠海)は、我路を見て愛珠の兄だと気づく。

辻によると、愛珠はこのミュージアムで買い物をしていた。

愛珠の死を悼む辻は、寄木細工作家の月岡とも親しかったと言う。また、我路が持ち込んだ箱は、月岡でなければ開けられないと彼の工房も教えてくれた。

そんな時、ミュージアムで流されていたテレビのニュースから、連続殺人事件で新たな被害者が出たことを報じる。

被害者の名を知って、顔色を変える我路。

それは、愛珠のことを教えてくれた留美で、遺体に“羽喰十斗”という署名が残されていたことも報じられた。

名前に“十”

捜査本部は“羽喰十斗”と玄斗の関係を調べ始める。

“ジュート”という植物があり、繊維にすると黄色い麻ができるので、“コウマ”と呼ばれているなど情報が挙げられる。

さらに、被害者の携帯から我路の指紋が検出された。

風呂光は、備前島・猫田と青砥(筒井道隆)にタレコミ電話を聞いてもらうと、青砥は我路の声だと思うと告げる。

さらに青砥は、できればその声を聞いてもらいたい一般市民がいるが、都合がつかないと言う。

青砥の言う一般市民こと整は、そのころ大阪に向かっていた。

捜査本部で玄斗、我路、闇カジノ、スーツケースの少女など、関連性がわからないと言う青砥に、備前島は必ず何かの繋がりがあると告げる。

そこに、寄木細工ミュージアムに我路が現れたと報告が入り、風呂光と猫田はすぐさまミュージアムへ向かう。

ミュージアムで風呂光たちに応対したのは、辻。

我路は愛珠の遺品を確認しに来たと話す辻に、猫田は何かあったら連絡が欲しいと辻に名刺を渡した。

ミュージアムを出た風呂光は、なぜ我路が闇カジノの情報を知ったのか疑問を持つ。

そこで、風呂光は猫田と別れ、署に戻って捕まった闇カジノ関係者から話を聞くことに。

一方、1人になった猫田は、

思い出したことがあるので、夜8時ごろにミュージアムに来てほしい。

と、辻から電話を受ける。

風呂光は、闇カジノで黒服として働いていた男に我路の写真を見せるが、心当たりはないと言われてしまう。

仕方なく、写真を捜査ファイルに戻そうとした時、スーツケースの少女を見た黒服が、

「それ、占い師だよね?」

と、風呂光に問いかけた。

姓名判断でよく当たると女性従業員に評判の占い師で、闇カジノでは偽名を使う女性たちも占い師には本名を教えていたらしい。

占い師の年齢を尋ねる風呂光に、黒服は20代後半と答える。

少女ではなかったようで、占い師は少女どころか男だと風呂光に証言する。。

風呂光は捜査本部に戻って報告しようとするも、出払っていて誰もおらず、風呂光は猫田に電話で状況を伝えた。

その時、風呂光は被害者女性の名前に、“十”が共通で使われていることに気づいた。

猫田は玄斗の被害者も確認するよう風呂光に告げ、自分は辻に会いに行くと電話を切った。

風呂光が調べると、やはり玄斗の被害者の名にも“十”が使用されていることがわかった。さらに、被害者リストには気にかかる名前が…。

その名前は、辻十岐子。ミュージアムの学芸員・辻浩増と同じ姓だった。

風呂光は、辻が市職員に“コウマちゃん”と呼ばれていると知り、“コーマ”は“ジュート”という植物の別名だと気づく。

風呂光は、猫田十朱の名には全ての漢字に“十”が入っていると気づき、慌てて電話をかけるが…。

猫田のピンチ

ミュージアムに着いた猫田が建物の裏手に回ると、辻がいた。

「落としたコンタクトを探している」と、言う辻を手伝おうとした猫田の身体に衝撃が走る。辻が猫田の腹にナイフを突き立てたのだ。

辻は自分が十斗で玄斗の息子だと話す。

身体に力が入らない猫田を残して立ち去った辻は、少女のメイクを施し、スーツケースを押して戻って来た。

すると、猫田は力を振り絞って辻と自分の腕に手錠を固定。辻が怒っているところに、風呂光が駆けつけた。

しかし、恐怖で体が動かない。

その時、風呂光は猫田から言われた“お客様体質”の真意を思い出す。それは、お客様ではなくチームの一員として動けというものだった。

風呂光は備前島に電話をかけるが、何者かに口を塞がれ眠らされてしまう。

それは我路だった。

我路は猫田の手首を切断しようとしていた辻の手を掴み、「お前が、ジュートなのか?」と対峙する。

そんなことが起きていることをまったく知らない整は、大阪の美術展を楽しんで帰路につこうとしていた…。

 

つづく…

ドラマ ミステリと言うなかれ ネタバレ
ミステリというなかれ|最終回 ネタバレ*結末【愛珠の死の真相】ドラマ『ミステリと言う勿れ(なかれ)』最終回(12話)のネタバレ・感想・結末。2022年3月28日に放送。...
ミステリというなかれ|ドラマ 動画を無料視聴【pandora*dailymotion の配信は?】ドラマ『ミステリと言うなかれ』見逃し動画を1話〜最新話まで無料視聴する方法。pandora(パンドラ) や dailymotion(デイリーモーション)の配信は?2022年の放送で、主演は菅田将暉。...

 

ドラマ「ミステリというなかれ」11話の感想

ドラマ「ミステリというなかれ」11話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【ミステリというなかれ】キャスト・ネタバレはコチラ

 

2022 春ドラマ 25作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!