ネタバレ・感想

パパがも一度恋をした|2話 ネタバレ感想【オッサンに反応する五郎のムスコ】2/8



2020年2月8日(土)に、オトナの土ドラ・パパがも一度恋をした「第2話」が放送されました。

コチラの記事では、パパがも一度恋をした「2話」の

・ネタバレ
・感想
・次回の予告とあらすじ

についてご紹介します。

人気記事パパがも一度恋をした|ネタバレ・キャストはコチラ

 

パパがも一度恋をした「2話」ネタバレ 2/8

朝、目覚めた五郎は横に寝るオッサンを多恵子と間違え、思わずキスしそうになる。

しかし、我に返りオッサンにゴキブリスプレーをかけ大騒ぎに💦

吾郎はオッサン多恵子を愛せる?

朝食を出すオッサン。

タロスケは多恵子の味だと喜んでいたが、トモは家事をとられたことをよく思っておらず浮かない表情をしていた。

吾郎が箸を落とした。

落ちた箸を拾おうとしたオッサンの胸元を見て、多恵子しか反応しなかったアソコが元気になり驚く吾郎💦

トモは学校で弁当を忘れたことに気づくが、幹太がオッサンから預かったと弁当を持ってきてくれた。開けてみると可愛く作られた弁当だった。

吾郎は喫茶店で、オッサンにアソコが反応したことを「いとこのトカレフ」に相談。

トカレフは「本当に奥さんならやってしまえばいい、愛の国ガンダーラに行けるぞ!」とGoサインを出してくれた。

帰宅中の公園にトモへ、十郎から電話が入った。

吾郎に約束していた就職は決まったのか?と聞かれ、ごまかすトモ。困ったらいつでも来てくれと十郎は言ってくれた。

トモの悩み

トモは手づくりのぬいぐるみ「二代目ボニーちゃん」に、オッサンはママのハズがないと語りかける。とはいえ、オッサンのお陰で引きこもり五郎が部屋から出てきたのは事実。

トモはどう受け入れればいいのか悩んでいた。

吾郎は、愛の国ガンダーラに本当に行けるのか?と、多恵子とのベットシーンを思い出すが急におっさんの顔になり冷める。

ガンダーラの唄を歌い奇異な目で見られる吾郎。公園のベンチに座っていたトモを見つけ、オッサン多恵子と仲良くなるから!と宣言した。

家に帰った吾郎はオッサンにゴマを擦らせ、その棒さばきにまたあそこが反応💦明日デートをして欲しいと誘った。

オッサンは、トモの部屋で見つけた進路志望の紙に何も書かれてなかったことから、一緒に進路を考えよう!とトモに提案。

しかしトモは、部屋に入らないでとオッサンに怒ってしまった。。

五郎とオッサンのデート

翌日、吾郎とオッサンのデートの日。

店先でキレイな花を見つけたオッサンは立ち止まる。吾郎は手を握ろうとするが、オッサンの顔を見て自信を無くしてしまう。。

テニス教室のティッシュ配りを見かけた五郎は、過去にテニスレッスンのあと多恵子と手を握っていたことを思い出し体験入会した。

その教室には隣の小金沢さんがいて、五郎は従弟のガンスケだとごまかしオッサンを紹介。その出来事にオッサンは悲しんだ。

テニスのコーチが現れ、オッサンを見るなり目の色が変わるコーチ。

身体を触りながらレッスンする姿を見て、

「吾郎は思わず俺の多恵子に手は出させないぞ!」

と言ってしまう。コーチも熱くなり、ガンスケをかけ試合をすることに👊

コーチのサーブがあまりにも速すぎて動けない吾郎。入ってないとイチャモンをつけ、ペナルティで負けてしまった💦

オッサンはレッスン場を抜け出し、トモがバイトしているスーパーへ。トモは急に休むと連絡があったようで出勤していなかった。

トモはオッサンはママじゃないから一緒に暮らせない。そして、十郎おじいちゃんのところに行くと言い出した。

トモとの和解

その日の夕食、トモは部屋から出てこなかった。

トモは二代目ボニーちゃんに「パパはオッサンがいればいいよね?」と語り、十分パパに尽くしてきたと話す。

寂しくて涙を流すトモの声を、オッサンは部屋の外で聞いていた。

〜翌朝🌅〜

トモはバイト先で新しい仲間が入ったと紹介される。オッサンだった。

オッサンがトモのママだと言いかけたが、トモは遠い親戚だと否定。

なぜ、同じバイト先に入ったの?と聞くと、トモと一緒の時間が過ごせるし家計の足しにもなると言うオッサン。

トモはオッサンの作る料理はママの料理に似ているが、そのせいで自分の居場所がなくなったと感じていた。

そのころ、吾郎はオッサンと一線を越えられないとトカレフを自宅に呼んでいた。トカレフは、強引にキスをすればいいんだとアドバイス。

オッサンはウインナーの試食販売中、ウインナーを焦がしてしまう。多恵子が失敗したときの仕草を見て、トモも一瞬「多恵子」だと思ってしまった。

バイト終わり、トモは公園にいた 。

おっさんがママのしぐさをしたと二代目ボニーちゃんに語りかけていると、通りかかったオッサンがトモに声を掛ける。

トモはママがいなくなってから一生懸命パパを支えてきたのに、オッサンが来たことでその役目を奪われてしまったと怒る。

オッサンは「ママがいなくなってからパパを支えてくれたんだね。」と伝えた。

トモが幼い頃、多恵子が作った一代目ボニーちゃんも「大きくなったからいらない」と言われた時に驚いたと言うオッサン。

トモの成長を見守ってくれた一代目を捨てられず取っておいたとトモに渡し、トモといっしょに暮らしたいとオッサンは伝えた。

トモにはオッサンがママに見えてきて、十郎の処へはいかないと涙を浮かべた。

オッサンと銭湯!?

吾郎が「皆で銭湯に行くぞ!」と公園にやってきた。オッサンは戸惑いながらついて行く。

吾郎は女湯には入れない為、男湯に入り、いっしょに背中を流し合いスキンシップしようと考えていた。すると、タオルを胸から巻いた多恵子が男湯に入ってきた。

多恵子が周りの男たちに見られていると思うと、耐えれなかった五郎。思わず男たちに駆け寄り「俺の妻をジロジロ見るなぁ!」と叫んでしまう。

裸で抱き合う二人だったがその瞬間、吾郎はオッサンであることに気づき焦ってしまう💦

おっさんは、吾郎に「守ってくれてありがとう😌」と笑った。その笑顔は多恵子に初めて手をつなごうと言った時と同じだった。そして吾郎は

「手をつないでもいいですか?」

と尋ねると、オッサンは「はい。吾郎さん」と返事をした。

吾郎の笑顔を見たトモは幸せを感じていた。そして、3人で手をつなぎ、久しぶりに家族を感じたのであった。

しかしトモは、オッサンの脂ぎった手をい嫌がりすぐに手を放してしまった💦

 

つづく

パパがも一度恋をした「2話」感想

パパがも一度恋をした「2話」の感想です。

これから吾郎とオッサンはどうなっていくのか…、トモと和解でき、あとは十郎おじいちゃんですかね💦

パパがも一度恋をした「3話」予告・あらすじ

おっさん姿の多恵子、通称おっさん多恵子(塚地武雅)にようやく慣れ始める吾郎(小澤征悦)とトモ(福本莉子)。

そんな中、新たな騒動が巻き起こる。多恵子(本上まなみ)の父・十郎(山田明郷)が突然、家にやってきたのだ。

謎のおっさんと暮らす吾郎に怒りを爆発させる十郎。

昭和のプロレスラーらしく吾郎をコブラツイストで締め上げるが、そこで吾郎は、おっさんが生き返った多恵子であることを叫んでしまい……

十郎に拒絶され意気消沈のおっさん多恵子。

そんな様子を見ていた吾郎は、「十郎の家に行く!」と強引におっさん多恵子を連れ出してしまう。

その様子に不安を覚えるトモ(福本莉子)。

一方、破天荒従兄弟・トカレフ(塚本高史)は吾郎の無鉄砲さを面白がって田舎までついてきてしまう。

だが、当然、十郎は吾郎たちを受け入れず……

娘を失った老親の愛と悔恨、そしてほんのちょっとのあたたかな奇跡を描く、笑って泣ける第三話!

見た後、あなたはきっと家族に電話したくなる!

引用:公式サイト

 

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

人気記事パパがも一度恋をした|ネタバレ・キャストはコチラ

 

関連記事
error: Content is protected !!