ドラマネタバレ・感想

パンドラの果実|9話 ネタバレ*感想《最後の審判》

ドラマ「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」9話が、2022年6月18日(土)に放送されています。

星来の命を救うため、たった1人で榊原が待つ孤島の研究所へ向かった最上。

小比類巻も救出に向かったものの、あと一歩というところで襲撃されています…。

このページでは、ドラマ「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」9話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

関連【パンドラの果実】動画を全話⇢無料視聴はコチラ »

 

ドラマ「パンドラの果実」9話 ネタバレ

ドラマ「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」9話のネタバレです。

最後の審判

西城を捕え、榊原のいる場所まで案内させた小比類巻。

拉致された最上を目撃した一方で、警察内部では小比類巻の行き過ぎた単独捜査が問題になっていた。

島崎は、警務部から小比類巻の処分を迫られた。

自分の命令で小比類巻が動いていると言い、「捜査妨害だ」と監察官を一喝し小比類巻を守る島崎✨

榊原は、孤島にある研究室で星来を眠らせ実験の準備を整え、最上はモニター越しに無菌室で眠る星来の映像を見せられる。

「この子を救えるのは、YOUだけだ…」

榊原は最上から、星来がプロメテウス・ウイルスに感染しても死なない手段を聞き出そうとする。

最上は星来の解放を約束させると、君塚の開発したナノマシンを改良して利用するという方法を明かす。

プロメテウス・ウイルス感染後にナノマシンを投与し、ウイルスの免疫機能が暴走し、細胞を破壊するスピードとナノマシンによる細胞修復のスピードが一致すれば、ウイルスは星来の体と共存できる。

最上は獄中の君塚と面会し、事前にナノマシンについての情報を得ていた。

最上からの説明に納得した榊原は、星来にウイルスを投与する。

「最後の審判が始まるんだぜ…」

野望の達成が目前に迫り、悦びに震える榊原氏…。

最上、榊原と対峙

30年前、榊原は茂吉による“悪魔の子事件”が原因で、所属していた研究室を追われるという過去があった。

世間からは激しい誹謗中傷を受け、榊原の母は自殺してしまった。

絶望した榊原に手を差し伸べたのが、カーン(安藤政信)だった。カーンは、不老不死を追求する榊原に援助を続けていた。

その後、最上は榊原がいる孤島の研究所に連行された。

最上を救おうとする小比類巻の背後から、西城が襲い掛かる!激しい格闘の末に西城を倒したものの、小比類巻にはもう余力は残っていなかった。

最上を追いかけようとしたが、その場に倒れこむ小比類巻。目の前を最上を乗せたヘリコプターが孤島へ向けて飛び去る。

長谷部たち応援部隊が埠頭に到着したが、すでに誰もいなかった。

その時、小比類巻から連絡を受けた長谷部は、埠頭で起こった一部始終を知らされ、ヘリの行方を追うよう依頼される。

最上は、孤島の研究所で待っていた榊原と対峙。そして星来は、無菌室で眠らされていた。

「急がねぇと、この子の命はねぇ!」

怒りをこらえ、星来の命を救うナノマシンの改良に臨む最上。

一方、小比類巻は最上と星来を救うため、榊原の研究所を目指していた…。

 

つづく…

関連【パンドラの果実】動画を全話⇢無料視聴はコチラ »

 

ドラマ「パンドラの果実」9話の感想

ドラマ「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」9話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました!

関連記事【パンドラの果実】キャスト・ネタバレはコチラ

 

2022 春ドラマ 25作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!