ドラマネタバレ・感想

ナンバMG5|9話 ネタバレ*感想【普通の人生】

ドラマ「ナンバMG5」9話が、2022年6月15日(水)に放送されています。

以前から、剛の違和感を怪しんでいた猛。

剛はそのせいで、白百合に通っていたことを家族へ打ち明けることに。

このページでは、ドラマ「ナンバMG5」9話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

関連ドラマ「ナンバMG5」動画を全話⇢無料視聴はコチラ »

 

ドラマ「ナンバMG5」9話 ネタバレ

ドラマ「ナンバMG5」9話のネタバレです。

猛にバレる剛

剛と妹の吟子(原菜乃華)が通っている白百合高校へ、突然に長男の兄・猛がやってきた。

吟子の忘れ物を届けにきたという猛は、市松高校のアタマを張っている剛を見るため、隣の市松に向かって歩き出してしまう。

幸い、猛に気づいた伍代(神尾楓珠)が誤魔化してくれたため、剛のことはバレなかった。猛が帰っていくのを見て、ホッと胸を撫で下ろす剛と吟子。。

その頃、進路のことで悩んでいた剛は、伍代や大丸(森本慎太郎)にも相談する。

剛は美術部のOBで、ともに美大を目指し浪人中の元部長コンビ・東ミチル(加藤諒)と西田リョウ(藤田真澄)に会う。

東からも「自分のやりたいことを妥協しちゃダメだ」とアドバイスされた剛は、美大受験を決意し、進路相談票に美大と書く。

そして、家族に二重生活を打ち明けようとするも言い出せない。さらに剛は、進路相談票を家に忘れたまま学校に来てしまう。

家では、猛がナオミ(鈴木紗理奈)に頼まれ洗濯物を剛の部屋に持ってゆく。すると、進路相談票を見つけた。

学校帰りに特服に着替えた剛を、猛が廃墟に連れ出す。

猛は2年半も家族を騙していたことを問い詰め、剛をボコボコにする。

そこへ、吟子から連絡をもらった伍代と大丸が助けに行くも、2人ともボコボコにされてしまう。

猛は、父・勝(宇梶剛士)と母・ナオミに話すように剛に告げた。

終わったな

家に帰った剛は、ようやく自分が市松ではなく白百合に行っていると話す。あまりのことに驚く勝とナオミだったが、嘘をつかれていたことが許せない。

売り言葉に買い言葉になってしまい、剛は「こんな家に産んでもらって迷惑だ」と言ってしまう。

家を出てゆくよう言われた剛は、伍代の家に身を寄せる。

美大に行きたい剛は学費を貯めるためバイトをはじめるが、そのバイト先に猛と因縁のあるヤンキー集団『マッドマウス』のメンバー、小暮翔(東啓介)と石黒正(鈴之助)がやって来た。

2人は剛が猛の弟だと気付き剛に喧嘩を売るが、剛は2人を簡単に負かしてしまう。

後日、小暮と石黒は池袋最強の壊し屋・竜二と一緒に白百合へやってきた。

舎弟たちが学校内を壊しまくると、校長の岩城隆一郎(松角洋平)は自分の学校で暴力沙汰が発生すれば自分の経歴に傷がつくと言い警察を呼ぼうとしない。

美術部の作品も破壊されたと知った剛は、学生服から特服に着替え、石黒たちに向かっていく。

伍代と大丸は剛に騒ぎを起こさせたくない一心で、2人がかりで竜二以外を倒していた。しかし、結局は竜二と戦うことになった剛。

白百合の生徒が関係していないと思った校長は警察を呼んだ。そして、剛は捕まってしまった。

この一件で、島崎登(春本ヒロ)と深雪(森川葵)は、特服が自分たちの同級生・剛であると知った。

剛はパトカーの中で「終わったな…」と呟いた。

 

つづく…

関連ドラマ「ナンバMG5」動画を全話⇢無料視聴はコチラ »

ナンバMG5|最終回 ネタバレ*感想【卒業までの続編希望】ドラマ『ナンバMG5』最終回(10話)のネタバレ・感想。2022年6月22日に放送。...

 

ドラマ「ナンバMG5」9話の感想

ドラマ「ナンバMG5」9話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【ナンバMG5】キャスト・ネタバレはコチラ

 

2022 春ドラマ 25作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!