ネタバレ・感想

竜の道(ドラマ)|最終回 ネタバレ感想【強うなれ。】



竜の道(ドラマ)「最終回(第8話)」が、2020年9月15日(火)に放送。

復讐の果てに待つのは…。

このページでは、竜の道(ドラマ)「最終回」の

  • あらすじ
  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

竜の道(ドラマ) 最終回 あらすじ

ドラマ「竜の道」最終回(8話)のあらすじです。

源平(遠藤憲一)の殺人教唆の証拠を手に入れられず、打つ手がなくなった竜一(玉木宏)は、さらに沖(落合モトキ)から“矢端竜一”が生きている証拠を突きつけられ、窮地に陥る。

そのうえ、沖が美佐(松本穂香)にまで近づいたことを知り、竜一はますます焦りを募らせる。一方、エニイウェイズとの契約内定を取り付け、ついに悲願である運送業界トップの座が視野に入ってきた源平は、一層言動に狂気を帯びていく。

これ以上竜一に危険なことをさせたくない竜二(高橋一生)は、「俺に計画がある」と次の手を持ちかけようとするが、竜一は話を聞くより先に、ある決意を胸に美佐の元へ。

翌日、異変を感じて竜二が駆けつけると、竜一は衝撃の事実を打ち明け、「もうお前はいらねぇ」と、竜二に銃口を向けて……!?

引用:公式サイト

竜の道(ドラマ)「最終回」ネタバレ

竜の道(ドラマ)「最終回」ネタバレです。

沖に知られた竜一

竜一の前に現れた沖は、竜一のことを斎藤一成と呼んだ。

その後、竜一と沖は社内で話をすることに。

沖は出版社の元同僚・田沼から話を聞いたようで、竜一の写真を見て斉藤だと言ったことを伝える。

その後、斉藤について調べた沖は、知人たちが斉藤の顔ではないと証言していたことや、大野木を殺し10億円を奪ったことを竜一に伝える。

しかし竜一は、その頃ブラジルにいたと主張。

ところが沖は、ブラジルにいた和田猛という人間の戸籍を奪ったのでは?と指摘する。

さらに、双子の兄・竜一が火事で焼死したことも調べており、実際に焼け死んだのは斎藤で竜一は本当は生きていると告げる。

その後、二見に金を渡し高飛びするように指示した竜一。

逃げなければ、今度は本当に殺されると脅すと、二見は金を持って立ち去った。

迫る沖、追い込まれる竜一

霧島と同行し、国交省大臣との会食の場にいた竜二は、その場で賄賂を渡した。

翌日、美佐からの電話で、復讐を考え直して欲しいと説得された竜二。

竜一が生きているのなら、3人で生きていきたいと言う美佐に、竜一は火事で死んだと伝えた竜二。その直後、美佐のもとを沖が訪れ、竜一が生きていることを伝えた。

美佐は竜一の元に急ぐが留守だったため、凛子に「和田が兄かもしれない」と打ち明け、兄を止めて欲しいと泣いて頼みこんだ。

その後、会社に戻った竜一を止めようとする凛子だったが、そこに沖から電話が入る。

訪ねてきた沖に対し、目的は金だろうと告げる竜一。

沖を探っていた竜一は、沖が別の事件の証拠を金で握りつぶしたと指摘した。すると、開き直った沖は事実を認めた上で証拠があると言い、一本の鉛筆を取り出した。

それは、沖が伯母から譲ってもらった鉛筆で竜一のものだった。そして、今の竜一と指紋が一致したと鑑定書まで見せられた。

追い込まれた竜一に、人を殺した証拠ではないものの世間にはこれで十分だと言う沖。

竜一、沖に迫る

エニイウェイズとの契約が内定し、喜ぶ霧島。

そのことを竜一にも報告した竜二は、沖の件を質問したが連絡はないと嘘をつく竜一。

その直後、凛子に沖からメールが届いた。そこには、竜一たちの悪事を暴いた記事の原稿があり、さらに沖から竜一を煽る電話も入った。

美佐の写真まで見せ、竜一を脅す沖。

大野木の息子と会った沖は、斎藤のことについて聞かれるが、斎藤は死んでいたと嘘をつく。そこに、竜一から電話が入り、金を払うから会いたいと言われた。

沖と会う前、美佐の帰りを待っていた竜一。

美佐に自分たち兄弟のことを話した竜一は、過去にそうしていたように美佐の頬を軽くつねり「つようなれ」と言い立ち去った。

美佐はすぐに竜二に電話し、竜一が会いにきたことや、様子がおかしかったことを伝えた。

その頃、竜一は沖の部屋に忍び込み、背後から襲っていた。

知らせを受けた竜二は慌てて竜一の元に急いだが、竜一はすでに沖の首を絞め殺害していた。。




兄弟ケンカ

翌日、竜一のところにやってきた竜二は、沖のことを尋ねる。

竜一が沖を始末したと言うと、邪魔な奴を殺すなら霧島と同じだと非難するが、お前のせいだと言い殴り合いになる2人。

竜二を叩きのめしながら「邪魔をするならお前も殺す」と言い、竜二の後頭部に拳銃を突きつける竜一は、竜二に向かって発砲した。

その後、曽根村の元を訪れた竜一は、沖が自分の子供であると打ち明けられた。しかし、沖にはそのことを打ち明けてはいなかったという。

自分を殺してもいいが、その前に復讐させて欲しいと言いながらも、曽根村を襲おうとする竜一。

しかし、刀で止められ「終わりだよ、お前も復讐も」と言われてしまった。

その頃、倒れていた竜二の元に美佐が駆けつけ、これまでずっと復讐のために生きてきたと打ち明けた竜二。

凛子が追跡アプリで竜一の居場所を突き止め、美佐と砂川とともに捜索。しかし、足取りが途絶えた最後の場所に竜一の姿はなかった。

竜一 vs 源平

大臣の口添えで、エニイウェイズの担当者と面会した竜二。

竜二は今進めている提携契約を白紙に戻し、キリシマ急便を吸収合併して欲しいと提案する。

霧島不在の中で役員会を開き、吸収合併の話をする竜二。

国交省の人間としての提案だと言い、このままキリシマ急便を大きくしても、犠牲者が増えるだけだと指摘し晃も賛同した。

曽根村の元を訪れた美佐は、竜一の居場所を尋ねる。

竜一は生かしておいたが、霧島を殺して自分も死ぬつもりかもしれないと告げる曽根村。その頃、凛子は崖の上に倒れていた竜一を発見。

//発見される前//

竜一は自分の正体を明かし、霧島を呼び出していた。

霧島が両親の会社を乗っ取ったことや、自殺に追い込んだことを責める竜一。しかし霧島は、悪びれることなく力がなかっただけだと言い返す。

その場で土下座をして形だけの謝罪をする霧島だったが、許さないという竜一の言葉を聞くと途端に開き直りだした。

さらに、沖から金で情報を買ったと言い、霧島への復讐の記事も見せた。

霧島は竜一の正体も全て知っていたことを知り拳銃を向けるが、撃つことはできなかった。

復讐の末路

埠頭にいた竜一の元に、竜二と美佐が駆けつけた。

美佐にこれまでのことを打ち明け「もう終わりだ」と告げる竜一。すると、自分の計画を実行すれば、霧島を会社から追い出せると言う竜二。

しかし、そうすれば竜一が殺人を犯したことなど、全てを霧島がバラしてしまうことを恐れる竜一。

復讐の道を選んで欲しくなかったが、やるなら3人で背負うと決意していた美佐と竜二。

3人で気持ちを固め、竜一と竜二はキリシマ急便に乗り込んだ。

竜二は吸収合併の同意書を見せ、キリシマ急便は消滅すると断言。同意しなければ、会社を去ってもらうと伝えると逆ギレする霧島。

すると、竜一はスマホの動画を見せた。

それは、霧島が竜一の元を訪れた時に罪を認めていた動画だった。驚きながらスマホを取り上げ壊すも、今ごろ世界中に配信されていると言う竜二。

凛子や砂川によって、動画はすでに拡散されていた。

「死んで詫びるならこれを使え」と拳銃を置く竜一に、霧島は「一からやり直しても同じことしかできない」と話した。

その後、扶有子の遺影の前で、竜一から渡された拳銃で自殺しようとしたが

弾は入っていなかった。

自首する前に、3人で夕飯でも食べようと言われ向かっていた竜一だったが、突然に少年からナイフで刺されてしまう。

大野木の息子だと察した竜一は逃げるように告げると、苦しみながら歩きだす竜一。美佐からの電話に「もうすぐ着く」と伝えた。

ところが電話を切った後、竜一は脇腹から血を流してその場に倒れてしまった。

竜一は意識が朦朧とするなか、竜二と美佐と3人でとても楽しそうに鍋を囲む様子を想像しながら、目を閉じた。

 

つづく…

竜の道(ドラマ)「最終回」感想

竜の道(ドラマ)「最終回(8話)」の感想です。

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

 

人気記事竜の道|関連記事はコチラ

動画配信竜の道|1話〜最新話まで見る【2週間→無料】

動画配信竜の道|1話〜最新話まで見る【31日間→無料】

 

関連記事
error: Content is protected !!