ネタバレ・感想

絶対零度4(2020)|7話の感想ネタバレ【ミスリード開始】2/17



2020年2月17日(月)に、月9ドラマ「絶対零度4」第7話が放送されました。

コチラの記事では、絶対零度「7話」の

・ネタバレ
・感想
・次回の予告とあらすじ

についてご紹介します。

7話ゲスト絶対零度4(2020)|安斎貴美子役の女優は誰?【環みほ】

 

絶対零度「7話」ネタバレ 2/17

井沢たちは早川(マギー)から5年前のスポーツクラブオーナー殺人事件について、詳しい捜査記録を見せてもらっていた。

真鍋(宮川一朗太)は刺された紗耶香の血痕や傷口が気になっていたが、その後の捜査で不審な点は発見されなかったという。

加賀美(作家)と吉岡(作家のマネージャー)に扮し、スポーツクラブの常連客に紗耶香の話を伺っていた。

・前社長の輝幸には婚約者がいた。

・結婚直前にアレルギーであるナッツを食べ死亡。

・落ち込む輝幸を慰めたのが紗耶香。

・輝幸と紗耶香は結婚。

・紗耶香は妊娠したが流産してしまった。

その後の捜査で、アレルギーで死亡した安斎貴美子は紗耶香の同級生だったことが判明。

✅貴美子は裕福な家庭の生まれ。
✅紗耶香は貧しい家庭の育ち。

2人の境遇は正反対だった。

さらに真鍋の息子は5年前に心臓移植の手術を受けたことがあり、紗耶香とは病院で知り合ったという。

小田切は篠田のツテを辿って辰巳と接触し、話を伺った。

・紗耶香の経歴はデタラメで前社長・輝幸は探りを入れていた。

・貴美子は死亡する前「久しぶりに同級生に会う」と言っていた。

・輝幸がこのことについて話そうとしていた時に5年前の事件が発生。

・さらに1ヶ月前、輝幸の墓参りをした時に事件を担当した真鍋と遭遇し、紗耶香について尋ねると挙動不審だった。

これらのことから辰巳は紗耶香のことを疑い、探りを入れていた。

紗耶香を張っていた吉岡と山内だったが、更衣室から抜け出した紗耶香は車で走り去ってしまった。辰巳の家に盗聴器が仕掛けられ、紗耶香は全ての会話を聞いていた。

これを受け井沢は「紗耶香は真相にたどり着けなかった辰巳ではなく、真相を知る真鍋にターゲットを変更したのでは?」と考える。

その予感は見事に的中し、紗耶香は廃工場で真鍋と会っていた。

真鍋「もうこれ以上隠し切れない…!」

すると紗耶香からは

理不尽よね裕福な家に生まれる人がいる一方で私は父の工場が倒産して借金を背負った。なぜかしら?

答えは簡単…、運が悪かったから…。

自分の手で人生を切り開くしかないじゃない…。

貴美子にナッツ入りのクッキーを渡し殺したのは紗耶香だった。そして、輝幸に取り入って結婚まで漕ぎ着けていたのだった。

「私も選択を間違えた…」

そう話す真鍋に何かを囁く紗耶香。

これで息子さんも救われる。真実を知れば自殺も考えるかもね…。

どうするか貴方が決めて…。

真鍋は紗耶香の罪を隠蔽していた。それは隠蔽によって紗耶香から得た金で、息子に心臓移植を受けさせ救うためだった。

そこへ井沢たちが突入、紗耶香を追求していく。山内と小田切は秘書・兼ボディガードの江波と対決し、あの芸能界一喧嘩が強いという本宮泰風を締めた。

ところが紗耶香の車の中から肝心の毒物が見つからず、余裕の笑みを浮かべる紗耶香。

「私は弱い人間です。」

と、タバコに火をつける真鍋。

「証拠も残らない」
「これで息子さんも救われる」

紗耶香は毒入りのタバコを渡し真鍋に自決を迫っていた。井沢たちが気づいた時にはすでに吸っていて真鍋は死亡してしまう。

紗耶香「人って簡単に死ぬのね…。私を逮捕する?でも証拠は無い。」

同級生と夫を殺して会社を乗っ取り、真相を知る者すら始末した紗耶香は余裕の微笑を浮かべ去っていった。

ミハンに戻る一同。

香坂によるとタバコから毒物は検出されず、入手ルートの特定も困難なため紗耶香を立件するのは難しいという。

何かを決心したようにその場を去った、井沢。

そんな井沢に対し山内は、

・妻娘の事件に使われたナイフが送りつけられたこと。

・真犯人は別にいる。

聞かされたと言い「貴方は1人じゃない。俺たちがいます」と語り掛ける。

一方、香坂は公安部部長の曽根崎(浜田学)から呼び出されていた。曽根崎は危険人物が3人も失踪したことで「奴はすでに一線を越えている」井沢を

その夜、会食を終え1人地下道へ向かう紗耶香。

そこへ謎の人物が近づき「プスッ!」発砲音が出ない銃で、紗耶香は何者かに撃ち殺されてしまった。

 

つづく

絶対零度「7話」感想

絶対零度「7話」の感想です。

久々に、月9ドラマに登場した佐藤江梨子(サトエリ)さんに反響がスゴかったです。

前作に引き続き、井沢に犯人では?と匂わせるミスリードの疑いありです💦

なんか8話予告の最後に、井沢と話していた人物が森永に見えたんですが…。

絶対零度「8話」予告・あらすじ

ミハンが探知していたものの、捜査できていなかった3人の危険人物が失踪していた。地権者から土地をだまし取り、殺害しようとしていた不動産詐欺師、借金を返せない相手に保険金をかけて殺そうとしたSNS闇金の経営者、水上バイクで女性をひき殺した事故をもみ消したうえ目撃者の命まで狙った政治家の息子――。

井沢(沢村一樹)たちの元へやってきた公安部部長の曽根崎(浜田学)は、かつて、法で裁けない犯罪者を闇に葬っていたミハン捜査員の田村薫巡査部長の話を持ち出し、その役目が引き継がれていると指摘する。

実は、井沢たちが逮捕することが出来なかった大手フィットネスクラブ社長の仁科紗耶香(佐藤江梨子)も失踪していた。凶悪犯が拉致され、殺害されている――!? ミハンメンバーの誰かが一連の連続失踪事件に関わっているのか――まるで井沢が犯人だと言わんばかりの口ぶりで話す曽根崎。

それに対して香坂(水野美紀)は、ミハンメンバーの中に殺人者がいないことを証明するために真相を突き止める、と宣言する。

3件の失踪者を調べると、彼らが拉致されたと思われる場所には、いずれも防犯カメラがなかった。だがミハンは、ドライブレコーダーなど足を使った捜査で、犯人と思しき人間が映った画像を入手する。その画像とミハンメンバーを歩容認証で照合してみる。

浮かび上がる意外な人物。

犯人はいったい誰なのか――!?
そして、物語は未来の謎へと繋がっていく――。

引用:公式サイト

絶対零度4(2020)|8話の感想ネタバレ【北見を操る人物は?】2/24絶対零度「8話」ネタバレ感想と次回の予告あらすじ。2020年2月24日放送。...

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

人気記事絶対零度4|ネタバレ・キャストはコチラ 

 

関連記事
error: Content is protected !!