ネタバレ・感想

知らなくていいコト|3話 ネタバレ感想【尾高さんイケメン】



2020年1月22日(水)に、水10ドラマ・知らなくていいコト「第3話」が放送されました。

コチラの記事では、知らなくていいコト「3話」の

  • あらすじ
  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

知らなくていいコト『3話』あらすじ

知らなくていいコト「3話」のあらすじです。

殺人犯・乃十阿徹(小林薫)の娘だと知りながら、かつて尾高(柄本佑)がプロポーズしてくれていたことを知ったケイト(吉高由里子)は、当時何も知らずに春樹(重岡大毅)に心を移した自分を悔やんでいた。

そんな中、週刊イーストでは年末年始合併号の準備が進む。

黒川(山内圭哉)班は国民的な人気を誇る天才ダンサー“タツミーヌ”こと河原巽(大貫勇輔)の才能に迫る特集企画を担当。早速取材に出るケイトだが、ネット上で拡散した10年前のタツミーヌの動画が炎上したことで急遽取材中止の連絡が入る!

問題の動画には老人に向かって暴言を放つ世間のイメージとはかけ離れたタツミーヌの姿が映っていて……。

編集長の岩谷いわたに(佐々木蔵之介)は記事の内容をタツミーヌの才能ではなく、本性に迫るものに方向転換して取材続行を指示。ネットの後追いで10年も前の出来事を掘り返すことに反対するケイトに取り合わず……。

仕方なく本人直撃を狙うケイトだが、タツミーヌ叩きの報道が過熱する中、本人は沈黙を貫いたまま消息を絶ってしまう……。

一方、編集部には尾高が年末の挨拶に現れる。春樹は、あることを話すため、尾高を屋上に呼び出すが……。

タツミーヌ探しが難航する中、ケイトはかつてタツミーヌがアルバイトをしていた店で意外な真相へと繋がる証言を聞く……。

引用:公式サイト

知らなくていいコト『3話』ネタバレ

ケイトは巽がバイトしていたラーメン屋を訪ね、巽が通っていたレッスンスタジオが老人ホームが出来たことで潰れてしまったことを知る。

炎上した動画はその時のもので、口論の最後の部分だけが切り取られていた。

巽がホテルに閉じこもっていることを知ったケイトは、巽に話を聞きたい旨の手紙を書いた。そして、春樹のツテで巽に手紙が届くようお願いするだった。

巽は取材に応じ、老人たちにダンスをバカにされたため、暴言を吐いたことを告白してくれた。取材の後、巽がダンスする姿も撮影し、ケイトが書き上げた記事はクリスマスに無事掲載された。

ケイトはお正月にふと思い立ち、乃十阿(小林薫)の居場所を検索してみた。

SNSの情報から、乃十阿が自転車屋をやっていることを知り、現地へ向かった。すると店から出てきた乃十阿とケイトは、互いに見つめ合うのだった…。

知らなくていいコト「3話」感想

知らなくていいコト「3話」の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

人気記事知らなくていいコト|キャスト・ネタバレはコチラ

【知らなくていいコト】ドラマ 動画の無料視聴|pandora・dailymotion の配信は?ドラマ『知らなくていいコト』動画全話を無料視聴する方法を解説。pandora(パンドラ) や dailymotion(デイリーモーション)の配信は?2020年の放送で、主演は吉高由里子。...
関連記事
error: Content is protected !!