ネタバレ・感想

ハケンの品格2020|6話 ネタバレ感想【AI vs 現場】



ハケンの品格2020「第6話」が、2020年7月22日(水)に放送されました!

このページでは、ハケンの品格2020「6話」の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

関連記事ハケンの品格2020|キャスト・各話のネタバレはコチラ

ハケンの品格2020「6話」ネタバレ

ハケンの品格2020「6話」ネタバレです。

AIの命令

宮部から会社の立て直しを指示された東海林は、ペーパーレス化や備品の再利用などコストカットを推し進めていた。

春子にも手伝って欲しかったが、本人には素直に言えない東海林。

隅田フーズを訪れた里中たちは、勉強のために社長の隅田から説明を受けつつ夏の新メニューを試食していた。

そんな中、宮部の元を訪れた東海林は、AIによって「会社の無駄」を見つけ出していると知らされる。

それにより、無駄なものは排除していくと言われ、このままでは人員削減の一環として派遣社員から切り捨てると聞かされる。

////

早速無駄な物を探し出す東海林だったが、その中に里中肝いりの「まごころ弁当プロジェクト」があることに気づいた。

東海林は里中と春子を呼び、隅田フーズにまごころ弁当を発注することで利益率が低くなっていることを指摘する。

隅田フーズではなく他の業者に発注するべきだと言うものの、里中は隅田フーズでなければだめだと主張する。

1週間の間に利益率を上げるよう指示された里中は、容器をプラスチックに変えたり、弁当に入れていた笹の葉を入れないよう提案。

里中は、笹の葉を一枚ずつ摘み取ってくれていた加代に、断りの電話を入れたのだった。




気象予報士・春子

春子とともに隅田フーズを訪れた里中は、春子に打開案を探ってもらう。

天気によって発注数を決めているものの、外れることによって大量の廃棄ロスを出していたことに着目した春子。

気象予報士の資格を持つ春子が毎日「隅田フーズ」に天気を伝えることで、利益率も徐々に高くなってきていた。

そんな中、商談相手から「まごころ弁当」を300個発注したいとの話が舞い込んだ

だが、従業員が風邪気味で数名休んでおり、300個は無理だと言う隅田。

チャンスを逃さないためにも、春子を筆頭に里中や井出たちも手伝い、何とか300個の発注に間に合わせることができた。

一方、東海林は常務から隅田フーズの状況を聞かれ上向きになっていることを告げるが、1週間以内に切るよう言われてしまう。

本社から長年離れていた東海林なら、人間関係のしがらみが無いのでコストカットしやすいだろうと思われての指示だった。

隅田フーズのために

春子がバイト先で踊っていると、東海林がやってきた。

春子にコストカットや隅田フーズを切る件で愚痴をこぼしていると、井出や里中たちもやってきた。

里中は何とか隅田フーズを残したいと伝えたが、会社の方針だと言いきる東海林。

諦めきれない里中は明日で1週間になるため、その間の売り上げ資料を持って隅田フーズを残してもらえるよう頼みに行くことにした。

最終日、春子の予想では晴れだったが、AIでは雨となっていた。案の定、雨が降ってきて、大量の弁当が残ってしまう。

挨拶に来た加代が春子に借りた傘を返しにきたことから、春子がわざと天気を間違えたことに気づいた里中。

隅田フーズのためにも切られるべきだと言う、春子。

隅田フーズには信念や技術があるため、S&Fでなくても居場所を探せばいいと言う春子の言葉を噛みしめる隅田。

後日、300個発注した大手企業と隅田フーズは契約し、まごころ弁当をはなえみ弁当と名前だけ変え売り出すことになった。

その後、里中がリストラ候補を見ていると、その中に東海林の名前が入っていた…。

 

おわり…

ハケンの品格2020|7話 ネタバレ感想【里中アジフライプロポーズ】ドラマ・ハケンの品格2020「7話」ネタバレと感想・次回のあらすじ。2020年7月29日放送。...

ハケンの品格2020「6話」感想

ハケンの品格2020「6話」の感想です。

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

【ハケンの品格 2020】ドラマ動画を1話〜最終回まで無料視聴|pandora・dailymotion の配信は?ドラマ『ハケンの品格 2020』動画配信を1話〜最終回まで全話を無料視聴する方法。pandora(パンドラ) や dailymotion(デイリーモーション)の配信は?2020年の放送で、主演は篠原涼子(大前春子)。...

ハケンの品格2020 次回のあらすじ

「ハケンの品格2020」次回のあらすじです。

AIが打ち出したリストラ候補に東海林(大泉洋)が入っていたことがショックの里中(小泉孝太郎)。そしてまだそのことを東海林には言えないでいた。
宮部社長(伊東四朗)は、会社挽回の一手だと以前里中が提出した、S&F社直営のコンビニを作る企画書を差し出す。もちろんAIの力も借りて。

「コンビニの企画、死にもの狂いでやります」
里中は、営業企画課の仲間達と、プロジェクトに没頭していく。大前春子(篠原涼子)のアイデアで、子供連れや、働くお母さんに便利な店という店舗のイメージも固まっていき…。
そんな中、里中のPCにあったリストラ候補名簿が流出してしまう!

自分の名前を見た東海林は言葉を失い、候補になっている社員達はパニックに。プロジェクトが成功したら里中が取締役に昇進することも判明し、リストラ候補の社員は裏切られたとやけをおこす始末。
一方で、トラブルが続きながらも、コンビニのパイロット店舗は出来上がっていく。
実はその間、里中の中では、衝撃の決意が固まりつつあった…。

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

 

関連記事ハケンの品格2020|キャスト・各話のネタバレはコチラ

全話配信ハケンの品格と珍客|1話〜最新話まで全話見る【2週間→無料】 

 

関連記事
error: Content is protected !!