ドラマネタバレ・感想

となりのチカラ|2話 ネタバレ*感想【孫と祖母の伝言ボード】

ドラマ「となりのチカラ」2話が、2022年1月27日(木)に放送されました!

孫と祖母による、涙のストーリーです。

このページでは、ドラマ「となりのチカラ」2話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「となりのチカラ」2話 ネタバレ

ドラマ「となりのチカラ」2話のネタバレです。

余計なお世話?

ある朝、チカラ(松本潤)一家は、上の部屋から「助けて!」という声が聞こえた。

どうしようかとチカラが中腰になって悩んでいたところ、灯(上戸彩)に背中を押され、チカラは上の階へ駆けつける。

廊下に出てきた503号室の柏木清江(風吹ジュン)が

「うちに知らない男がいるの。強盗よ!」

と訴えてくる。恐る恐る部屋に入ったチカラだったが、そこにいたのは清江の孫の託也(長尾謙杜)だけ。

すると託也は、突然強盗のフリをし始め、そのまま部屋を出ていってしまった。

どうしていいかわからず困っているチカラに、清江は「あれ?託也じゃ?」と正気に戻る。

チカラは玄関の外にいた託也と話をして清江が認知症であることを聞く。

託也が受験を控えた高校生でありながら、1人で清江の面倒を見ていることに感心したが、託也の手が震えていたのを見て心配する…。

託也からは口止めされたが、思い悩む清江を見かけたチカラ。

またしても放っておけず、週末にホームパーティーを開き、清江と託也を招待しようと灯に提案する。

提案は即却下されたが、買い物を忘れてしまった清江と偶然会った灯は、そのまま中越家で夕食をとることになった。

その席で、清江の介護に関する資料を手渡そうとしたチカラだったが、2人からは拒否されてしまう。

清江はもともと、学校の先生を長年やっていてしっかりしている。介護のこともすでに調べていたが、

「誰にも迷惑をかけずに2人で過ごしたい。」

と言い、部屋を出てゆく。

そして託也も、怒って出ていってしまった。

10年前のできごと

実はこのとき、拓哉は両親が揃っていて幸せなのに、文句ばかりいう愛理(鎌田英怜奈)と高太郎(大平洋介)にイラだっていた。

ある日、清江が台所で天ぷらをしていると誤って出火させてしまった。

管理人とチカラが駆けつけなんとか台所のボヤだけで済んだが、管理人は「認知症だな」とボヤき、不快な顔をして帰っていった。

託也はこれ以上迷惑はかけられないと、教師になる夢を捨て在宅で出来る仕事に就き、24時間「清江」の面倒を見ると言い出した。

ところが、その清江がいなくなってしまう。

灯、チカラは託也と一緒に探し始める。マンションの人に聞いても皆そっけなく、隣人の頼子(松嶋菜々子)に占ってもらった方向を探すも見つからない…。

マンションに帰ってきたチカラは、戻ってきた601号室の上条(清水尋也)に尋ねると、清江が橋の上にいたと教えてくれた。

無事に見つかった清江は、

「自分がいなくなることが託也の幸せ」

といって飛び降りようとする。すると、チカラは突然、10年前に清江に会っていたことを思い出した。

足をくじいた清江をおぶってあげた時、清江は託也のことを話していた。

その話を聞いた清江は、その場に座り込んだ。そして、チカラにおんぶされマンションに戻った。

娘の成長

部屋で眠る清江を前に、チカラが清江から聞いた話を託也にすると、託也は今まで抑え込んでいた感情を爆発させ、泣き出してしまう。

チカラはそっと肩を抱き、託也が泣き止むまで寄り添った。

翌日、自宅のボードに書かれた灯の伝言を見てひらめいたチカラは、託也たちにも使ってもらおうと書き始める。

そして、そのメモを持って503号室へ向かった。

託也と清江は笑顔でチカラを招き入れ、ボートに様々なメモを張り付けていく。

そして、2人が最後にチカラに見せたメモには「困ったことが会ったらチカラさんに連絡」と書かれていた。

後日、チカラは愛理の授業参観に向かった。

将来の夢についての作文を読んでいた愛理は、チカラのようにはなりたくないが、チカラのような人がもっといれば、世の中は少し暖かくなるかもという内容だった。

チカラは、娘の成長に目を細めた。

 

つづく…

となりのチカラ|3話 ネタバレ*感想【女性たちの逆襲】ドラマ『となりのチカラ』3話のネタバレ・感想。2022年2月3日に放送。...

 

ドラマ「となりのチカラ」2話の感想

ドラマ「となりのチカラ」2話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【となりのチカラ】キャスト・各話のネタバレ

 

2022 春ドラマ 25作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!