ドラマネタバレ・感想

DCU|8話 ネタバレ*感想【テルマエ・ロマエ】

ドラマ「DCU」8話が、2022年3月13日(日)に放送されています!

8話で使われたロケ地のレジャー施設は、三重県桑名市にある「ナガシマスパーランド」でした♨

このページでは、ドラマ「DCU」8話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「DCU」8話 ネタバレ

ドラマ「DCU」8話のネタバレです。

戸塚の動揺

瀬能(横浜流星)は成合(吉川晃司)から、自分の父・陽一(西尾浩行)がテロリストの一味だと聞かされ動揺する。

そして、記憶を取り戻すことが必要と感じ、久しく行ってなかった実家に向かう。そこに、DCUの神田(趣里)が追いかけていた。

一方、新名(阿部寛)たちは、成合がある総合レジャー施設に潜伏していることを突き止めた。

レジャー施設の支配人・戸塚明男(田辺誠一)は、かつて東都重工で陽一の助手をしていた人物で、瀬能の父親が亡くなり戸塚は会社を辞めていた。

旅館についた新名は、直接戸塚に会って話をする。

新名が戸塚に研究データの横流しについて尋ねると、戸塚は明らかに動揺した様子を見せる…。

食事の後、通常は掃除の時間となり閉まってしまう浴場を、戸塚が解放してくれた。

先に成合を追って温泉に来ていた西野(高橋光臣)と合流し、話をしようとしたが西野は殺されかけていた。

それは、ガスによるものだった。

その時間に新名が温泉にいると知っているのは、戸塚とその娘・明美(島崎遥香)だけ。

一方、新名と一緒に来ていた真子(市川実日子)は、事件捜査のことを打ち明けられないことに不満を持つも、温泉水などを調べるため東京に帰った。

フロッピーディスク

実家に帰省していた瀬能は、一枚の写真からある釣具店に目星をつける。しかし、そこには何の手掛かりもなかった。

一方、戸塚と再度話をすることにした新名。

戸塚は食事処でハマグリを食べ、ビールを飲みながら話そうとする。ところがその後、新名は気を失ってしまう。

戸塚は新名を温泉の浴槽に突っ込み、殺そうとする。

新名が息をしなくなったところで、今度は戸塚が気を失ってしまう。しかし、新名は息を止めただけで生きていた。

戸塚が目を覚ますと、そこは新名の部屋だった。

娘の明美に話を聞くと、成合が父親を訪ねてきてから様子がおかしくなったという。戸塚は観念し、新名に真相を話しはじめる。

瀬能の父親が開発していたのは遠隔操作システムで、完成版を瀬能の父親がどこかに隠していると睨んだ成合は、在り方を聞きに来ていた。

そして、戸塚は瀬能の父がテロに関与していたのではなく、テロたちと戦おうとしていたとを告げる。

東都重工の上層部はテロと関与しており、さらに新名を殺すように命令を下したのは成合ではなく、瀬能の父の助手・笠原英伍(岡田浩暉)だった。

その頃、瀬能は父親から言われた「大事なものは宝箱にある」という言葉を思い出した。

実家に戻り、古いフロッピーディスクを発見。そして成合に渡すと、成合はボートで去っていった。

しかし、成合に渡したフロッピーはデータが入っていないニセモノで、本物のデータが入ったフロッピーを新名に渡す。

これにより瀬能と新名はわだかまりがなくなった。

一方、真子は新名の部屋で、成合が生きているという事実を知ってしまう。

 

つづく…

DCU|最終回 ネタバレ*感想【続編あり?】ドラマ『DCU』最終回(9話)のネタバレ・感想。2022年3月20日に放送。...
DCU|ドラマ 動画1話〜無料視聴【見逃し配信】ドラマ『DCU』見逃し動画を1話〜最新話まで無料視聴する方法。2022年の放送で、主演は阿部寛。...

 

ドラマ「DCU」8話の感想

ドラマ「DCU」8話の感想です。

==

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【DCU】キャスト・ネタバレはコチラ

 

2022 春ドラマ 25作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!