ドラマネタバレ・感想

推しの王子様|最終回 ネタバレ*感想《初心》



ドラマ「推しの王子様」最終回(11話)が、2021年9月23日(木)に放送されました。

いよいよ最終回!ペガサス・インクの騒動や、泉美と航の恋の行方は!?

このページでは、ドラマ「推しの王子様」最終回(11話)の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「推しの王子様」最終回 ネタバレ

ドラマ「推しの王子様」最終回(11話)のネタバレです。

強い決意

「ランタン・ホールディングス」の傘下に入ったものの、ランタン側からの一方的な要求に翻弄され、さらにコンシューマーゲーム化を目指した企画の大事なプレゼンで、何も話せないという失態を犯してしまった泉美(比嘉愛未)。

光井(ディーン・フジオカ)や航(渡邊圭祐)ら「ペガサス・インク」のスタッフたちに迷惑をかけてしまったと苦しむ中、乙女ゲームへの情熱を失ってしまった泉美が出した結論は、ペガサス・インクを辞めるというものだった。

そして泉美は、交際を始めたばかりの光井にも別れを告げると、マンションを引き払い姿を消してしまう。

それから10日後。

ペガサスは、ランタンから来ていた小島(竹森千人)が新社長に就任し、小島はゲーム制作に関するプロジェクト・チームの刷新に動き出していた。

一方、航から泉美の居場所について心当たりはないかと問われた光井は、泉美と別れたことを打ち明ける。

泉美を支えることも、スタッフをまとめることも出来ずに不甲斐ない、と自分を責める光井に「光井にはそんな言葉は似合わない」と訴える航。

すると光井は「強い決意を持って、会社のことは出来る限り努力する。」と誓った。

一方、実家に帰省していた泉美は、自分を突き動かしていた乙女ゲームへの情熱も“推し”もいない今、何をすればいいのか分からずにいた。

母親の妙子(長野里美)や父親の勉(井上浩)も、帰ってきてから一度もゲームをしていない泉美のことを心配していた。

大切な「推し」

そんなある日、泉美の前に光井が現れる。

泉美は心配をかけてしまったことを謝ると、どうして乙女ゲームを好きになったのかずっと考えていたと光井に話す。

光井はそんな泉美に、色んなものを背負わせてしまったことを詫びると、サ終(サービス終了)後もいまだにSNSへの書き込みが続いている「ラブ・マイ・ペガサス」は、泉美がこれまで頑張ってきた証として、多くの人にとって大切な「推し」を作ってきたと告げる。

そして、航も泉美への感謝の気持ちを残そうと頑張っていることを打ち明け、泉美も自分の気持ちに素直になっても良いのではないか?と伝えた。

そんな折、小島がペガサスのスタッフを飛ばして、デザイナーへ直接発注するという騒動が発生していた。

小島は憤る有栖川(瀬戸利樹)や芽衣(徳永えり)たちに対し、これからは無駄な会議を減らし、下請けを利用することで効率化を図る新たな制作体制を導入すると告げる。

その夜、航は杏奈(白石聖)のマンションを訪れる。

航はペガサスのことを心配する杏奈に、

ゲームが作れなくなるわけじゃない。

何かに悩んでいても、ゲームをやっているときくらい、そういうことを忘れてほしい。

それでまたいつか、前を向けるようになってほしい。

と話す。それは、泉美へ向けた言葉でもあった。

このままでは泉美に何も返せない。

別の日、泉美は親友の理香子(河井若葉)に会う。理香子は間もなく3人目の子を出産する予定だった。

理香子が連れてきた長男の英(加藤叶和)はあるヒーローものに夢中で、そのおかげで毎日楽しそうにしているという。

理香子たちと別れた後、泉美は「恋する森の中へ」をプレイしている女子高生たちの会話を耳にする。

「恋森」は今、新規イベントが不評で大炎上しているという。

炎上の報告を受けた十蔵は激怒し、小島や野島(永山たかし)を怒鳴りつける。

一方、ペガサスの面々も、ランタンが勝手に発注したことが原因で起きた今回の騒動の尻拭いをさせられることに我慢できずにいた。

その怒りは泉美へも向けられるが、光井は泉美が芽衣たちの企画したゲームを実現させることを条件に、買収話を受けたことを打ち明ける。

航も、

泉美は自分たちを見捨てたわけじゃない。

このままでは泉美に何も返せない。

自分たちが作ったゲームでもう一度、泉美に乙女ゲームを好きになってもらいたい。

と訴えた。

あるブログ

するとそこへ杏奈がやってきて、あるブログのことを光井たちに伝えた。それは、「恋森」の改善案を記したものだった。

その文章を読んで、すぐに泉美が書いたものだと気づいた一同は、その内容をもとに修正に取り組み始めた。

作業を終えて有栖川と帰路についた光井は、これからは自分なりのやり方で泉美のことを思っていく、と告げる。

実は光井は、今後のペガサスのことも考えており、映画製作に進出するプランを持っていた…。

航は仕事を手伝ってもらった杏奈と一緒に帰宅。

そこで杏奈はペガサスへの就職を取りやめ、ライバル会社でもある「ゼウス」への就職にチャレンジするといい、航にも別れを告げる。

これからは、好きなものを好きって言える航くんでいてほしいの。

杏奈はそう航に言うと、涙をこらえ去っていった。

1週間後、泉美のもとへ1通のメールが届いた。それは「ラブ・マイ・ペガサス」のサービス再開を知らせる内容だった。

光井たちは十蔵に会いに行き、ペガサスを再度独立させてほしいと願い出る。

効率化の方針は合理的だと思うが、ユーザー1人ひとりの日々を輝かせる「推し」を作るためには妥協はできないと訴える。

それがペガサスの指針であり、泉美の乙女ゲームに対する考え方だと伝えた。

退職願まで用意していた光井たちの覚悟を知った十蔵は、それを受け入れる決断を下す…。

自分の気持ちに向き合う

泉美は、以前ペガサスが入っていたビルを訪れた。「ラブ・マイ・ペガサス」のサービス再開を知らせるメールに、会社に来るよう記されていたからだった。

するとそこに姿を現したのは、ケント様の衣装を身につけた航だった。

突然のことに驚く泉美に、航はみんなでランタンを辞めることにしたと打ち明けた。そして、泉美に出会えたことへの感謝の気持ちを言葉にする航。

泉美もまた「恋森」をプレイしてゲームが好きだった頃の気持ちを思い出した、と答える。

泉美はきちんと自分の気持ちに向き合おうと思うといい、航のことが好きだと告げる。航は微笑むと泉美を抱きしめ、キスしようとした。

とそのとき!ドアの外で光井たちの声が聞こえ、航はとっさにドアのカギをかけると、改めて泉美を抱きしめた…。

1年後、杏奈は「ゼウス」への就職を果たし、ゲーム作りで手腕を発揮する。

ランタンは、米の産業用ドローンメーカーとの事業提携を発表し話題を集めていた。

ペガサスは、光井がプロデュースした映画のヒットで波に乗っていた。そこに、蓮(藤原大祐)が出前を持ってやってくる。

蓮も、念願が叶って芸能事務所への所属が決まっていた。

泉美と航は、新たにリリースされた「ペガサスZ」を一緒にプレイしていた。仲良く並んでプレイする2人の会話は尽きることなく…。

 

おわり…

【推しの王子様】ドラマ 動画1話〜無料視聴|pandora*dailymotion の配信は?ドラマ『推しの王子様』見逃し動画を1話〜最新話まで無料視聴する方法。pandora(パンドラ) や dailymotion(デイリーモーション)の配信は?2021年の放送で、主演は比嘉愛未。...

 

ドラマ「推しの王子様」最終回の感想

ドラマ「推しの王子様」最終回(11話)の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【推しの王子様】キャスト・ネタバレはコチラ

2021 秋ドラマ 46作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!