ドラマネタバレ・感想

モコミ|2話 ネタバレ*感想【堂々と生きる】




ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」2話が、2021年1月30日(土)に放送されました!

第2話では、萌子美が工場のアルバイトを辞め、新たな挑戦を決意します!

このページでは、ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」2話の

  • あらすじ
  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「モコミ」2話 ネタバレ

ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」2話のあらすじ・ネタバレです。

モコミ 2話 あらすじ

萌子美(小芝風花)は同居を始めた祖父・須田観(橋爪功)にずっと気になっていることを相談。

萌子美の母・千華子(富田靖子)は自分の父親とはいえ、わだかまりのある観に萌子美が頼るのを見て複雑な気持ちになる。

千華子はさらに、萌子美の言った「窓が泣いている」という言葉が引っかかっていた。千華子は萌子美が幼い頃から、他の子とは違う言動を見せるたび心配を募らせてきたのだ。

萌子美が観に打ち明けたのは、勤める工場の窓のことだった。

窓が泣くのを見たくないという萌子美の気持ちを観はあっさりと受け止め、「俺に任せろ」と孫を安心させる。

萌子美は通勤の行き帰りに、兄・俊祐(工藤阿須加)が父方の祖父から引き継いだ花屋に立ち寄るのを楽しみにしていた。

この花屋で花たちとの会話をするのは、学校を休みがちだった小学生の頃から萌子美にとって心安らぐ時間だった。

萌子美は俊祐が初めて仕入れたというバラを見て、顔を曇らせる。

あまり長くもたないことに気づき、そのことを兄に告げるが…。

ある夜のこと。萌子美は家族に工場でのアルバイトを辞め、以前からやってみたいことに挑戦したいと伝える。

しかし千華子は、人と接するのが苦手な萌子美にはいまの仕事が合っていると、娘の話を聞こうとしなかった。

萌子美の父・伸寛(田辺誠一)はふたりのやりとりを聞いて、複雑な表情を浮かべる。

実は伸寛にも家族に話があって…。

避けてたのは自分

翌朝、萌子美はデリバリーの青年(加藤清史郎)が落としたイヤホンを拾った。

しかし、母・千華子に言われた「人と接するのが苦手」という言葉を思い出し、青年に話しかけることができない。

母の言葉は、仕事中も萌子美の頭から離れなくなっていた。。

その後、仕事を終えた萌子美のもとに、観が仕事用のタクシーで迎えに来た。

一緒に食事へ行くと、観から「千華子が勝手に決めたルールに従う必要はない」と説得された萌子美。

〜翌日〜

萌子美は、アルバイトを辞めたことを家族に伝えた。

勝手に決めた萌子美を責める千華子に、萌子美は耐えきれず「うるさい!」と怒鳴り散らしてしまう。

萌子美は、

お母さんがいつも不安になるようなことばかり言うのが嫌!

自分を隠そうとするばかりで、生まれてこない方がよかったのかと思ってた。

ずっと自分が変な子だから避けられていると思ってたけど、バイトをやめるって言ったら、みんな私ともっと仲良くなりたかったって言ってくれた。

本当は自分がみんなを避けてたんだって、そのことに気づけたの。

と、自分の本心や気付いたことを吐き出す。

そして萌子美はこれからについて、

もう隠れたくない。

お兄ちゃんの店で働きたい。

昔からずっと好きだった場所だから。

と自分の想いを語った。

萌子美の言葉に驚いてしまい、反論する言葉も出ない母・千華子。

すると兄・俊祐から、

萌子美に「このバラ、あまり長く保たない」って言われたとき、本当は信じてなかった。

でもその後、バラは本当に保たなかった。

ごめん。

と謝罪され、花屋で働いていいと許しをもらった。

〜翌日〜

萌子美は、俊祐の花屋に笑顔で出社する♪

そんな中、清水家に伸寛の税理士事務所から大量の荷物が届いた…。

 

つづく…

モコミ|3話 ネタバレ*感想【本音を言えないのが本音】ドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』3話のネタバレ・感想。2021年2月6日に放送。...

 

ドラマ「モコミ」2話の感想

ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」2話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【モコミ】キャスト・ネタバレはコチラ

 

関連記事
error: Content is protected !!