ネタバレ・感想

私たちはどうかしている(ドラマ)|6話 ネタバレ感想【七桜の闇落ち】



ドラマ・私たちはどうかしている「第6話」が、2020年9月16日(水)に放送されました!

このページでは、ドラマ・私たちはどうかしている「6話」の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

私たちはどうかしている(ドラマ)「6話」ネタバレ

ドラマ・私たちはどうかしている「6話」ネタバレです。

佐野史郎 vs 観月ありさ

年に一度の『夕ざりの茶事』の日を迎えた。

厨房は準備に追われ、椿は『夕顔』の御菓子を作っていた。茶会には、多喜川や栞など来賓が続々と訪れる。

七桜は茶会の後にのみ開かれる、樹の部屋に入ろうと狙っていた。

七桜は茶会で、来賓客から「あの子でしょ。結婚式に乗り込んできたの。本当図太い神経ね。」と陰口を叩かれる。

すると大旦那から「それくらい図太くなければ、やっていけないでしょう。」と、七桜をフォローしてくれた。

来賓客に『夕顔』が振舞われ、絶賛される椿。

一方、大旦那の遺言書を始末しようと、茶会の合間に部屋を漁っていた今日子は、初座を終えた大旦那と鉢合わせてしまう。

大旦那はかつて、今日子の不倫現場を目撃したことを話しはじめ、あの不貞相手が椿の父なのか!?と今日子を問い詰める。

今日子は

25年前、この家に嫁いだ私は希望に満ち溢れていた。樹さんに愛されて幸せな毎日を送るのだと。

なのに、樹さんは、一度も私を愛してくれず、触れることすらも…。

お父さんも調べなかったのは、椿が本当の孫じゃないと分かったら困るからしょう?なんで私からなにもかもを奪おうとするのですか!?

この店を継ぐのは椿なんです!

と叫び、大旦那に掴みかかる。

大旦那の遺言書を奪った今日子。大旦那は、今日子に突き飛ばされ頭から血を流していた…。

そして今日子はろうそくを倒し、大旦那の部屋を去った。

////

一方、大旦那が茶室にいないことを不審に思った七桜は、椿の部屋へ。

すると、鍵が外された部屋にいたのは、樹の着物を愛おしそうに抱き締める今日子だった。

そして七桜は15年前のあの日、事件現場の庭に今日子が佇んでいたことを思い出した。

七桜、ついに正体を

七桜は今日子に、ここが樹の部屋だったことや、愛し合っていた職人に刺されことを問いかける。

すると今日子は、かつて百合子から

樹さんのことを愛してるんです!

樹さんを返してください!

と、涙ながらに言われたことを思い出した。

そして今日子は

愛しあってれば、何してもいいの?

職人で雇われたんと思って信じてた。でも、この女だった…。

2人で私の心をズタズタにしたのに、あの2人は何の罪にも問われない。憎らしかった。心底…。

と、憎んでいた。

七桜は

だから、罪を押し付けて…。

旦那さまを刺したのもあなたですか!?本当のことを話してください!

私が訴えます!あの日、あなたを見たって!

私は、さくらです。その職人の、大倉百合子の娘です!

とついに正体を明かしたが、今日子は大笑いしはじめた…。

今日子が「ねぇ、聞いたでしょう?」と言うと、そこには驚いた表情の椿がいた。

その頃、屋敷で火事が発生し、大騒動が起きていた。

////

「嘘だよな…?」と問いかける椿に、七桜は真実を確かめるために忍び込んだと明かすと、「全部、嘘だったのか。どうして…。」と涙を流す椿。

すると職人の山口から「大旦那が行方不明なんです!」と、言われる。

椿は自分が探すと部屋を出ると、七桜は「待ってる!ここで椿を待ってるから!」と叫んだ。

大旦那の部屋は炎に包まれており、椿が必死に声をかけると大旦那から「誰か助けてくれ!」と声が聞こえた。

しかし炎が強く、前に進めずにその場に倒れてしまった。

すると椿の目の前に、幼い頃の『さくら』が現れた。「七桜…。」と椿が手を伸ばすたが『さくら』は消えてしまった。

その時、椿のもとにとある人物が駆けつけ…。




全部忘れる

七桜は樹の部屋で待っていたが、城島が駆けつけ「早く出ましょう!」と声をかけるも、七桜はお腹が痛みだし倒れてしまう。

城島と多喜川で七桜を抱き上げ、なんとか外へと連れ出す。

その後、七桜が目覚めると病院のベッドにいて、側には夕子が看病してくれていた。

椿たちの安否を尋ねると、あの火事で亡くなった人は誰もいなかったと聞かされ、ホッとする七桜。

しかし、七桜は赤ちゃんを流産してしまった…。

////

一方、椿はまだ目を覚ましていなかった。

七桜と夕子の会話を聞いていた城島は、多喜川に「七桜さんはこのまま光月庵と縁を切った方がいい。店に戻っても辛いだけだ…。」と告げる。

七桜は屋上へ行くと、

ママ、ごめんね。私何もできなかった。あの人のせいで、ママが犯人にさせられたって分かったのに。

と泣き崩れた。

そこへ多喜川が現れ、「七桜ちゃん、君はこれからどうしたい?光月庵に戻りたい?」と優しく尋ねる。

すると七桜は「私は、御菓子を作りたい…。」と答えた。

七桜は『全部忘れよう。光月庵のことも。椿のことも。大丈夫、きっと忘れられる。』と、心に決めた。

三ヶ月後。

大旦那はまだ入院中だったが、椿は退院し「和菓子教室」を開いていた。

椿はずっと七桜のことを探していた。

今日子から「今さら見つけてどうするの?あの火事の日、あの子より店を継ぐことを選んだのよ。」と椿に告げる。

椿は火事のあと10日間も眠っており、目を覚ました時に七桜はもういなかった。七桜を探すことが愛なのか憎しみなのか、椿自身も分からなかった。

今日子は「あの子よりも、もっと向き合うべき人がいるでしょう?」と告げる。

あの火事の日、椿のもとに駆けつけたのは栞だった。栞は火事のせいで顔にやけどを負い、椿は栞に申し訳ない気持ちを抱いていた。

しかしその後、栞は見合いの席で「申し訳ございません。やっぱり結婚はできません。」ときっぱり断った。

一方の椿は大旦那の見舞いに行った先で、七桜らしき人物を見かけ追いかけたが見失ってしまった。

今日子は、火事の日に奪った大旦那の遺言書の中身が白紙だったことを知り、憎悪に顔を歪ませていた。

数日後、栞は「家出してきたので、光月庵で働かせて欲しい」と頼み込む。

椿は「素質がないと思ったら、すぐに追い出します。きっと一ヶ月で逃げだしますよ」と告げると、栞は「私、死ぬ気で頑張ります。」と答えた。

三年後。

栞は、光月庵で一生懸命に働いていた。

今日子は栞を呼び出し「うちに来て三年もたつのに、椿さんとは何もないの?」と尋ねると、栞の首に何かを塗りつける。

「男を妖艶にする香りよ。時には自分から責めなくちゃ」と、怪しい笑みを浮かべていた。

その夜、栞は椿の部屋を訪れ「あの、椿さん今度の休み…。」と言いかけたが、城島が椿にお金を返済しに来たため、部屋を後にした。

椿は城島に「明日からメインの御菓子作りを手伝ってくれ」と告げ、城島はとても喜んだ。

城島がさり気なく七桜のこと尋ねると、椿は

あの火事の日、俺はこの店を選んだんだ。

あれから三年。

過去にするのには十分な時間だ。きっとあいつは前を向いているよ。

と微笑んだ。

2人の会話をこっそり聞いていた栞は、あの火事の日のある場面が蘇る…。

〜数日後〜

椿は光月庵の得意先「五月雨帝」から、今後1年間うちで出す御菓子は他店に決めたと告げられる。

その店は「花かすみ」と教えられた。

////

その頃「花かすみ」では、多喜川が一人の和菓子職人に「五月雨帝の御菓子はうちに決まったよ。君が作った御菓子って気付くかな。」と声をかける。

その和菓子職人は、七桜だった。。

七桜は「そんなの関係ありません。今の光月庵には消えてもらうから…」と、不敵な笑みを浮かべ、闇落ちが確定した…。

 

つづく…

【女将の部屋】ドラマ 動画の無料視聴|pandora・dailymotion の配信は?Huluオリジナルストーリー『女将の部屋』動画配信を1話〜最新話まで無料視聴する方法。pandora(パンドラ) や dailymotion(デイリーモーション)の配信は?...
私たちはどうかしている(ドラマ)|4話 ネタバレ感想【城島の浄化完了】ドラマ・私たちはどうかしている「4話」ネタバレと感想・次回のあらすじ。2020年9月2日放送。...

ドラマ 私たちはどうかしている「6話」感想

私たちはどうかしている「6話」の感想です。

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

ドラマ 私たちはどうかしている 次回のあらすじ

ドラマ「私たちはどうかしている」次回のあらすじです。

新進気鋭の和菓子屋『花がすみ』に、由緒ある五月雨亭の仕事を奪われたことに衝撃を受けた光月庵の面々。名誉挽回のため、椿つばき(横浜流星)は次の週に迫った五月雨亭・新春園遊会の選定会に向け、久々に自分で御菓子を作ることを決める。

そんな中、椿は週刊誌の記者から表向きには病死になっている樹いつき(鈴木伸之)の死について真相を問われる。今日子きょうこ(観月ありさ)が夫の不貞に逆上して刺したのではと聞く記者。椿は事件当日の今日子の行動を思い出していた…。

一方、七桜なお(浜辺美波)は偶然栞しおり(岸井ゆきの)に会う。店の名前にあぐらをかいて味を落とした光月庵には負けないと宣言する七桜。なぜ七桜は3年間でこんなに変わってしまったのか?

そこには、今日子からの執拗な嫌がらせがあった。母の無念を思い、正当な跡継ぎとして光月庵を乗っ取ると心に決めたのだった。そんな七桜をずっと支え、お店を出す支援もした多喜川たきがわ(山崎育三郎)は、椿との関係を気にしながらも、七桜の背中を押す。

選定会が近づく中、椿はテーマの『月』を表現した繊細で美しいお菓子を完成させる。椿の圧倒的な腕前に感動する一同だが、城島じょうじま(高杉真宙)は腕がある椿が厨房から遠ざかっていることを不満に感じていた…。

選定会当日。七桜は『雲一つない空に輝く月』を表現した御菓子を披露し、審査員の心を奪う。勝敗を前に庭で椿を見つけた七桜は、まっすぐに近づいて行くが…。七桜は椿が厨房から遠ざかっていたある理由に気づき、心乱される。

数日後。大旦那(佐野史郎)の見舞いから戻った椿は、今日子が選定員の市議会議員・溝口みぞぐち(吉沢悠)に根回しをしていたことを知り、今日子への嫌悪感を露わにする。一方、不正に気づいた七桜は、光月庵の牙城を崩そうと今日子と深い仲である溝口に近づいていた。急に頭角を現した『花がすみ』が気になる椿は、ある予感を抱いて店を訪れる。七桜と椿、運命の二人の再会を機に、椿を想う栞、七桜を支える多喜川の想いが交錯していく…!

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事私たちはどうかしている*各話のネタバレはコチラ

全話配信私たちはどうかしている|1話〜最新話まで見る【2週間→無料】

関連記事
error: Content is protected !!