ドラマネタバレ・感想

着飾る恋には理由があって|最終回 ネタバレ*感想【片思いじゃなかったよ】



ドラマ「着飾る恋には理由があって」最終回(10話)が、2021年6月22日(火)に放送されました!

それぞれが選んだ答えとは…。

このページでは、ドラマ「着飾る恋には理由があって」最終回(10話)

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「着飾る恋には理由があって」最終回 ネタバレ

ドラマ「着飾る恋には理由があって」最終回(10話)のネタバレです。

結婚しよう

くるみ(川口春奈)はSNSが炎上して以来、気持ちが途切れてしまい投稿できない日々が続いていた。

そんなくるみを見かねた祥吾(向井理)は

今できることを考える。

自分と未来は変えられるから。

と救いの言葉を掛け、顔を上げて前を向くよう励ます。

その後、盗作をしたデザイナーが謝罪会見を開き、他の人は何の関係もないと宣言したことで、くるみのSNSのコメント欄も鎮火した。

しかし、くるみがSNSを更新できない日々はその後もしばらく続いた。

一方、北海道で店を任せたいというスポンサーが現れ、心が揺れ動いていた駿(横浜流星)。

陽人(丸山隆平)から突然のプロポーズを受け、戸惑う羽瀬(中村アン)。

そして、礼史(生瀬勝久)から「もう一度やり直したい」と言われた香子(夏川結衣)。

それぞれが、人生の選択に迷っていた。

羽瀬は絵をきっぱり諦め、芸術系の本屋に就職するといい、絵をすべて捨てる決心をする。陽人や駿も一緒に手伝ってくれた。

ところが翌朝、羽瀬はやっぱり諦められずゴミとして出した絵の元へ走るも、収集車がすでに回収した後だった。

落ち込みながら部屋に戻ると、実は陽人が絵を回収してくれていた。そんな陽人に感動し羽瀬は「結婚しよう」と告げる。

陽人は「わからない」と言いながらも、結婚することにした。




一生付き合ってください

くるみが目をつけていたランプの製造元に、祥吾が出向いて説得してくれたお陰で、目当てのランプを入荷できることになった。

祥吾にお礼を伝えようとしたが、祥吾はトルコに旅立つためすでにシェアハウスを出たあとだった。

何とか追いつき、寸前で祥吾を捕まえたくるみ。

社長への片思いをバネに頑張ってこれました。

仕事・経験・オシャレすること・SNSで発信すること、泣いたり笑ったり、バイヤーになるっていう夢。

他にも、たくさん宝物をいただきました。

と、7年間の想いを祥吾に伝える。

すると祥吾から「片思いじゃなかったよ」と言われ、驚いたくるみ。しかし、駿を選んだくるみはタクシーに乗る祥吾を静かに見送った。

その後、くるみはバイヤーの夢を叶えるため、会社を辞めランプをメインに扱う自分のショップを始めることにした。

そして、陽人と羽瀬の結婚式当日。

香子は礼史と「友情以上家族未満」の関係を作ることになり、駿は北海道行きのオファーを断っていた。

田舎に住むくるみのインスタファンに頼まれ、カレーのケータリングに行ったところ反応が良かったため、駿は日本全国をキッチンカーで周ると決心。

そんな駿の夢を、くるみは応援すると伝えた。

駿はくるみに「付き合ってください」と告げ驚くくるみに、駿はさらに「一生付き合ってください」と伝える。

くるみは駿のために、着飾って綺麗にして行くと答えた。

そして5年後、キッチンカーで回る駿のもとに子供を連れたくるみが歩いてきた💕

 

 

つづく…

【着飾る恋には理由があって】ドラマ 動画1話〜無料視聴《見逃し配信》ドラマ『着飾る恋には理由があって』見逃し動画を1話〜最新話まで無料視聴する方法。2021年の放送で、主演は川口春奈。...
【着飾らない恋には理由があって】動画を無料視聴《見逃し配信》Paravi(パラビ)スピンオフドラマ『着飾らない恋には理由があって』動画配信を1話〜最新話まで無料視聴する方法。2021年の配信で、主演は山下美月(乃木坂46)。...

 

ドラマ「着飾る恋には理由があって」最終回の感想

ドラマ「着飾る恋には理由があって」最終回(10話)の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【着飾る恋には理由があって】キャスト・ネタバレはコチラ

【着飾る恋には理由があって】ドラマ 動画1話〜無料視聴《見逃し配信》ドラマ『着飾る恋には理由があって』見逃し動画を1話〜最新話まで無料視聴する方法。2021年の放送で、主演は川口春奈。...
【着飾らない恋には理由があって】動画を無料視聴《見逃し配信》Paravi(パラビ)スピンオフドラマ『着飾らない恋には理由があって』動画配信を1話〜最新話まで無料視聴する方法。2021年の配信で、主演は山下美月(乃木坂46)。...

 

2021 夏ドラマ 39作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!