ネタバレ・感想

スーツ2『14話』ネタバレ・感想【誰もいない説明会】



2020年10月12日(月)に、SUITS/スーツ2「第14話」が放送されました。

このページでは、SUITS/スーツ2「14話」の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

SUITS/スーツ2「14話」ネタバレ・あらすじ

SUITS/スーツ2「14話」のネタバレです。

蟹江&甲斐ファーム

不当解雇を訴えていた尾形万智子は、蟹江(小手伸也)にセクハラ行為を受けていたと証言する。

一方の上杉は、100億円積まれようが和解に応じないと甲斐に告げる。

その後、テレビや週刊誌でもチカの女性差別による解雇問題が取りあげられ、大丈夫なのかと不安になる華子(安達祐実)。

蟹江は甲斐を助けようとするが、実際に万智子を食事に誘っており言い訳ができなかった。

そんな甲斐は蟹江に頼らず、蟹江は蟹江自身でケリをつけろと告げる。




高笑いの上杉

甲斐たちは店への聞き込みで、上杉と万智子の不倫証言が浮上した。

上杉は不倫を認めたが、横領は口外したら契約違反だと依然として戦う姿勢を貫く。法廷に出れば万智子の事情が公になるが、それでもかまわないと強気の上杉。

蟹江は上杉に会い、金で万智子を動かした証拠を突きつけた。

////

大輔は上杉が万智子を利用していると伝え、被害女性126人の資料を渡し揺さぶる。万智子は不当解雇の訴訟を取り下げた。

甲斐(織田裕二)は、大輔(中島裕翔)とともに『フォルサム食品』訴訟の女性原告団126人を集めた説明会の会場へと向かった。

だが、会場には何故か誰も来ていなかった。甲斐はチカからの電話で「冷静に聞いて…」と言われ。

その一方で、上杉は高笑いしていた…。

 

つづく…

SUITS/スーツ2「14話」感想

SUITS/スーツ2「14話」の感想です。

SUITS/スーツ2 次回のあらすじ

「SUITS/スーツ2」最終回(15話)のあらすじです。

甲斐(織田裕二)は、大輔(中島裕翔)とともに『フォルサム食品』訴訟の女性原告団126人を集めた説明会の会場へと向かった。だが、会場には何故か誰も来ていなかった。

ファームに戻った甲斐に、チカ(鈴木保奈美)は、ロンドンを拠点とする世界3大ファームのひとつ『ダービー総合法律事務所』の力を借りるつもりであることを告げる。

人材の流出と資金不足に苦しむ『幸村・上杉法律事務所』にとって、訴訟を継続するためには圧倒的な資金力を誇る彼らの力が必要だったのだ。

ほどなく、『ダービー総合法律事務所』から担当者がやってくる。

それは、代表のエドワード・ダービーではなく、甲斐のハーバードロースクールの後輩で、元恋人でもある綿貫紗江(観月ありさ)だった。甲斐の秘書を名乗り、原告の女性たちに説明会の延期を伝えたのは彼女だった。

甲斐は、『ダービー』側が合併も視野に入れて協力を申し入れてきたことを見抜き、彼らの力を借りることに反対する。だが、その間も『フォルサム食品』側はメディアをコントロールし、世論を味方につけていた。

そこで甲斐は、一緒にやるのは『フォルサム食品』訴訟のみ、という条件で、紗江と手を組むことにする。

一方、真琴(新木優子)は、蟹江(小手伸也)のトラブルが原因で東大ロースクールの試験に落ちたことを大輔に打ち明ける。大輔は、蟹江から直接その経緯について、聞こうとするが……。

甲斐は、『フォルサム食品』の全国335部署の女性幹部数と昇進率を調査する。

その中から甲斐が敢えて戦いに選んだのは、女性の昇進率が最も高く、勝ち目の少ない日本橋支局だった。

だが、敵の裏をかこうとしたその狙いは、『フォルサム食品』の代理人弁護士・上杉(吉田鋼太郎)に読まれていて……。

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【スーツ2】キャスト・各話のネタバレはコチラ

全話配信スーツ2|1話〜最新話まで全話見る【2週間→無料】

関連記事
error: Content is protected !!