ドラマネタバレ・感想

ファイトソング|最終回 ネタバレ*結末【会いたい甘えたい大好き】

ドラマ「ファイトソング」最終回(10話)が、2022年3月15日(火)に放送されました!

いよいよ、それぞれの登場人物たちによる、恋の結末が明らかになります。

このページでは、ドラマ「ファイトソング」最終回(10話)の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「ファイトソング」最終回 ネタバレ・結末

ドラマ「ファイトソング」最終回(10話)のネタバレです。

諦めない芦田

芦田(間宮祥太朗)との思いもよらぬ再会に、つい逃げ出してしまった花枝(清原果耶)。

花枝を追いかけた芦田と、2人を追いかけてきた慎吾(菊池風磨)は、故障によりエレベーターに閉じ込められてしまう。

花枝が頑なに守ってきた秘密を知ってた芦田は、空白の2年を埋めるかのように、必死に花枝に話しかける。

ところが芦田に、

逃げ出したのは、まだオレの事を好きだから。

自分が決めたルールから離れようとしない頑なさは、弱さにある。

と言われ、花枝は思わず反発!

話は途中のまま、気まずい空気だけを残し花枝はその場を去ってしまう…。

芦田は、花枝への変わらぬ想いを改めて自覚し、爆弾発言の真意を伝えたいと、あの手この手で花枝にアタックを開始する。

花枝の行く先々に待ち受け「ブロック解除」を願ったり、「話を聞いてほしい」と粘る。

一方の花枝は、素直に芦田に向き合えず、拒否し続けてしまう…。

芦田の精一杯の告白

そんな状態を葉子(石田ひかり)に相談するが、「嫌なの?」と聞かれると「嫌ではない…」という本音ももらす花枝。

自分は耳が聞こえず、芦田が大事にしている音楽を聴くことができないから…、と寂しそうに語る。

そして、芦田はついに最終手段として、慎吾に力を貸して欲しいと願いでる。

慎吾がライバルだったと全く気づいていなかった芦田に呆れながらも、花枝に笑顔でいてもらうため、シャトーブリアンをご馳走するという賄賂のもと協力することに。

慎吾は「社長命令」として、花枝に芦田の家のクリーニングを割り当てる。

花枝が緊張した面持ちで芦田家のインターホンを押すと、ヒデ(若林時英)と俊哉(窪塚愛流)が現れた。

2人に導かれ家の中に入って行くと、そこには、慎吾や直美(稲森いずみ)・凛(藤原さくら)・迫(戸次重幸)たち、あさひ学園の仲間たちと、薫(東啓介)・葉子も待ち受けていた。

慎吾と芦田は、花枝の“空手再デビュー戦激励パーティー”を企画していた。

パーティーの途中、芦田は花枝に「話をさせてください」と再度頼み、みんなの前で自分の想いをプロジェクターに映し大々的な告白を試みる。

花枝が好きです。
今までで今日が一番好きです。
明日はもっと好きになる自信があります。
花枝が必要としてくれるまで待ちます。
1年でも2年でも、10年でも、50年でも…

すると花枝は、恋をするのは怖い、頑ななのは、自分を律していないとダメになってしまいそうだからと不安を吐露。

芦田さんのことが好き。大好き。

一緒にいたい。いたいです。

と涙しながら、やっと溜めていた想いを口にする。

会いたい、甘えたい、大好き

そして「音楽が聞こえない」ことについて不安だと伝えると、芦田は「そんなことない」と花枝を屋上へ連れて行き、スピーカーの上に座らせると「ファイトソング」を奏で始める。

花枝は音楽を振動で聴きとり、「最高です。元気もらいました」と拍手する。

後日、2人に勇気を貰った迫と凛は、それぞれ告白を決意!

迫は直美から、凛は慎吾から、それぞれ素敵な返事をもらった💕

その後、空手のデビュー戦で敗退した花枝は

負けた、会いたい、会いたい。

甘えて、泣きたい。

会いたい。待ってる。

大好き

と芦田にすぐさま電話。

駆けつけてきた芦田と仲良く手を繋ぎ、なんの介助もいらない2人だけの会話を、いつまでも続けた。

 

おわり…

ファイトソング|ドラマ 動画1話〜無料視聴【見逃し配信】ドラマ『ファイトソング』見逃し動画を1話〜最新話まで無料視聴する方法。2022年の放送で、主演は清原果耶。...

 

ドラマ「ファイトソング」最終回の感想

ドラマ「ファイトソング」最終回(10話)の感想です。

==

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【ファイトソング】キャスト・ネタバレはコチラ

 

2022 春ドラマ 25作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!