ネタバレ・感想

スーツ2『10話』ネタバレ・感想【カレーと思いきや聖澤さん。。】



2020年9月14日(月)に、SUITS/スーツ2「第10話」が放送されました。

このページでは、SUITS/スーツ2「10話」の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回の予告とあらすじ

についてご紹介します。

SUITS/スーツ2「10話」ネタバレ・あらすじ

SUITS/スーツ2「10話」のネタバレです。

上杉の1日天下スタート

ファームのトップに決まった上杉は、甲斐を呼びこれから共に頑張ろうと伝える。

しかし甲斐は、チカにファームを辞めて独立しようと提案。ところがチカからは、競業避止義務があるため1年間は新しい事務所を作れないと言われた。

仲間だと言ったにも関わらず、上杉は甲斐のオフィスを別の弁護士に渡し、甲斐は下の階へ移動させられた。

さらに上杉は、蟹江を取り込んで甲斐を追い出そうと考えていた。。

一方、祖母が亡くなった大輔は、甲斐たちには報告せず仕事に没頭していた。大輔を心配していた聖澤さん。

そんな大輔に、甲斐の仕事は手伝わず自分の案件を最優先するよう指示する蟹江。そして蟹江は、甲斐に小さな案件ばかり押し付けていた。

翌日、祖母の葬儀が営まれ、参列者の前で祖母を思い出し、泣きながら挨拶をした。

その後、大輔は幼なじみの元恋人・怜と一緒に自宅へ戻ると、いい雰囲気になり思わずキスをするも、怜から結婚していると聞かされ、大輔は部屋から追い出した。

甲斐・大輔コンビ帰国

やる気の出ない大輔は、ボストンへ渡った。

そこへ甲斐が訪ねてきて、二人で酒を酌みながら祖母が亡くなったことを伝えた。すると甲斐はすでに知っていて、自分の家族のことを話し出した。

サックスプレイヤーの父はファンの女性と結婚したが、甲斐が16歳の時に母親が浮気をしたと話してくれた。

父親には言えず、家族の中でも孤独を感じていたと話す甲斐。

昔、甲斐が蟹江のオフィスでイタズラしたと暴露すると、大輔はまたやりましょうと言い出し、二人で日本に帰りファームへ忍び込んだ。

すると、甲斐のオフィスでパソコンを触っている蟹江の姿を見つけた。

すぐに追い出し、蟹江が何をしたのかを確認したが、何も仕込まれた形跡はなかった。

このことで、上杉がコースタルのメモを偽造して仕込んだのでは?と考えた甲斐。大輔と証拠を探ることにした。




さよなら上杉

上杉がコースタルのメモを偽造し、富樫に甲斐を陥れるよう依頼した。

と、察した甲斐は富樫へ会いに行き、メモが偽造であることを認めさせる。

一方の蟹江は、甲斐から違法薬物のニオイがしたと指摘し、検査をするよう求めるも、甲斐は検査を拒否し審査会を開く権利を主張。

そのころ大輔は、コースタルの欠陥が見つかった当日、神崎社長と上杉が会っていた証拠を見つけた。

大輔は神崎の元を訪れ、ボンネットの欠陥が見つかった際、上杉と会っていたことを確認する。その上で、上杉と隠蔽する話し合いをしたのではないかと問い詰めた。

甲斐の違法薬物使用疑惑についての審査会が開かれ、上杉は甲斐の処分について言及する。それに対し甲斐はコースタルのメモを見せ、メモが偽造であることを主張。

甲斐の前にコースタルの担当だった上杉が、ボンネットの欠陥を知っていたことを指摘すると、上杉はイラつきはじめた。

そこへ大輔が入室し、神崎がボンネットの欠陥を上杉に相談し、上杉が隠蔽したことを認めたと言う。

サインの入った資料を見せると、上杉はブチギレた。

カレーじゃなくて、真琴が届く

チカは、上杉が故意にファームを訴えさせたことや、和解に応じるためパートナーそれぞれに1千万を負担させたことが背任行為にあたると主張。

そして、上杉の解任に対し挙手を求めると、全員が手を挙げた。

解任されることになった上杉は、出て行く際に自分が訴えられないよう「秘密保持契約書」にサインを求める。

チカはサインをして渡し「さようなら」と言うと、上杉は「これで全て終わった訳じゃない」と言い残し、ファームを去っていった。

////

一方、怜が大輔の家にきて、一夜を共にしてしまう。

そこへバッドタイミングで大輔を訪ねた聖澤さんは、怜と大輔の姿を目撃してしまった。。

 

つづく…

SUITS/スーツ2「10話」感想

SUITS/スーツ2「10話」の感想です。

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

全話配信スーツ2|1話〜最新話まで全話見る【2週間→無料】

SUITS/スーツ2 次回のあらすじ

「SUITS/スーツ2」次回のあらすじです。

これですべてが終わったわけじゃない――。

甲斐(織田裕二)によって不正を暴かれ、『幸村・上杉法律事務所』の代表を解任された上杉(吉田鋼太郎)は、そう言い残してファームを去った。チカ(鈴木保奈美)は、さっそくクリーニング業者を入れ、上杉が使っていたオフィスを片付け始める。

一方、大輔(中島裕翔)は、真琴(新木優子)にキスをしたその夜、幼なじみで既婚者の怜(吉谷彩子)と関係を持ってしまう。だが、そこに真琴が訪ねて来て、怜とのことを知られてしまった大輔。あくる日、真琴に弁解しようとするも、冷たくあしらわれる。関係修復を図りたい大輔だったが、甲斐に緊急の呼び出しを受けてしまい…。

事務所にとって最重要クライアントの社長夫人・佐竹美喜子(映美くらら)の自宅を訪れる甲斐と大輔。二人は、美喜子の息子・信吾(伊藤健太郎)が、昨夜、パーティーの帰りにひき逃げ事故を起こしてしまったという相談を受ける。両親を交通事故で亡くしている大輔は、いつになく冷静さを欠いており、それを察した甲斐は、大輔をこの案件から外そうとするが…。

信吾は事故当時、急に人が飛び出してきて避けようがなかったのだと主張。通報したのは信吾自身で、被害者の男性の容体も安定していた。甲斐は、警察に出頭するよう信吾に助言する。いまならまだ、事故を起こしてパニックになってその場を離れたがすぐに出頭した、と主張できるというのだ。

検察庁を訪れて、念のため根回しをしようとする甲斐と大輔は、かつて戦った検事・藤嶋春香(上白石萌音)と再会。示談を主張する甲斐と大輔に対し、藤嶋は被害者の容体が急変し、死亡したことを告げ……。

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【スーツ2】キャスト・各話のネタバレはコチラ

全話配信スーツ2|1話〜最新話まで全話見る【2週間→無料】

関連記事
error: Content is protected !!