ネタバレ・感想

知らなくていいコト|1話 ネタバレ感想【野中には裏がある?】



2020年1月8日(水)に、水10ドラマ・知らなくていいコト「第1話」が放送されました。

コチラの記事では、知らなくていいコト「1話」の

  • あらすじ
  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

知らなくていいコト『1話』あらすじ

知らなくていいコト「1話」のあらすじです。

一流週刊誌“週刊イースト”の特集班記者・真壁ケイト(吉高由里子)は、仕事に恋に充実した日々を送っていたある日、同居する映画翻訳家の母・杏南(秋吉久美子)が倒れたと連絡を受ける。

未婚のままケイトを育て上げた杏南は、病床でケイトの父があの“キアヌ・リーブス”だと言い残し、あっさり亡くなってしまう!

連載班の後輩で恋人の野中春樹のなかはるき(重岡大毅)に相談するもジョークでは、と取り合われない中、母の書斎から若き日の母とキアヌ・リーブスの写真が出てきて……!

数日後、仕事に復帰したケイトは、ずっと追っていた詐欺のネタを編集長の岩谷 (佐々木蔵之介)に直談判する。

ネット上の架空の人物に恋をして大金を貢ぎながら、自分は騙されていないと信じる高齢女性・多賀笑子(倍賞美津子)に取材をするべく、笑子が営む茶道教室に入門するケイト。

しかしガードの固い笑子を前に取材は難航。

そんな中、海外出張から戻った動物カメラマンでケイトの元カレの尾高由一郎(柄本佑)が線香を上げにケイトの家に訪れる。杏南の最期の言葉を聞き「ステキじゃないか」と“父親キアヌ説”を否定しない尾高に元気をもらうケイト。

尾高はその帰り、ケイトには言えない3年前のある出来事を思い出していた…。

翌日、詐欺取材に行き詰まるケイトは、母の遺品からある物を見つける。その先には自分のルーツに関わる衝撃の事実が隠されていた……!!

引用:公式サイト

知らなくていいコト『1話』ネタバレ

尾高が杏南に線香をあげに来た時、ケイトはキアヌ・リーヴスの話をする。それに対し尾高は「素敵な話だ」と言うも、ある記憶を蘇らせていた。

翌日、ケイトは再び笑子を訪ねると、笑子はパソコンでチャールズからのメールを翻訳していた。

足のケガで100万円が必要ということで急いでパソコンから振り込もうとしたが、パソコンが急に壊れてしまう。

ケイトはチャールズのことを詐欺だと説得するも、笑子は聞く耳を持たない。部屋から追い出されたケイトは、自宅で杏南の結婚指輪を見つける。

購入したショップで誰が買ったのか?と尋ねると、乃十阿徹(小林薫)という人物だと判明する。ネットで調べると、なんと無差別殺人事件の犯人だった…。

動揺するケイトは春樹に事実を伝えようとすると、いきなりプロポーズされてしまう。

乃十阿のことを話すもそれでも構わないと二人は婚約。その後、笑子のもとを訪ね「先生と恋の話がしたい」と取材に成功する。

数日後、ケイトは婚約のことを尾高に報告した。そして、父親のことを訪ね「私に何か隠してる」と話すも聞き出すことはできなかった。

その夜、春樹はケイトを訪ね「やっぱり結婚できない。子供のことを考えると」と婚約を破棄されてしまうだった……。

知らなくていいコト「1話」感想

知らなくていいコト「1話」の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

人気記事知らなくていいコト|キャスト・ネタバレはコチラ

【知らなくていいコト】ドラマ 動画の無料視聴|pandora・dailymotion の配信は?ドラマ『知らなくていいコト』動画全話を無料視聴する方法を解説。pandora(パンドラ) や dailymotion(デイリーモーション)の配信は?2020年の放送で、主演は吉高由里子。...
関連記事
error: Content is protected !!