ネタバレ・感想

病室で念仏を唱えないで|8話 ネタバレ感想【医者のシロクロ】3/6



2020年3月6日(金)に、TBS金曜ドラマ・病室で念仏を唱えないでください「第8話」が放送されました。

コチラの記事では、ねんとな「8話」の

・ネタバレ
・感想
・次回の予告とあらすじ

についてご紹介します。

8話ゲストねんとな|小塚里香役の女優は白石糸【娘→かんな役の子役も】

8話ゲスト病室で念仏を唱えないで|川崎みさき役の子役は誰?中野翠咲【理事長の孫】

8話ゲスト病室で念仏を唱えないで|田沼秀一役(医師役)の俳優は【前田公輝】

8話ゲスト病室で念仏を唱えないで|川崎百合子役(母親役)の女優は【大西礼芳】

 

病室で念仏を唱えないでください「8話」ネタバレ  3/6

あおば台救命救急センターでは、ペースメーカーを入れた生活保護の患者が何人も運ばれてきていた。

松本と三宅は疑問に思い、ペースメーカーの出どころを児嶋に調査依頼した。

不正を働いていた医師は誰だ!?

濱田のもとに医療コンサルタント・長谷から連絡が入り、心臓外科学会の理事長・大貫の孫・川崎美咲が、重い心臓病で入院していると知らされる。

あおば台病院に転院させ手術がうまくいけば、医師会を後ろ盾に小児ハートセンター設立がスムーズになると助言され濱田は笑みを浮かべる。

児嶋の調査結果によると、

ペースメーカーはあおば台救命救急センターで埋め込まれており、使われたものは今まで病院で使用されていないMD電子製だった。

さらに、全ての患者が同じ医師によって手術されていることも判明。

松本は濱田のもとへ向かった。

どういうことなのか?と松本が問い詰めると、濱田は

「俺がやったとでも言いたいの?」

と言われ、松本は

「そうは言ってない。お前はムカつくヤツだが、こういうことはしない。」

と、カルテを差し出す。そこには、執刀医・田沼と書かれていた。。

(田沼は病院内で、濱田の次に優秀と言われる心臓外科医)

「すいません。今、ようやく小児用のハートセンターが設立できそうなんです。今は大事な時期なんです。この件、どうか僕を信用して預けてくれませんか。」

と珍しく頭を下げてきた濱田に、松本も驚き承諾することにした。

その後、濱田は転院してきた美咲の病室へ「パンダのぬいぐるみ」を持って挨拶に伺った。そこには、オペの助手・田沼医師の姿もあった。

////

濱田はMD電子から賄賂をもらい、ペースメーカーを埋め込んでいたことを田沼に問い詰め「やるならバレないように、徹底的にやれよ。」と伝える。

内密にしてもらえませんか?と田沼から懇願され、濱田は電子カルテから田沼の不正を全て削除し証拠隠滅を図った。

美咲の手術に田沼を助手として参加させるため、今この不正が明らかになるのは損だと濱田は考えていた。

不正の証拠が削除されたと児嶋から報告を受けた松本は、濱田に怒りをぶつける。ところが濱田は開き直っていた。

身元不明の女性はシングルマザー!

ひき逃げ事故にあった女性患者が搬送されてきたが、2日経っても家族からの問い合わせが入らず身元不明になっていた。

彼女の荷物には、幼稚園の女の子に人気のキャラクターがデザインされた髪ゴムが入っていた。家族から連絡もないため、女性患者はシングルマザーでは?と考えられた。

だとしたら、自宅に乳幼児が1人で残ってるかもしれない…。と焦る松本たち。

さらに、この女性患者にも「MD電子のペースメーカー」が埋め込まれており、データを見れば患者の名前や住所が判るようになっていた。

松本と児嶋はすぐに濱田のもとに向かい、削除したペースメーカーのデータをくれと頭を下げ頼み込んだ。

濱田は不正の件を一切他言しないということを条件に、データを提供してくれた。

女性患者は「小塚里香」という名前だった。

子供は無事か!?

松本は田中を連れ、里香の自宅へ行こうと提案。

里香のカバンから鍵を見つけ、すぐにドクターカーで自宅へ向かった。同じころ、病院では里香が目を覚ましていた。

到着した松本と田中は部屋の中を探していたが、子供は見つからない。すると、タンスの中で意識を失っている女の子を発見した。

松本は「おい!起きて!ママ待ってるぞ!起きて!」と懸命に呼びかけると、女の子は目を覚ました✨

女の子の名前は栞菜(カンナ)ちゃん。その後、栞菜ちゃんは病院へ運ばれ、無事に里香と対面することができた。

松本「小塚さん、栞菜ちゃん1人で頑張りましたよ」

里香は号泣し、栞菜も嬉しそうに「ママ」と呼び、お互いに手を握りあった。

美咲の手術は無事に成功かと思いきや…

一方、濱田は田沼を助手につけ、美咲のオペを行い成功させていた。

その後のロッカールームでは、これからもよろしくお願いします!と濱田を称賛する田沼のい「今までお疲れさん。」と、伝える濱田。

「君はこれで用済み。くだらない不正で足を引っ張られたくない。小銭稼ぎでメスを入れるような奴をかばう理由はない。」

すると田沼からは「先生も悪いじゃないですか。」と笑いながら反論するが、濱田は

悪い、悪いよ。でも一緒にするな!私のは患者に必要な悪だ。

それと、辞める間際に余計なこと話したら、医師会から永久に追放するから。

と言われ、田沼は病院を去っていった。

////

憲次があおば台救急救命センターに入院してきた。松本が挨拶に行くと、憲次は入院前にとても良い先生にあったと嬉しそうに話す。

認可が下り「小児ハートセンターの建設予定地」に寝っ転がっていた濱田。ニヤケ顔が止まらなかった。

しかしその頃、美咲の容態は急変していた…。

 

つづく…

病室で念仏を唱えないでください「8話」感想

ねんとな「8話」の感想です。

ねんとな「9話」予告・あらすじ

濱田(ムロツヨシ)が担当した、心臓外科学会の理事長・大貫(きたろう)の3歳の孫・川崎美咲(中野翠咲)の容態が急変した。

直ぐに松本(伊藤英明)が対応し、濱田も駆けつけ緊急オペが行われたが、オペの失敗が発覚し、投資家リチャード・ポー(近藤公園)から融資を断られてしまう。小児用ハートセンター設立をあきらめられない濱田は、「もう一度だけチャンスを与えて欲しい」と、難しい手術の公開オペを提案する。

ところが、公開オペが始まってすぐに異変が起きる。美咲のオペ後から様子がおかしい濱田に松本は…。

一方、松本が父のように慕う、憲次(泉谷しげる)のがん治療が始まった。

ステージ4の肺線がんである憲次の治療は厳しいが、憲次は松本の懇願により治験薬での治療を決意していた。

投薬を開始し、経過は順調に思われたが…。

引用:公式サイト

 

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

人気記事病室で念仏を唱えないでください|キャスト・ネタバレはコチラ

 

関連記事
error: Content is protected !!