ドラマネタバレ・感想

桜の塔|6話 ネタバレ*感想【新派閥、改革派の誕生!】



ドラマ「桜の塔」6話が、2021年5月20日(木)に放送されております。

千堂へのクーデターに失敗した漣の、5年後の話です。

このページでは、ドラマ「桜の塔」6話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「桜の塔」6話 ネタバレ

ドラマ「桜の塔」6話のネタバレです。

5年後

漣の決死のクーデターが失敗に終わった、5年後の2021年。

刑事部捜査二課長に昇進した漣は、父の仇で今や警視副総監に昇りつめた千堂の失脚を虎視眈々と狙っていた。

そんな折、漣は国会議員・加森沙代里(中田有紀)の受託収賄罪の証拠を掴んでいながら、千堂が立件の許可を出さないため逮捕できずにいた。

漣は千堂に立件を進言するも、千堂は自身の決定を覆さなかった。

2人の間に一発触発の緊張が走る中、捜査二課に異動した富樫が間に入り事なきを得るも、富樫から漣と千堂の件を聞いた爽(広末涼子)は心配していた。

そんな矢先、捜査二課では、加森の立件資料から証拠データが消えて騒ぎになっていた。そして漣は千堂からクラブSに呼び出され、立件を見送るよう念押しされる。

千堂が帰った後、漣はママの小宮志歩(高岡早紀)からある画像を見せられた。そこには千堂と内閣府特命担当大臣・若槻有造(浜田晃)の姿が映っていた。

志歩は5年前に漣を裏切ったことを謝罪し、漣の父・勇仁(岡部たかし)を自殺に追いやった千堂に一矢報いたいと告げる。

一方、部下の富樫が千堂の指示で証拠データを削除したと疑っていた漣。

そこで捜査一課の爽に加森の賄賂受け渡し現場を押さえて欲しいと依頼。漣は若槻に関する情報を得るため、内閣情報官になった権藤(吉田鋼太郎)の協力を仰ぐ。

権藤は強硬派と言われる現在の警視総監・矢上(尾美としのり)は、汚れ仕事をさせていた千堂を次期総監にするだろうという。

同じ頃、退任を控えた矢上は、千堂に次期総監の椅子を約束すると共に、退任しても自分の権力を固辞する姿勢を見せた。

新・派閥「改革派」誕生!

その夜、千堂がクラブSで若槻と密談していると、警備局長の吉永(光石研)が偶然に現れ、すぐにその場を立ち去る若槻。

2人の関係を疑う吉永は「サッチョウ(=警察庁)の悪魔に我々の命は預けられない」と千堂をけん制する。

一方、漣は優愛(仲里依紗)との結婚記念日を祝う為、過去にプロポーズしたレストランを訪れていた。

漣は優愛に指輪を贈り、この先も自分についてきて欲しいと告げた。

そんな矢先、加森を張り込んでいた爽は、彼女が帝都商事の秘書から現金を受け取る現場を撮影することに成功した。

爽が漣にこの動画を見せていると富樫が現れ、爽を巻き込んだ上に、汚職事件を明るみにしようとする漣を責め、千堂に報告すると告げた。

富樫から猶予を得た漣は、さっそく刑事部長の土門義郎(野間口徹)を脅して逮捕状を請求、加森を逮捕することに成功した。

加森逮捕の報道を受け、寝首をかかれた千堂は慌てて漣を呼び出す。

怒った千堂は漣に降格を告げるも、漣は反撃を開始。すでに権藤から入手していた、加森と若槻の会話を録音したデータを聞かせた。

そこには加森が受け取った賄賂の一部を、若槻の口座に振り込むという内容が語られていた。

若槻は警視総監を選出する権利を持っている為、今回の加森の汚職が若槻にも及んでいることが公になれば、千堂の警視総監への道は絶たれたも同然。

自分の立場が危うくなると思った千堂は、加森を逮捕しないよう裏で手を廻していた。

これで若槻の後ろ盾を失った千堂は、警視総監への道が厳しくなってしまった。

千堂は漣に破門突きつけるが、漣は同期の新垣広海、馳道忠を呼び入れ、彼らと共に新たな派閥「改革派」を立ち上げると宣言した。

後見人の権藤も現れ、漣は千堂に宣戦布告するのだった。

 

つづく…

桜の塔|7話 ネタバレ*感想【富樫の恋わずらい】ドラマ『桜の塔』7話のネタバレ・感想。2021年5月27日に放送。...

 

ドラマ「桜の塔」6話の感想

ドラマ「桜の塔」6話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました!

関連記事【桜の塔】キャスト・各話のネタバレ

 

2021 秋ドラマ 46作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!