ネタバレ・感想

病室で念仏を唱えないで|6話 ネタバレ感想【あと1日だけ生きてみる】2/21



2020年2月21日(金)に、TBS金曜ドラマ・病室で念仏を唱えないでください「第6話」が放送されました。

コチラの記事では、ねんとな「6話」の

・ネタバレ
・感想
・次回の予告とあらすじ

についてご紹介します。

6話ゲスト弟子・唯円(ゆいえん)役の俳優は【葵揚】

6話ゲスト和田洋平の(妻/嫁役)はるか役)の女優は【文音→父は長渕剛】

 

病室で念仏を唱えないでください「6話」ネタバレ  2/21

肺がんを患った憲次から、

治療はしない。僕はもうそう決めたんだよ。

人は皆いつかは死ぬ。たとえ家族がいても、誰だって死ぬときはひとりだ。

と告げられ、照円(伊藤英明)はただ言葉を失うしかなかった。

////

病院で紙芝居を使って、子供たちにお釈迦様の説法をしていた照円。

「サイのツノのように、人と群れずに1人で生きろ」という話しだったが、子供たちには難しすぎてうまく伝わらなかった💦

そのころ救命救急センターには、数件の患者の受け入れ要請が入る。

そのうち1人、ボウリング場で倒れ搬送された患者は、整形外科の藍田(堀内健)だった。キャバクラのお姉さんにいいところを見せようとバック転をしたところ失敗したらしい💦

三宅(中谷美紀)の元カレ(吉沢悠)が難病に

次に搬送されたのは、和田洋平(吉沢悠)。

和田は、三宅(中谷美紀)が数年前まで交際していた元カレだった。和田に気づいた三宅は動揺を隠せなかった。

和田の妻・晴香の話によると、オリーブ橋小脳萎縮症(OPCA)という難病にかかっており、

・ろれつが回らなくなる
・ふらつく

などの症状があり、発症後5〜10年で死亡することが多いとされる病気だった。和田は発症後に家族と触れ合わなくなり、断捨離をしていたという。

三宅は照円に、元カレで動物学者だと和田のことを

いろいろな国に行っては絵葉書をくれて、居所がわかる人。

とても明るい人だった。

と打ち明けた。

一方、濱田(ムロツヨシ)と澁澤院長(余貴美子)が密談をしていた。

院長は有名なお笑い芸人・御代田信(藤井隆)が難しいバイパス手術ができる名医を探しているという情報を濱田に伝えた。

濱田は、リスクはあるものの良い宣伝になると引き受けることに。

////

藍田(堀内健)は、患者になってみて初めてわかったと語りだす。

痛いのに痛くないって見栄をはったり、さみしいから痛いっていったり。患者は嘘つくんだよ。

藍田の言葉が響いた照円は、憲次も嘘をついているのではないか?と考え、肺がんの専門病院を探す。

三宅(中谷美紀)は「未練じゃないの?」と照円にツッコむが、照円は、家族じゃないけど身内。幸せでいてほしい人だと返答した。

有名芸人(藤井隆)の手術と和田(吉沢悠)の手術

和田(吉沢悠)の容体が悪化、廃血栓塞栓症を起こしていた。

照円は御代田(藤井隆)の手術を延期して、和田の手術をしてほしいと濱田(ムロツヨシ)に懇願するも、濱田は身内の感情論だと却下。

何かを心に秘めた濱田の胸には、手術の痕があった。

仕方なくオペ室へ戻った松本のもとへ、濱田のオペを見学に来ていた児嶋(松本穂香)がヘルプに入り執刀した。

それは濱田の差し金だった。さらに「肺動脈を傷つけたら修復が難しい」という注意点までさりげなく添えてくれていた。

児嶋の話を聞いて、濱田に感謝する松本と三宅。

濱田(ムロツヨシ)のオペに戻った児嶋(松本穂香)は、術後の御代田信(藤井隆)の鼠径部が盛り上がったように見えたことから、医師の瀬川に鼠径ヘルニアの可能性を指摘。

しかし、であればとっくに気づいていると取り合ってもらえなかった。

日付が変わるタイミングで、和田(吉沢悠)の様子を見に行った三宅(中谷美紀)は40歳の誕生日を祝う。

「おめでとう。」

「ありがとうって言えるわけがない」と、和田。

三宅は「もし私が今の和田の状況だったら、苦しくてやっぱり心塞ぎたくなると思うよ、でもね…。」と、和田は三宅の言葉を遮り、

「もしそうなったら1人にして欲しい。そう思うよ、きっと、三宅先生。」

と、他人行儀な物言いで突っぱねた。

和田の娘のリサが誕生日プレゼントに持ってきてくれた、お誕生日カード。それさえも突っぱねていた和田。

本当はとっても嬉しかったが、それが言えなかった。

患者はウソをつく

照円はチャプレンの姿で、和田の元を訪れ

患者は嘘をつく。カッコつける、周りにも自分自身にも。せめて身内には本音をぶつけたら?

と、藍田の言葉を借りて伝える。

すると和田から、

照円が自分の立場だったらどうする?

妻はまだ若い。僕の死んだ後の人生の方が長い。だったら何も残さない方が、その方がいいでしょう。

と、和田が家族を遠ざけようとしていたのは、家族を思ってのことだと告げられる。

照円からは、

ひとりで自立して立つのと引きこもるのは違う。

死んだら家族が寂しくなると分かっているのに、今から寂しくさせてどうするんですか?

と話した。

和田は「死ぬ」というワードを使った照円を非難しつつも、現実を素直に話してくれたことに感謝した。

和田「死ぬとかちゃんといってくれるんだ。お坊さんですもんね。」

あと1日だけ生きてみる

退院の日。

和田は、迎えに来てくれた家族に感謝と愛情を表した。さらに和田は、三宅のもとへおぼつかない足取りでやってきた。

そして、

ありがとう。やっぱり助けてくれてよかった。

助けてくれたから40歳にもなれたし、娘からカードももらえた。

実はまだ期待してるんだ。

1日長く生きていれば、1日分いいことがあるかもしれない。何かいいことないかなって。

本当は今の辛さは10段階で10だ。

(三宅は悔しさが10と答えた。)

でもよかった。

ありがとう僕の人生にいてくれて、出会えてよかった!

三宅は涙が止まらなかった。

そのころ、照円もう1人の嘘をつく患者・憲次の家を訪ね、本音を聞き出そうとしていた。

 

つづく

病室で念仏を唱えないでください「6話」感想

ねんとな「6話」の感想です。

久々にドラマ出演された吉沢悠さん迫真の演技、本当に素晴らしかったです。

出演のために10kg減量されたそうです!

私は自分の妻のことが心配で仕方ないので、妻より先に死にたくないですね。

でも、妻がいない人生を生きるのはもっと辛い。

こんなことをよく考えていた時期がありましたが、今はそんな先のことよりも、大切な家族と1日1日を幸せに過ごそうと考えました。

君に読む物語みたいに、一緒に死ぬのが理想なんだけどなぁ。

ねんとな「7話」予告・あらすじ

あおば台救命救急センターにスーパーで転倒し意識不明の前田鮎子(戸田菜穂)が搬送されてきた。

三宅(中谷美紀)は鮎子が持っていたメモを見つけるが、そこには「自分は末期の乳がんで心肺蘇生は望まない」ということが書かれていた。鮎子の意識が戻り、松本(伊藤英明)は、チャプレンとして彼女の心に寄り添う。そんな中、松本は突然鮎子をデートに誘う。

次いで、交通事故の患者が搬送されてきた。ケガをしたのは桑島悟という14歳の少年で、緊急手術しなければならない状態だった。松本は悟の心臓あたりに小さな古い手術痕を見つけ、早々に手術を始めようとしたとき、濱田(ムロツヨシ)と瀬川(安井順平)が突如オペ室に入ってきて、松本を突き飛ばすように少年の手術を開始。

救急に協力しない濱田が手術を手伝ってくれた話は、救急で話題になっていたがその真意は…?さらに濱田は、謎の投資家・リチャード(近藤公園)や医療コンサルタントの長谷(淵上泰史)と、秘密裏に会っているようで…。

一方、度重なる暴言に耐えかねた瀬川は、濱田へ初めて反論し、2人は言い争いに。その現場に居合わせた松本は、つかみ合いになる二人を制止すると、濱田の胸元に手術痕があることに気づいてしまう…

引用:公式サイト

病室で念仏を唱えないで|7話 ネタバレ感想【1日でも長く生きる】2/28病室で念仏を唱えないでください(ねんとな)「7話」ネタバレと感想。2020年2月27日放送。...

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

人気記事病室で念仏を唱えないでください|キャスト・ネタバレはコチラ

 

関連記事
error: Content is protected !!