ネタバレ・感想

MIU404|1話 ネタバレ感想【機捜っていいな。】



MIU404「第1話」が、2020年6月26日(水)に放送されました!

長かった放送延期を終え、ようやく第1話がスタートしました。

このページでは、MIU404「1話」の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

MIU404「1話」ネタバレ

MIU404「1話」ネタバレです。

第4機捜(MIU404)始動

警視庁の働き方改革の一環で、刑事部・機動捜査隊(通称:機捜、別名MIU)の部隊が3部制から4部制へ変更になった。

それに伴い、4日に1度の24時間勤務に。

臨時部隊として新設された第4機捜の隊長は、桔梗ゆづる(麻生久美子)。

隊員として招集された志摩一未(星野源)だが、人事トラブルから相方が見つからない。仕方なくバディを組むことになったのが、奥多摩交番勤務の伊吹藍(綾野剛)だった。

いったいどんな人物か?と、志摩は署の皆に聞きこみを開始。

ところが、誰もが伊吹のことを“足が速い”と言うのだが、それ以外に情報がない💦そしていよいよ、伊吹とご対面。

志摩は、以外にも礼儀正しい伊吹に面食らってしまう…。

一方、第4機捜のメンバーは他に、陣馬耕平(橋本じゅん)と若いキャリア・九重世人(岡田健史)がいる。

九重の父親は警察庁刑事局長で、我孫子豆治(生瀬勝久)のゴリ押しで採用された…。

伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)の初出動

バディとなった志摩たちは、伊吹の運転で初のパトロールへ出動。

一方、陣馬と世人は年の差がありすぎるのか。どうも会話がしっくりこず噛み合わない…。

無理して会話をする陣馬に、世人は「無理して話さなくていいですよ」とグサリ💦

そんな中、伊吹があおり運転をする車両を発見!

志摩は「無視して」というものの、火がついた伊吹は人が変わったように荒い運転で犯人を追尾する。

サイレンを鳴らしながら「あおり運転」の車両を追いかけていると、横断歩道を渡ろうとしていた「西田ふみこ(平野文)」が倒れてしまう。

志摩はふみこを助けに行くと、ふみこは「おもちゃの杖がない」と言う。

そして、伊吹はあおり運転の犯人のもとへ向かい、あおり運転の運転手といがみ合う。これが事件となってしまい、陣馬と世人も駆けつける事態に。

そんな機捜の面々をよそに、一部始終を撮影していた男がいた。ナウチューバー・れっく(渡邊圭祐)だった。

その後、あおり運転をしていた車は「ドライブレコーダー」をついていたことが分かり、言い逃れができなくなった運転手。

「ナンバーは控えたので今後の運転は慎重に…」と、志摩の一言で事件は無事に解決した。

転んだおばあちゃん・ふみこはすでにいなくなっていてが、おもちゃのステッキが付近に落ちていた。

初動捜査の基本はメモ

署に戻った機捜のメンバーたちは、名物「機捜うどん」を食べていたところ、次は傷害事件が発生!

その頃、交番に女の子がやってきて「おばあちゃんがいなくなった」と、泣きながら訴えていた…。

一方、傷害事件を世人(岡田健史)陣馬(橋本じゅん)と共に捜査を開始。

被害者は血だらけで救急搬送され、犯人は顔見知りの関係ではない。

頭部を看板で激しく叩かれ、意識がないため朝まで聴取ができない状態。さらに防犯カメラもなく、聞き込みで得た情報で事件を整理した。

  • 被害者は鍵と小銭入れを持参。
  • 所持品がない為、被害者の特定ができない。
  • 13:00頃にカレー店を訪れ、そこで電話をしていた。
  • 会計をすませ外に出ると殴られた。
  • 凶器は看板。
  • 犯人は大柄の男。
  • 被害者のポケットから何かを盗んだ。

そんな中、伊吹は聞き込みのメモをしておらず、「伊吹さん、機捜は初動捜査が基本なんです」と志摩に釘を刺される。




機捜の仕事は「初犯捜査」

コインパーキングで被疑者の車を探すことにした、志摩と伊吹。

そこで、昼間のあおり運転で使われていた赤い車を発見!

中を見ると血がついており、ドライブレコーダーがなくなっていた。そして、被害者は運転手の水島だったことが判明。

その後、防犯カメラの映像から、水島の後をつけていたのは白い車の男と判明。

水島を殴りポケットから鍵を盗んだあと、コインパーキングにあった水島の車からドライブレコーダーを抜き取り自分の車に戻っていた。

水島はその犯人をあおっていたようで、それに腹を立てた犯人が水島を襲っていた。

という報告を行い、その後は捜査班に引き継いだ。

最後まで詰めたい伊吹だったが、初犯捜査が機捜の仕事だと志摩に諭された。

そこへ、転んだおばあちゃん・西田ふみこが家に帰っていないという連絡が入る。

ふみこは孫のおもちゃを探すため、深川通りの「おもちゃキャプテン」に向っていたことが判明。

伊吹は防犯カメラからふみこを探そうと言い出すが、人探しは機捜の仕事ではないと志摩に言われ、納得できない伊吹。

一方、スパイダー班の糸巻貴志(金井勇太)が、桔梗に動画を見せていた。

ナウチューバ―(渡邊圭祐)がアップした動画の画像には、なんと伊吹の姿が💦機捜の4人は桔梗から動画を見せられ、4機捜は仮のものだと言われる。

伊吹(綾野剛)ランニング

そこへ新たな情報が入った。

傷害事件の犯人の車は違っており、犯人は車のナンバーを付け替えて、あおり運転を繰り返していた。

伊吹は「緊急配備しよう」と提案したが、エンジン音が同じだけでは無理がある。そこで、緊急配備は無理だが、機捜の4人で捜査することに。

防犯カメラの映像を調べるのは、スパイダー班の糸巻(金井勇太)。

志摩と伊吹は覆面パトカーを大通りに路駐し、例の白い車が通らないか張り込みしていた。

朝になっても「白い車」は見つからなかったが、世人と陣馬が首都高で白い車と同じ型の車を見かけ職質をかけた。

職質は問題なく、陣馬が車へ戻ると本部から無線が入り、今職質をかけた車両が白い車で運転手が犯人だと報告が入った。

急いで追尾をはじめると、犯人も気付き猛スピードで逃走!志摩と伊吹にも応援を要請し、逃げた犯人の車を追う!

そんな中、伊勢・伊吹たちが白い車を発見!

志摩のドライビングテクニックで無理矢理白い車をストップさせると、犯人は車から降り逃走。

志摩たちの車は横転してしまい使い物にならなくなった…が、ここで足が速い伊吹の出番!犯人を走って追いかけていった。

建物の中に逃げこんだ犯人を捕らえた伊吹は、銃を向ける。

「動くな、両手をあげろ!」

そこへ志摩も到着し「銃をおろせ」と、伊吹を説得する志摩だったが

「規則なんてどうでもいい。誰も見てない。防犯カメラもない」

という伊吹。

「やめろ!!」

志摩は必死で止めに入ったが、伊吹が手にしてたのは「おもちゃのステッキ」だった。

犯人は無事逮捕。伊吹は犯人に「よかったな、誰かを殺す前に捕まって」と告げた。

その後、防犯カメラのおかげで、行方不明になっていたおばあちゃん「西田ふみこ」さんも無事に発見した。

ところが覆面パトカーは廃車になったため、志摩と伊吹は「次はない、わかった!?」と桔梗に叱られた💦

志摩は、桔梗に「伊吹はどう?適性がないのなら外すけど?」と聞かれ、志摩は犯人逮捕の時の伊吹の言葉を思い出した。

機捜っていいな。

誰かが最悪になる前に止められるんだろ。ちょう、いい仕事じゃん!

志摩は桔梗にこう申し出た。

「ひとまず、保留でお願します。」

 

つづく…

MIU404|2話 ネタバレ感想【未来は過去にある】ドラマ・MIU404「2話」ネタバレと感想・次回のあらすじ。2020年7月3日放送。...

https://dramarcs.com/miu404-paravi/

MIU404「1話」感想

MIU404「1話」の感想です。

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

MIU404 次回のあらすじ

「MIU404」次回のあらすじです。

伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)がパトロールをしていると、伊吹が隣を走る車に違和感を抱く。そんな中、警視庁から殺人事件の容疑者が凶器を持って逃走しているという無線が入る。容疑者の特徴から伊吹は、隣の車に容疑者が乗っているかもしれないと察知し、追跡する。

一方、殺害現場の初動捜査にあたる陣馬(橋本じゅん)と九重(岡田健史)は、第一発見者の証言から凶器を持って逃走した人物が、加々見崇(松下洸平)だということを知る。加々見は、事件現場となったハウスクリーニング会社では真面目に働く社員だったという。

殺害された会社の専務との関係性を疑う中、陣馬は遺体周辺には血の掌紋が多数ついているにも関わらず、加々見が飛び出した部屋のドアノブには血が付着していなかったことを不可解に思う。

疑惑の車を追尾する伊吹と志摩は、運転する田辺将司(鶴見辰吾)と助手席の妻・早苗(池津祥子)が怯えていたことから、車内で夫婦を脅す加々見による“移動立てこもり事件”と見立て慎重に様子を伺うが、接触した田辺夫妻の妙な態度から事件は予期せぬ方向へと転がっていく…。

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【MIU404】キャスト・各話のネタバレ

全話配信MIU404|1話〜最新話まで全話見る【2週間→無料】

関連記事
error: Content is protected !!