ドラマネタバレ・感想

ルパンの娘2|8話 ネタバレ感想【Lの呼吸 弐の型 定吉】



ドラマ「ルパンの娘2」8話が、2020年12月3日(木)に放送しました。

再び、Lの呼吸でました!

このページでは、ルパンの娘2「8話」の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

ドラマ【ルパンの娘2】8話 ネタバレ

ドラマ「ルパンの娘2」8話のネタバレです。

目を覚ました和馬

杏に「Lの一族」だとバレてしまった、華。

そこへ尊たちが現れ、悦子たちは慌ててモノマネと誤魔化すが、もう潮時と判断した尊はすべてを打ち明ける。

泣き出す杏に「ごめんね」と寄り添う華だったが、杏には「こないで!」と拒絶され、部屋を飛び出していく。

その頃、ナターシャのナイフが胸に刺さった和馬は搬送され、病院の救急救命室で緊急手術が行われていた。

父・典和と母・美佐子も病院へ駆け付け、一緒に来ていた杏は和馬を心配し泣き叫ぶ。

その後、和馬は円城寺の歌に導かれ、目を覚ました。

美雲の告白

その頃、尊は巌を連れ美雲の家に潜入し、対面していた。

当時の様子をすべて話してくれと頼まれ、巌は話しはじめる。

Lの一族の命と宝を狙う盗賊たちにより、北条家にあった「Lの一族に関する資料」はすでに盗まれていた。

盗賊たちはその現場を宗真に目撃された為、ナイフで刺し、屋敷に火を放たれた宗真は、最後には自害したという。

そして、盗賊たちを束ねる黒幕がいると告げる…。

宗真の命を奪った盗賊の黒幕を捜すため、協力してほしいと頼まれた美雲は、ナターシャたちのアジトへ向かった。

美雲はLの一族への復讐を持ち掛け、尊たちの作戦に協力することにした。

その後、和馬の元を訪れた美雲は自分の好意を伝え、

あなたが愛している「Lの一族」を、一度だけ、私も信じてみることにしました。

今まで本当に有難うございました。

と、伝えその場を去った。

華の決意

ナターシャたちのアジトへ乗り込もうとする尊たちは、華を気遣い残るよう伝えたが、和馬や杏のために立ち向かうと決意。

和馬の実家にいた杏は、華から手紙と学芸会用の手作り衣装を渡された。

手紙では「杏の心のじゅんびが出来たら、会いに行きます。」と書かれていて、杏は華の優しさに涙した。

そんな中、和馬は病院を抜け出し、ケガの痛みに耐えながら現場へ向かっていたが、思うように歩くことができない。。

するとそこへバイクに乗った和一(藤岡弘、)が現れ、和馬を運んでくれた。

Lの呼吸「弐の型 定吉」

ナターシャたちを、映画のオーディション会場「ロマンス劇場」へおびき寄せた、Lの一族たち。

ところが、華はナターシャたちに囲まれ、Lの一族はみんな捕まってしまう💦

そこに和馬も駆けつけたが、ナターシャにとどめを刺されそうになる!するとその瞬間、華が作った衣装を纏い、杏が登場!

「Lの呼吸」で次々に敵を倒すと、渉も美雲を守るためどんどん敵を倒していく。そして、Lの一族は無事戦いに勝利した。

華に駆け寄る、杏。謝る華に抱きつき、華のことを受け入れてくれた。

美雲へ

その頃、取り戻した「Lの一族についての資料」を見ていた尊と美雲。

宗真が言っていた「Lの一族」は「三雲玲」という人物で、尊たちのことではなかった。資料の最後には、

真実に身を捧げて
幕を閉じる人生に悔いなし。
敵を恨まず、偽りを憎め。
お前の叡智で真実の光を灯すのだ。
北条家を頼んだぞ。
最愛の孫、
令和のホームズ、美雲へ

宗真

と、書かれてあり、美雲は涙を流した。

そして尊は、ナターシャたちが「Lの一族」を偽っていたとマスコミに報道させ、自分たちは存在しないと世に知らしめることが出来た。

その頃、ナターシャは相棒の男(岡元次郎)をナイフで殺害し、「お前、もういらない」と告げた。

最後は、円城寺が登場し幕を閉じた。

 

つづく…

【ルパンの娘2】ドラマ 動画の無料視聴|pandora*dailymotion の配信は?ドラマ『ルパンの娘2』動画を1話〜最終回まで無料視聴する方法。pandora(パンドラ) や dailymotion(デイリーモーション)の配信は?2020年の放送で、主演は深田恭子。...

 

ドラマ【ルパンの娘2】8話 感想

ドラマ「ルパンの娘2」8話の感想です。

ルパンの娘「映画化」決定!!

現在のレギュラーキャスト続投で、ルパンの娘「映画化」が決定しました!

上映は2021年の予定で、映画『翔んで埼玉』の監督・脚本が贈る、奇想天外な展開に乞うご期待です😊

ルパンの娘2 次回のあらすじ

ドラマ「ルパンの娘2」次回のあらすじです。

次回の最終回(9話)は『ルパンの娘〜愛の物語〜』と題した、スペシャル・エピソードをお届けします!

華(深田恭子)と和馬(瀬戸康史)、杏(小畑乃々)たち家族に再び平穏な日々が訪れていた。生死をさまよっていた和馬は無事に生還、母親の華が大泥棒一家“Lの一族”だと知ってしまった杏も受け入れてくれた。

そして、世間に生きていることがバレてしまい追い詰められていた“Lの一族”も、ナターシャ(太田莉菜)や大柄な男(岡元次郎)たち盗賊団を、本物の“Lの一族”に見せかけるという尊(渡部篤郎)のアイデアで窮地を切り抜けることができたのだ。

北条美雲(橋本環奈)もまた、うるさかった隣人が引っ越したことで静かな生活を取り戻していた。そこに予期せぬ来客。訪れたのは今まで仇として追いかけてきた尊だった。

尊の様子から自分に頼みごとがあるのだと推理する美雲。

さらに“Lの一族”ではなくわざわざ自分に頼みに来るということは“家族に言えない秘密”があるのではないか? と鋭く畳みかける。

相変わらずの美雲に尊はさっそく願い事を申し出るのだが…。

その頃、悦子(小沢真珠)は宝を大放出してしまったことによる“お宝不足”で息も絶え絶えになっていた。

そこに渉(栗原類)から新たなお宝“グレース・ケリーの愛したカルティエのダイヤモンドリング”が提案される。悦子は飛びつくが、渉は美雲にプレゼントするのだと言い張る。

そんな時、華と和馬のマンションに円城寺輝(大貫勇輔)が現れた。

円城寺は華に1日だけフィアンセのふりをして欲しいと頼む。

円城寺は突然帰国した父の豪(市村正親)に、許嫁であった華とまだ結婚していないことを叱られたのだという。突然の無理難題な申し出に戸惑う華と和馬だったが、豪はとんでもなく怖い男のようで…。

豪と会った華と円城寺は、結婚式の日取りやドレスをどうするのか問い詰められる。

そして、円城寺家で花嫁に贈ると決められているリングを華のために盗み出すよう、円城寺は言い渡される。それは尊たちの狙っている“グレース・ケリーの愛したカルティエのダイヤモンドリング”だった。

尊は昔からライバル関係だった豪から、リング争奪戦を申し込まれ受けて立つ。

その条件は三雲家と円城寺家でリングを盗み合い、三雲家が先に盗んだら華の許嫁の件を豪が取り消し、円城寺家が勝ったら華を円城寺家に嫁がせるというもの。

かくして世紀の泥棒合戦が始まった!

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【ルパンの娘2】ネタバレ・ゲストキャストはコチラ

見逃し配信【ルパンの娘2】動画1話〜最新話まで見る【2週間→無料】

 

2021 秋ドラマ 46作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!