ネタバレ・感想

ケイジとケンジ|1話ネタバレと感想【柳葉敏郎が室井さんに見える】



2020年1月16日(木)に、木9ドラマ「ケイジとケンジ」第1話が放送されました。

コチラの記事では、ケイジとケンジ「1話」の

・ネタバレ
・感想
・次回の予告とあらすじ

についてご紹介します。

1話ゲストケイジとケンジ|なめかわ役(教え子)の俳優は誰?馬場徹【空き巣犯】 

 

ケイジとケンジ「1話」ネタバレ 1/16

交番に勤務する巡査部長・仲井戸豪太(桐谷健太)は、包丁を振り回す男を取り押さえ県警に表彰されました。

その際、夢だった刑事になりたいと本部長に直談判し、桜木署の強行犯係に異動することになりました。

スーツが基本の刑事ですが、派手なジャンパーで来たことを突っ込ます。。

桜木署管内では、26件の空き巣被害が相次いでいました。豪太は管轄外にも関わらず捕まえると言い切ります。そして、桜木署が近いという理由で、立会事務官の妹・みなみ(比嘉愛未)の家に転がり込みます。

一方、検事の修平(東出昌大)はイタズラなどの小さな事件ばかりで、なかなか大きな事件を任せてもらえず焦っていました。

そのころ豪太は、防犯カメラの少ない地域に張り込みをしていたところ、怪しい男を見つけ取り押さえることに成功。すると、その怪しい男が豪太のことを「先生」と呼びます。

かつて教師をしていた豪太。そして、捕まえた男は昔の生徒・滑川(馬場徹)でした。

滑川の取り調べで泣きながら説教し、豪太は完全に感情移入していました。そのことを聞いたみなみは、修平と自分がその事件を担当すると豪太に伝えます。

翌日、滑川の取り調べをする修平。

滑川が何も取らずに逃げた家があったことを聞き出します。その家に侵入した際、家主の老人と鉢合わせしてしまい、彼を突き飛ばして逃げたと滑川は証言。

しかもその老人は亡くなっていたことが判明し、修平は強盗殺人として疑います。

ところが豪太は「滑川はそんな奴ではない」言い、改めて捜査。そこへ修平とみなみもやってきました。

修平はそこで初めて、豪太が「みなみの兄」であることを知らされます💦

大きな事件になると目論んでいた修平でしたが殺人の物証は得られず、結局、滑川を窃盗罪及び住居侵入罪で起訴することに。

それを聞いて安心した、豪太でした。

つづく

ケイジとケンジ「1話」感想

ケイジとケンジ「1話」の感想です。

元・警察官の方から感想があがっており、実際の現場で起こる大変さがとてもリアルだと言う声がありました。

HEROとはまた違ったコミカルさがあり、東出昌大さんと桐谷健太さんの正反対コンビに美人女優の比嘉愛未さんがとてもハマっています☺✨

個人的には、比嘉さんの元カレが誰なのかが気になります。。

ケイジとケンジ「2話」予告・あらすじ

会社員の男性が地下道の階段から突き落とされ、意識不明の重体に陥った。

事件を目撃した大学生が通報したため、ほどなく警察は被疑者と思われるフリーター・猫田一也(稲葉友)を任意同行することに。

しかも…最初こそ否認していた猫田も、元教師で横浜桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)の親身で熱のこもった説得を受け、あっという間に自白。そのまますぐに送検される。

ところが直後、事態は一変する。

捜査を引き継いだ横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)が取り調べると、猫田はまたも否認に転じ、自白は警察に強要されたと証言したのだ!しかし、猫田に罪を認めさせて起訴しようにも、物的証拠はゼロ…。

頭を抱えた修平は、自白だけを根拠に送検してきた豪太らを理詰めで責め立て、勾留期限の9日以内に物的証拠を探すよう命じる。 修平の偉そうな態度に腹を立てながらも、豪太は刑事課の面々と共に事件現場付近を徹底捜査。

しかし、猫田の犯行を裏付ける物的証拠はひとつも見つからず、時間だけがむなしく過ぎていく。このままでは起訴できない…と焦り、刑事たちをせっつく修平。

一方、人に指示するだけの修平に憤慨する豪太。

そんな中、豪太の妹でもある立会事務官・仲井戸みなみ(比嘉愛未)に「警察にだけ任せていてはダメ」と背中を押された修平は、ついに自ら現場へ赴くことに。

そこでふと視界に入ったものが引っかかり…!?

引用:公式サイト

ケイジとケンジ|2話ネタバレ・視聴率9.7%で2.3↓【作品に罪はない】ケイジとケンジ「2話」ネタバレと感想。次回の予告あらすじも。2020年1月23日放送。視聴率は9.7%。...

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

人気記事ケイジとケンジ|キャスト・ネタバレはコチラ

関連記事
error: Content is protected !!