ネタバレ・感想

麒麟がくる|16話 ネタバレ・感想【光秀に来いと言わない道三の男気】5/3



NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第16話が、2020年5月2日(日)に放送されました。

今回は、麒麟がくる「第16話」

  • あらすじ
  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

をまとめさせて頂きました。

麒麟がくる「第16話」あらすじ

麒麟がくる「第16話」のあらすじです。

第16話:大きな国

道三(本木雅弘)は、稲葉山を出て大桑城へ向かう。

光秀(長谷川博己)は仲裁を頼もうと帰蝶のもとへ向かうが、孫四郎の死をとめられなかったため、けんもほろろに追い返される。

光秀は大桑城の道三のもとへ向かって戦をしないよう説得するが、すでに道三の決意は固かった。

麒麟がくる「16話」ネタバレ 5/3

麒麟がくる「16話」ネタバレです。

帰蝶、信じず

2人の息子を失った道三は、直ちに稲葉山城を出て大桑城へ向かった。

一方、明智家では、光秀が尾張へ行かせてほしいと光安に頼みこんでいた。戦になるかならぬかは、帰蝶次第だと話す。

尾張の清須城に到着した光秀は、帰蝶と対面した。

帰蝶は、高政に対して「もはや、兄とは思わぬ!」と憤りを感じていた。

すると光秀は「高政を追い込んだのは帰蝶様ではありませんか?」と言い、

道三の後押しをし、高政との戦を目論むのは止めてほしい。

美濃のことは美濃に任せて、外から手出しせず、我らに任せてほしい。

と頼んだ。

高政は信長と手を切り敵視し、今川義元と好をかわそうとしていると話す帰蝶に、そんなことは絶対にさせない!と言う光秀。

しかし、頼ってきた孫四郎を追い返した光秀の言葉は信じないと、帰蝶から追い返されてしまった。

信長も分からん!

一方、一連の話を裏で聞いていた信長は、

道三が戦のために兵を集めたとしても、せいぜい2千〜3千。

高政は多くの国衆を味方につけ、1万は越える兵を集めることができる。

と話し、道三は戦には勝てないと分析していた。

信長も城を空けてしまうと、岩倉信孝が背後をついてくることを懸念し、参戦できないと漏らしていた。

今は戦をするべきではなく、御身を守ることが寛容だと伝えたが、帰蝶は2〜3千の兵でどう身を守れると言うのですか?と尋ねた。

すると信長は「分からん!」と答えた。

ア然とする帰蝶だったが💦その後、使いの物に「伊呂波太夫」を探すよう命じた。

高政ごときにくれてやる命など無いわ!

同じ頃、駿河の国にも異変が起きていた。

今川義元の軍師であり、国の政に深く関わっていた「太原雪斎」が病死した。

駿河の臨済寺では「昆布と豆」を煮ていた東庵と駒の元に、成長した竹千代→松平元信がやってきた。

そこへ薬草を届けに来た菊丸から、美濃の一連の騒動を尋ねられた元信は、

次男と三男が嫡男に斬られ、美濃の国は2つに割れたと。

もはや美濃でいつ戦が始まっても遅くないと。。

今川の家臣がそう言っていたと、事実を認めた。

////

一方、稲葉山城では家臣たちの前で、歌って踊る光安の姿があった。

高政から帰蝶と何を話したのか?と聞かれ、美濃に手を出すなと伝えると腹を立てていたが、今すぐ動く様子ではないと報告した光秀。

高政は「わしとて、戦はしとうない。」と、織田が静観してくれれば道三も動けまいと安堵した様子。

さらに高政は、光安を隠居させ、十兵衛が明智家を継ぐ様にと勧める。領地替えを行い、さらに広い領地を与えるという。

明智荘に戻った光秀の元へ、道三が高政との戦を始めるため、同じ志の者は大桑城へ集合せよとの伝達が入る。

光秀はすぐに、光安のもとへ向かった。

美濃の領地替えの件をすでに耳に入れていた光安は、

美濃が新しい国になるという、其も良かろう。

しかし、あの高政如きに儂の命を預けようとは努努思わぬ!

道三様の為なら、心置きなく一踊りできる。

と豪語し、大桑城へ向かい道三側につくと告げた。

慌てた光秀は、とにかく2日だけ待って欲しい!と光安に頼みこんだ。そうして十兵衛は、急ぎ大桑城へ向かった。

いざ鶴山へ!

大桑城に着いた十兵衛は、伊呂波太夫の姿を見かけた。

道三と面会した十兵衛は、出陣を止めるよう道三を説得。すると道三は、

先ほど、帰蝶に頼まれた伊呂波太夫から、越前へ逃げ延びる手配をしたと言われた。

帰蝶は戦をしてもどうせ勝てぬというのだ。自分も迷い、仏様に問うたが、仏様は何も申さぬ。

続けて、

高政は、私が父ではなく土岐頼芸が父だと言い、人を欺こうとしている。

偽りを申す者は、必ず国をも欺く。

そして、国を欺く者が守護になれば、決して国は穏やかにはならぬ。家督を譲る相手を間違えた。

と語った。

そうして道三は、説得する光秀の言葉に耳を傾けず、大声で戦の準備をするよう家臣たちに命じた。

「自分は美濃しか作れず、大きな国を作る事は出来なかったが、お前には出来るかもしれぬ。」

信長は大きな事が出来る男だと言い、その信長から目を離さずにいれば、誰にも手出しが出来ぬ、大きな国を作る事が出来るかもしれない。

と、十兵衛に期待を込めながら伝えた。

明智荘に戻った十兵衛は、高政からも出陣の声がかかっていると聞かされた。

「十兵衛様のお心のままに・・・」

と言う煕子の言葉を受け、光秀は鉄砲を手に取った。

これまでの高政とのやり取りや、鉄砲を通じた道三とのやり取りを思い出していた。 そして意を決した十兵衛は立ち上がり、声をあげた。

「戦じゃ。戦に参る!」

「鶴山へ向かう!敵は高政だ!」

と言い、十兵衛たちも参戦することに相成った。

 

つづく…

麒麟がくる「16話」感想・次回のあらすじ

麒麟がくる「第16話」の感想です。

道三が出陣前、十兵衛に「お前も来い!」と言わないところが、本当に格好いいと感じました。

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

麒麟がくる:次回のあらすじ

第17話:長良川の対決

ついに道三(本木雅弘)と高政(伊藤英明)の長良川での戦いが始まった!

形勢は断然道三の不利だが、道三は高政に一騎打ちを挑む。

光秀(長谷川博己)はかけつけるが、道三の死に間に合わなかった。一方、明智城では光安(西村まさ彦)が籠城の準備をしていた。

引用:公式サイト

 

それでは、最後までご覧いただき有難うございました!

人気記事麒麟がくる|ゲストキャスト・ネタバレ感想はコチラ

 

関連記事
error: Content is protected !!