ネタバレ・感想

麒麟がくる|6話 ネタバレと感想【光秀と藤孝の合体技】2/23



NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が、2020年2月23日(日)に第6話が放送されました。

今回は、麒麟がくる「第6話」

・あらすじ
・ネタバレ
・感想

をまとめさせて頂きました。

伊平次役の俳優情報はコチラ

麒麟がくる|伊平次(いへいじ)役の俳優は誰?玉置玲央【モブ夫!!】ドラマ・麒麟がくる「第5話」で、伊平次(いへいじ)役の俳優は誰?玉置玲央(たまき・れお)のプロフィールと出演作品を紹介。...

 

麒麟がくる「第6話」あらすじ

麒麟がくる「第6話」のあらすじです。

第6話:三好長慶襲撃計画

将軍・足利義輝(向井 理)も列席する連歌会で、時の権力者・細川晴元(国広富之)による松永久秀(吉田鋼太郎)と三好長慶(山路和弘)の暗殺計画があることを光秀(長谷川博己)は知る。

京の町の安寧が崩れることを恐れ、光秀は館に潜入し三淵(谷原章介)と藤孝(眞島秀和)らと協力して、松永らを救うことに。

そこで傷を負った光秀は、東庵(堺 正章)の診療所へ運び込まれ、駒(門脇 麦)とひさしぶりの再会を果たす。

麒麟がくる「第6話」ネタバレ

伊平次の隠れ家へ向かった光秀は、鉄砲の構造を学んでいた。

分解された鉄砲の筒を見て、美しい!と感嘆の声を挙げる光秀。美しいと言ったのは光秀と久秀だけという伊平次でしたが、

「その松永さまも、今日という日をうまく切り抜けられるかどうか…」

と呟きます。どうやら、

将軍・足利義輝(向井 理)も列席する連歌会で、時の権力者・細川晴元(国広富之)による松永久秀(吉田鋼太郎)と三好長慶(山路和弘)の暗殺計画がある。

と、光秀(長谷川博己)は知らされる。

光秀、三淵・藤孝と共に

光秀はすぐさま三淵の館を訪れ、ことを打ち明けた。

細川晴元の仕業だとすぐに気づいた三淵であったが、所詮は細川家の内輪揉めだとあまり打ち合ってもらえない。

ところが弟の藤孝は、三好長慶が斬られれば晴元を抑えるのは皆無になると不安視し、すぐに兵を集めると動く。

しかし、自分たちが動けば、将軍・足利義輝(向井理)のご攘夷だと受け止められてしまうと三淵は言いその場を去ろうとした。

そこで光秀は、

私が幼き頃、父から教わったのは、将軍は武家の棟梁であらせられるということです。すべての武士の頭であり、武士の鏡であり、武士をひとつにまとめ、世を平らかに治める方であると。

将軍が争うな!と一言お命じにならねば、世は平らかなにはなりませぬ!

と、三淵に心の底から訴え、その場を去った。

実はその場で、光秀の言葉をすべて聞いていた足利義輝は、1人で久秀たちの元へ向かおうとする光秀を追うよう指示した。

////

一方、万里小路家では、連歌の集いが行われていた。

そこへ、晴元が送り込んだ兵が一気に攻め込んできた。三好も斬られそうになるが、間一髪のところで光秀と藤孝が到着。

戦中に久秀と三好を逃がすことに成功し、光秀や藤孝らのお陰で兵たちもその場を去った。

しかし、光秀は肩を斬られ、東庵のところへ向かうことに。到着した光秀は倒れ込み、駒と東庵がすぐに治療へ取り掛かる。

光秀と駒、寄り添う

光秀が覚ますと、そこには駒がいた。

聞けば光秀は2日間も寝込んでおり、原因は高熱だった。安静にしていたことで、熱も下がり肩の傷もあとは塞がるだけの状態にまで回復していた。

それから10日後、藤孝が光秀の見舞いにやってきた。

藤孝は、光秀が三淵に言い放った

すべての武士の頭であり、武士の鏡である。

という言葉に感銘を受けたと話す。

しかし、まだそういった考えを持つ武士は京にわずかしかいない。このまま美濃へ帰らず、京に滞在してはいかがかな?と藤孝に提案される。

光秀は「美濃も京と同じ状況。5〜10年先、美濃がひとつになれた時、改めてお目にかかります。その折には、美濃を上げて藤孝殿を支えます。」と返答した。

体調がよくなった光秀は、駒に付き添われ美濃へ帰郷。

道中、暗くなってきたため、駒と光秀は1つの藁に寄り添い小屋で一夜を明かすことにした。

 

つづく

麒麟がくる「第6話」感想・次回のあらすじ

麒麟がくる「第6話」の感想です。

大河ドラマにもこんなシーンがあるなんて、ホッコリしました😌

なかなかお聞きできない、舞台の裏話。さぞ盛り上がったんでしょうね、飲み会😊

たった一瞬にもの凄い時間とスタッフと労力が掛かってるんですね。。分かってはいたものの、演者さんが語ると現実味があります💦

向井さんは10の秘密で主演をやっているので、少し被って見てしまいますが…、今後の躍進に期待です!

麒麟がくる「第7話」あらすじ

第7話:帰蝶の願い

駿河の今川義元(片岡愛之助)の動きに脅かされた信秀(高橋克典)は、美濃の道三(本木雅弘)と和議を結ぶことを決める。

そのために、道三の娘・帰蝶(川口春奈)を、信秀の嫡男・信長(染谷将太)の妻に迎え入れたいと申し出る。

旅から明智荘に帰った光秀(長谷川博己)を、帰蝶が待ち構えていた。

幼なじみで、ほのかな恋心を抱く光秀に、今回の尾張への輿(こし)入れを止めてほしいと頼む。

一方、道三からは、口をきかなくなった帰蝶を説得するように命じられる。

引用:公式サイト

麒麟がくる|7話 ネタバレと感想【帰蝶様ガチ勢、心の叫び】3/1大河ドラマ「麒麟がくる」7話のネタバレと感想。2020年3月1日放送。...

それでは、最後までご覧いただき有難うございました!

人気記事麒麟がくる|ゲストキャスト・ネタバレ感想はコチラ 

関連記事
error: Content is protected !!